沈思雑感~哲学研究者の日々の感想

哲学研究者が日々の雑感をエッセイ形式でつづります

8月27日(フライブルク~バート・ラガーツ その3)

2017-07-06 | 2016夏・ヨーロッパの旅
 バーゼルの後は列車でチューリヒへ。今度こそ駅でコインロッカーに荷物を預け、身軽になって駅の外へ。大通りを離れてリマート川沿いの小道に入った。チューリヒには以前、友人たちと車で来たことがあるのだが、その時はドライブで素通りしただけで、街自体の印象もあまり残っていなかった。いま歩いているリマート川沿いの道は、ツーリスト向けの散歩道といった感じだが、車で通っただけでは分からない街の魅力を肌で感じることができた。
 それにしても暑い。昼下がりの一番暑い時間帯に来てしまったということもあるけれど「楽しいそぞろ歩き」などとは程遠い、吹き出す汗を拭いながらの歩行である。リマート川では大勢の人たちが水着姿で泳いでいた。この川はチューリヒ湖から流れ出し、街の真ん中を貫いて流れているのだが、上流の湖側から川へ入り、流れに乗って泳ぎを楽しんでいるのである。私も水着を買って飛び込みたいくらいだったが、そこは「自制」して歩き続けた。川沿いを南下してミュンスター橋を渡り、対岸の旧市街へ入った。目的地はチューリヒ美術館である。涼しい館内に入ってほっとしたものの、暑い盛りの街歩きの疲れどっと来て、もはや館内を見て歩く気力が湧いて出なかった。しばらく休んだだけで建物の外へ出、チューリヒ駅へ戻った。
 駅で切符を買ってふたたび列車に乗り込む。目指すはバート・ラガーツという町である。目立った観光名所があるわけではないが、次の日にベルニナ・エクスプレスで有名なベルニナ線に乗る予定で、その「起点」としてこの日の宿泊地に選んでいた。
 列車はチューリヒの湖畔に沿って走り続ける。湖の眺めが途切れ、しばらく山の中を走った後、車窓にまた別の湖が現れた。同じボックス席の客に訊いたら、ヴァーレン湖という名の湖だった。美しい山間の湖で、観光地化されていない静かな風情が好ましかった。
 湖の景色を後にして間もなく、バート・ラガーツ駅に到着。何もない田舎の小駅だが、駅の背後にそびえている岩峰が印象的だった。キャリーバッグを引きずりながら、予約してあったホテルへ。部屋に荷物を置くと外へ出、夕暮れ時の静かな町を散策した。


リマート川で泳ぐ人たち


バート・ラガーツ駅の眺め

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新幹線が止まったこと(2) | トップ | 脳と夏休み »
最近の画像もっと見る

2016夏・ヨーロッパの旅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。