沈思雑感~哲学研究者の日々の感想

哲学研究者が日々の雑感をエッセイ形式でつづります

年度内授業終了

2016-12-24 | エッセイ
 金曜日は祝日だったが、今年最後の東海大学の授業日。授業前、久々にキャンパスの裏にある三保の松原へと続く海岸へ出た。前日の雨のせいで、海は台風の後のように濁っていたが、風は暖かくさわやかだった。
 授業後は静岡の街へ出て、前々から行こうと思っていた「このみる劇場」というところへ行った。ここは「劇団渡辺」の劇団員が店員をやっているお店で、小さなホールの空間にバーが併設されている。
 ドアを開けるといきなり、劇団員がトレーニングをしているのが目に入った。思わず立ちすくんでしまったが、どうぞどうぞと言われるがままに中へ入り、お酒を注文した。聞けばこのトレーニングは、店で毎日行っているパフォーマンスの一つで、ほかにも芸人や歌い手、ダンサーなどのイベントやパフォーマンスがあるという。
 お酒を飲みながら劇団員の方々と話をした。入団したての大学生も何人かおり、「それじゃあ僕みたいな素人にも入団のチャンスがあるわけですね。」と言うと、笑いながら「ぜひぜひ」と答えてくれた。
 その後、観客の「お題」を元に寸劇を演じるというパフォーマンスがあった。これは観客がAとBという二つの「お題」を出し、それに「味付け」を行うというものである。たとえばAが「電車」、Bが「宇宙」で、「味付け」が「みんなトイレに行きたい」だとすると、「電車」というシチュエーションから始まり、「宇宙」という結末にいたる寸劇を、劇団員が即興でやる。その際、演じる人全員が「トイレに行きたい」という設定で演じるのである。新人も交えてだったので、はじめは(失礼ながら)ちょっと演技が固いところもあったが、途中から客も増えきて、徐々に楽しいパフォーマンスを披露してくれた。
 ともあれこの日で年内最後の授業が終了。ほっとした気分である。年明けの授業は1月10日から始まる。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俳句、音楽、そしてフライブ... | トップ | 新・文学部の未来 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。