沈思雑感~哲学研究者の日々の感想

哲学研究者が日々の雑感をエッセイ形式でつづります

8月7日②(フィレンツェ)

2016-09-18 | 2016夏・ヨーロッパの旅
 ウフィツィ美術館で驚いたのは、多くの人がひたすら写真撮影に没頭していたことである。名画をカメラで撮ること自体が悪いというのではない。問題はその撮り方である。ファインダー越しに絵とにらめっこし、シャッターを押す。そして自分の目では一切絵を見ずに(!)、そのまま次の絵へ移るのである。何ともったいないことをするのだろう。これでは何のために美術館へ来たのか分からないではないか。そもそもここに展示してある絵の多くは、ウェブを探せばどこかしらに転がっているようなものばかりではないか。
 かつてベンヤミンが論じたように、オリジナル(実物)とコピー(その写真)との違いは、オリジナルが「今ここ」に一回的にしか存在しないのに対し、コピーは時空を超えて流通するということである。しかしコピーにはコピーなりの「一回性」がある。それは「自分がこの美術館へ来て、かくかくしかじかの名画の前に立った」という「事実」である。訪問客が名画を撮るのは、この「事実」を記録するためなのである。
 ベンヤミンの生きた時代には、一般市民がカメラという高価な機器を気軽に所有することは難しかったであろう。それゆえ撮影者は、たとえば商業的カメラマンとして、匿名的な存在にとどまるしかなかったであろう。あるいは芸術家としてのカメラマンならば、画面に彼自身の存在を刻印することもできたかもしれないが、そのばあい刻印されるものとは、「個性」という不可視のものであって、そのときどきの彼の個別的状況ではない。一人のカメラマンによって撮られた風景には、彼の個性的なまなざしが宿っているかもしれぬが、彼がその地を実際に訪れたという「事実」は、さしあたりどうでもよいことである。
 いっぽうスマホやタブレットで写真を撮るというのは、多くのばあい個人的な行為であり、その画面は、被写体のみならず被写体と撮影者との個別的な関係性をも表現している。スマホで撮られた名画は、被写体そのものとしては、世界中に流通する「コピー」の一つに過ぎない。しかし撮影者の「今ここ」を記録しているという点では、唯一無二の一回的なものなのである。そこにあるのはコピーそのものの「オリジナル性」である。「自撮り」の流行は、現代における写真の役割を象徴している。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月7日①(フィレンツェ) | トップ | 8月8日(フィレンツェ~ミラノ) »
最近の画像もっと見る

2016夏・ヨーロッパの旅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。