沈思雑感~哲学研究者の日々の感想

哲学研究者が日々の雑感をエッセイ形式でつづります

8月9日(ミラノ~インターラーケン)

2016-10-10 | 2016夏・ヨーロッパの旅
 午前4時に起床。シャワー、そして読書。8時半前のジュネーヴ行きのECに乗り、国境の町ブリークをめざす。睡眠不足で眠い。うつらうつらしていると、車掌が検札に来て起こされた。窓の外に湖が見える。イタリア北部の湖水地方の一角を占めるマジョーレ湖である。列車は右手に湖をたずさえながら進み、やがて急峻な山岳地帯に入った。
 アルプスの前衛をなす山々の上に、陰鬱な曇り空が落ちている。昨日まで見ていた暑い青空がうそのようだ。空だけではない。フィレンツェの街そのものが、遠い夢の中の出来事のように思える。一度しか見ていない美術館や教会のことではない。三日間さんざん歩き回ったドゥオーモ周辺の路地のことである。絵画や彫刻は、どのみち現実の時空を超越している。ラファエロの聖母子像の中にある時間と空間は、10年後もやはり同じものとして私を迎えてくれるだろう。私たちはそこへ、いつでも繰り返し帰ってゆくことができる。だがあの路地を歩き回った時間、暑い南国の空を見上げつつ夢心地のうちにさまよったあの時間は、もう二度と私のもとへは戻ってこない。なるほどフィレンツェのあの街角は、いまこの時間にも、同じ姿同じ形であの場所に存在しているだろう。私はそこをもう二度と訪れないような気もするし、他方またすぐに再訪するような気もする。だが「あの時間」の中にあった空間は、もう私の元へは戻ってこない。「あの」フィレンツェを私は二度と訪れることができない。それはもはや夢やイメージと同質のものになってしまったのだ。
 ブリークに到着。山間の小さな町。21歳のときにここからツェルマットへ足を伸ばし、3800メートルの標高に息を切らしながらジーンズで夏スキーをしたのだが、この町のことはほとんど記憶に残っていない。切符売り場で並んでスイスカード(スイスの交通機関が半額で使用できる割引カード)を購入し、列車に乗りこんだ。シュピ-ツ駅経由でインターラーケン、さらにその先のヴィルダースヴィールまで行くつもりだが、途中のカンダーシュテークで降りてエシネン湖へ。ロープウェイで山の上へ上って歩き出したが、すぐに雨になり、やがて本降りになった。民家の軒先で雨宿りをしながら休み休み歩き、ようやく目指す湖に着いた。
 晴れていればと惜しまれるほどの絶景だが、あいにく雨が止む気配はない。とんぼ返りでロープウェイ乗り場へ戻り、そのままロープウェイで下へ降りていった。
 インターラーケンに到着。駅前のスーパーに入った。あまりの中国人の数に驚く。かねて中国人観光客の多さを耳にしていたが、せいぜい5対1くらいの比率で日本人より多いくらいだと思っていた。しかし実際には50対1、あるいはもっとかもしれない。年々、日本および日本人の影が薄くなっていくのはちょっと寂しい。
 ふたたび列車に乗ってヴィルダースヴィールへ。予約していたホテルは駅から5分とかからない距離だった。民家を改装したような小さな宿。ドアの前に立ち、ぼんやり景色を眺めていると、中からホテルの人が出て来て、促されるままに建物の中へ入った。
(写真はフィレンツェの街角風景)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新学期本格化 | トップ | 8月10日(インターラーケン) »
最近の画像もっと見る

2016夏・ヨーロッパの旅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。