若葉の森

~観葉植物観察日記~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

[コラム]「おもぎ」を見つけよう

2011-10-06 20:30:58 | 日記

コラムをアップしました:

いざ部屋の中を緑でいっぱいにしようと観葉植物を手当たり次第に買い込んでみると

葉っぱの形、厚さ、質感が全く異なるものを同居させてしまい

雑然とした「陳列場」になってしまいます。

観葉植物を手に入れる前には、どんなイメージの空間にするかを決めておくとよいでしょう。

その時に、頼りになる考え方が「おもぎ」です。

「おもぎ」は「主木」ともいい、好みにあった木を一本決めて

それに合うように周りを揃えていくのです。

続き>>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雑然と

2011-10-05 17:04:22 | 日記

先日、ふと我が家の観葉植物を眺めていると、雑然としてるな~と感じました。

 

パキラ、寒グミ、カネノナルキを並べてみれば一目瞭然。

葉っぱの形、厚さ、質感が全く違います。

 

全体のイメージを揃えて集めたほうがいいのかもしれません。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[コラム]ゆったりと動く木漏れ日の心地よさ

2011-10-04 18:49:16 | 日記

コラムをアップしました:

森の中に入ると感じられる風のそよぐ音、ゆったりと動く木漏れ日、小鳥のさえずり。

とても心地よいリズムで、私達の心を和ませてくれます。

このリズムはきっちりとしたものでなく不規則なもので、「ゆらぎ」と呼ばれます。

「ゆらぎ」のうちの一つである「1/fゆらぎ」が人間にやすらぎと快適感を

与えてくれるのではないかといわれており、様々な工業製品にも応用されています。

「ゆらぎ」のあふれた森の中はまさに「ゆりかご」といえます。

続き>>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[コラム]脳に優しい緑色

2011-10-02 20:14:24 | 日記

コラムをアップしました:

緑色は目に優しい色といわれます。

緑色と目の関係には、木々の葉の色が緑色なために見ていると気分的に落ち着くとか、

緑色を眺めていると視力が回復するなどのいろいろな話がありますが、

実は、緑色の光は人間の目にとって最も労力を使わずに感じることのできる波長の光のため、

刺激が少ないのだそうです。

なので、緑色は「目に優しい色」というよりは「脳に優しい色」といったほうが

しっくりくるのかも知れません。

続き>>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[コラム]寒暖の差を穏やかにしてくれる緑たち

2011-09-28 19:06:48 | 日記

コラムをアップしました:

緑のない砂漠に行ったとしましょう。

太陽はカンカンと照りつけ、ジリジリと大地を焼き付けます。

日差しが強いため、半袖ではなく全身をくるむような服装でいなければなりません。

ところが、夜になると辺りは一変します。

昼間の暑さが嘘のように冷え込み、昼間の気分のままでいると寒暖の差に驚くことでしょう。

森の中ではこうしたことはなく、緑が気温の激変を和らげ快適な環境をつくりだしてくれています。

続き>>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加