ウイズ矯正歯科 矯正歯科情報・医療情報と グルメ、気になる話題

札幌市の矯正専門医のきままなブログ。矯正治療のあれこれや、医療情報などをリアルタイムで更新します!

プラセボだとわかっていても腰痛は緩和する  米ベス・イスラエル・ディーコネス医療センター(ボストン)

2016年10月28日 23時33分50秒 | 矯正歯科と医療情報
 実際には薬効がない偽薬でも、医療者と患者さんの間で信頼関係があれば、たとえその薬が偽薬と解っていても効果がある事が解ったようです。
 プラセボだとわかっていても腰痛は緩和するという記事をヘルスデージャパンから参照しました。


http://healthdayjapan.com/2016/10/27/13944/


         ***************************************************

  

 慢性腰痛の患者は、薬がプラセボ(偽薬)だと知りながら飲んだ場合でも、症状が軽減する可能性があることが新たな研究で示された。従来の腰痛治療に加えて偽薬を服用した患者は、従来の治療だけを受けた患者よりも、疼痛や身体障害が少なかったという。

 研究著者の1人である米ベス・イスラエル・ディーコネス医療センター(ボストン)のTed Kaptchuk氏によると、プラセボ効果は、「有効な薬を飲んでいる」という患者の意識的な期待によって誘発されるものとは限らないことが示されたという。「たとえプラセボだとわかっていても、患者と医師の関係性に基づいて薬を飲むという行為は症状に変化をもたらす儀式となり、症状を制御する脳領域を活性化させると考えられる」と同氏は述べている。

  

 今回の研究では、慢性腰痛患者97人に、プラセボ効果に関する15分間の説明を行った。対象患者の多くが非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)をはじめとする鎮痛薬を既に使用していたが、強力な処方薬であるオピオイド鎮痛薬を使用している患者はいなかった。同氏らは患者を2群に割りつけ、一方の群には従来治療のみを実施し、もう一方の群には「プラセボ」と薬瓶に明示されている偽薬を追加した。

 

 3週間後、プラセボ群では疼痛レベルの通常値および最大値に30%の低減がみられた。従来治療群では、通常値が9%、最大値が16%低減した。疼痛による身体障害は、従来治療群では変化がなかったが、プラセボ群では29%の低減が認められた。

 「これは、医師や看護師との交流、薬の服用、医療システムのあらゆる形式や象徴を含めた治療に真剣に取り組むことの利点である」とKaptchuk氏は話す。疼痛、疲労、消化器系や泌尿器系の一般的な症状、抑うつなどを引き起こす他の疾患でも、プラセボと知っている偽薬を服用することによってベネフィットを得られる可能性があるという。「腫瘍を縮小させたり、動脈の閉塞を治したりすることはできないが、プラセボには確かに症状を緩和させる効果がある」と、同氏は述べている。

  

  

  

 一方、プラセボの有効性は、医師と患者の強固な関係性に依存すると同氏らは指摘し、「医療従事者との温かく共感的な関係なしにプラセボを服用しても、おそらく効果はない」と述べている。今回の研究結果は「Pain」10月13日号に掲載された。(HealthDay News 2016年10月19日)

https://consumer.healthday.com/bone-and-joint-information-4/backache-news-53/fake-pills-help-ease-back-pain-715930.html

  

         ****************************************************

 偽薬をなめてはいけませんね!!私も学生時代に、芝居仲間が高熱を出して苦しんでいる時に、当時薬学部が学生だった友人がなんだか大きな錠剤を飲ませて、あっと言う間に熱が下がったのを目の当たりにしています。後で聞くと、その薬はのどの痛みをやわらげる「トローチ」でした。(笑)
 プラセボをうまく使えるようになると、一人前ですね〜!!

  

 ウイズ矯正歯科は新札幌と中標津に診療室を持つ矯正歯科専門医です。
 初診時矯正相談は無料です。
 本日10月28日(金曜日)より30日(日曜日)まで中標津診療です。中標津診療室で治療されている患者さんの御来院をお待ちしております。札幌診療室は31日(月曜日)まで休診しますので、札幌診療室の患者様にはご不便をおかけしますが、ご了承ください。11月1日(火曜日)より平常診療です。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うつ病の元となる肉体的根源... | トップ | 納豆に「オートファジー」促... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

矯正歯科と医療情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。