ウイズ矯正歯科 矯正歯科情報・医療情報と グルメ、気になる話題

札幌市の矯正専門医のきままなブログ。矯正治療のあれこれや、医療情報などをリアルタイムで更新します!

睡眠中に免疫系は「再起動」する    ドイツ、テュービンゲン大学医療心理学・行動神経生物学部

2017年01月25日 23時19分25秒 | 矯正歯科と医療情報
 今日はちょっと難しい話し。どうやら、免疫系は睡眠と関連しているようです。
 睡眠中に免疫系は「再起動」するという記事をヘルスデージャパンから参照しました。


http://healthdayjapan.com/2017/01/12/14755/


          *************************************************

     

 睡眠中に免疫系がどのように回復するのかに関する洞察が得られたとの報告が、「American Journal of Physiology — Regulatory, Integrative and Comparative Physiology」2016年10月1日号に掲載された。ドイツ、テュービンゲン大学医療心理学・行動神経生物学部のLuciana Besedovsky氏らの研究。

  

 同氏らは、健康な若年男性14人(平均年齢25歳)を対象として、夜間に睡眠をとったときと一晩中起きているときにそれぞれ採血し、その検体から免疫系の基礎となる白血球であるT細胞の濃度について分析した。

 その結果、被験者が夜間に十分な睡眠をとった場合は、全タイプのT細胞の濃度が就寝後3時間以内に低下したが、一晩中起きていた場合は高いままであった。睡眠中にT細胞が血流からどこへ移動するのかは不明だが、過去の研究では、リンパ節に集積する可能性が示唆されているという。

  

  

 Besedovsky氏は、「睡眠中の血中T細胞濃度の急速な低下は、一晩眠らないだけでも免疫系に影響が生じることを示している。これは全般的な健康に規則的な睡眠が重要である理由の1つかもしれない」と述べている。(HealthDay News 2017年1月4日)

https://consumer.healthday.com/sleep-disorder-information-33/misc-sleep-problems-news-626/immune-system-reboots-during-sleep-716949.html

  

          ************************************************

 よいとか悪いとか言う前の段階で、睡眠によってT細胞が一斉に移動している事が解ったようです。これは、オモシロイですね!睡眠に入ると免疫細胞がリンパ節や胸腺に帰って、持ち帰った免疫情報を使って再教育されたT細胞が作られるんですかね??

  

 ウイズ矯正歯科は新札幌と中標津に診療室を持つ矯正歯科専門医です。
 初診時矯正相談は無料です。
 明日は中標津へ移動します。今週は27日(金曜日)より29日(日曜日)まで中標津診療です。中標津診療室で治療されている患者さんの御来院をお待ちしております。札幌診療室は30日(月曜日)まで休診しますのでご了承ください。31日(火曜日)より平常診療です。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1日10時間座っている&運動不... | トップ | アメリカで65歳未満の認知症... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

矯正歯科と医療情報」カテゴリの最新記事