ウイズ矯正歯科 矯正歯科情報・医療情報と グルメ、気になる話題

札幌市の矯正専門医のきままなブログ。矯正治療のあれこれや、医療情報などをリアルタイムで更新します!

小児白血病の5年生存率が90%に到達

2012年03月23日 15時57分14秒 | 矯正歯科と医療情報
 昔は子供の白血病は不治の病と思われていましたが、アメリカでの研究で小児白血病の5年生存率が90%に到達した事が解ったようです。適切な医療を受けることができれば9割は助かる病気ということです。ヘルスデージャパンを参照しました。

http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&view=article&id=3649:5902012319&catid=49&Itemid=98

   **************************************************************

 最も一般的なタイプの白血病に罹患した患児の生存率が劇的に向上していることが、新しい研究で明らかになった。急性リンパ芽球性白血病(ALL)患児の5年生存率が、1990年から2005年の間に約84%から90%に上昇しており、通常、5年を過ぎればほとんど死亡することがないことから、5年間の生存は治癒とみなされる。

 ALLはまれな血液あるいは骨髄の癌(がん)であるが、小児では最も一般的な白血病であり、米国では毎年、2,800~3,000例が新規に診断されている。白血病は身体が異常な白血球を過剰産生する際に発生し、急性の場合、化学療法を行わなければ急速に進行する。ALLの原因は不明であるが、白血病の兄弟姉妹がいるなどの家族歴、他の疾患で化学療法あるいは放射線療法を受けた経験があることなどが危険因子になるとされている。

 米コロラド大学医学部(デンバー)小児科教授で、小児病院コロラド癌・血液疾患センター(オーロラ)所長のStephen Hunger氏らが同大学で実施した今回の研究では、全人種および民族集団、男女、1歳未満の乳児を除く全年齢群で生存率の向上がみられた。生存率は研究が進行するにつれて改善した。試験期間中の死亡率は、乳児を除き30~50%低下した。乳児の生存率は、薬剤使用の改善効果が、感染や副作用による死亡増加によって相殺されたため、ほとんど変化しなかった。

 今回の研究対象者は、ALLを有する0~22歳の小児2万1,000人以上(米国の全症例の半数以上)であり、米国立癌研究所(NCI)の資金援助で行われている小児腫瘍グループ(COG)臨床試験の被験者であった。研究結果は、医学誌「Journal of Clinical Oncology(臨床腫瘍学)」オンライン版に3月12日掲載された。

 Hunger氏は「50年前は不治の病であった疾患が、現在では治癒率が90%となっている。臨床試験は、医師が薬剤の使用や投与量を改善するのに有用であり、その結果生存率が高まった。例えば、コルチコステロイドの一種は同じクラスの他剤よりも有効であることがわかった。現在の取り組みは残りの10%に注目する必要がある。目標は全例治癒である」と述べている。

米コーエンCohen小児医療センター(ニューヨーク)のArlene Redner博士は、「疾患の原因が判明していなくても、それを治癒させることができるということは本当に驚くべきことである。また、有効な治療が施設の大小にかかわりなく、全米的に広く使用可能であることを示した点でも、今回の研究は重要である」と述べている。

        

   **************************************************************

 こんなに小児の白血病の治療が進んでいるのを私も知りませんでした。
 すごく医学は進歩しているんですね!日本ではどうなんでしょうか?
 「ドラックラグ」と言われるように、アメリカやヨーロパで普通に使われている薬も日本で使用できるようになるまでに、5年から10年もかかっている現状があります。製薬メーカーからすると日本政府の審査が厳しいことと、せっかく認可を取得しても日本が市場としてはそれほど大きくない事が、新しい薬が日本で使えないことに拍車をかけているようです。
 日本も早く欧米並の薬が使えるようになれば良いのですが。

 話しが少しずれてしまいました。検診などで歯茎が異常に腫れて出血している子をみると、かなりドキッっとしますが、こんなに治るのなら、余り心配しなくても良くなりそうです。

 ウイズ矯正歯科は新札幌と中標津に診療室を持つ矯正歯科専門医です。
 初診時矯正相談は無料です。
 本日は中標津へ移動のため、札幌診療室は休診しております。
 明日、24日(土曜日)と25日(日曜日)は中標津診療です。中標津診療室で治療されている患者様の御来院をお待ちしております。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水素燃料を安全に輸送する方... | トップ | ピロリ菌感染が2型糖尿病に関... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無知って怖いですね。 (患児の親)
2012-03-24 10:46:18
もう少し調べてから発言されたほうがいいですよ。
文字や記事は実際を表すには余りにも情報量が少ないですから。
白血病はそんなに簡単な病気ではありません。
小児ALLで治りやすいものなら日本でも同じくらいの五年生存率を達成してます。
それでも抗がん剤を投与しているので、様々な後遺症に悩まされたりする場合もあります。
大人の場合はやはりまだ厳しいですし、上記以外の小児白血病はまだまだです。
もし、興味がおありでしたらネットで公開されている情報やブログを見られてはいかがでしょうか。
失礼な発言とは思いますが、このような無責任な記事を読む度に腹が立ちます。
ご不快に思われましたら、お手数ですが、このコメントを削除してください。
医師の方ということで少しきつい発言にさせていただきました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

矯正歯科と医療情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事