おもむくままに・・・!

ゆったりと、流れのままに、拾いもしない、捨てもしない・・・。 おもむくままに・・・そして私がいる。

くり返し

2017-07-31 19:29:25 | Weblog


彷徨い歩くことが

心楽しいはずはない。

目的を持たない行動は

体も 心も 疲れさせる。



家に じっと とどまるには

心が 不安定で 落ち着かないとき

目先を変えることで

救われることが あるから



定まらない思いからはなれて 

平常心に 立ち戻り

いつもの 暮らしを続けることを

望むための 彷徨いなのに



すべてを 引きずったまま

リフレッシュできない 重いものを

抱えて 一人の部屋に戻ると

そこに 明日からの 繰り返しが

ぬぐいようのない 

自責の思いとともに

存在する。



本を読んでも 音楽をきいても

救われないときは

何を 求めればいいのか

何から 逃げればいいのか

答えの出ない 時間が過ぎる。




アガパンサス
花言葉 知的な装い








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

揺れ動く

2017-07-30 19:12:19 | Weblog
楽しい日は

青空を 見上げて

明日をたたえる

歌をうたい



巡り合いの よろこびを

隠しても 

あらわれてしまう

浮き足を スキップにして




寂しい日には

目を伏せて 

名も知らぬ 可憐な花に

かたりかけ




明日になるのも

苦しいと 訴える 

揺れ動く こころの

おもさよ




足取りは

鉛の足かせを 

引きずるかのごとくにて




ネモフィラ
花言葉 可憐

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わたしは影

2017-07-30 02:00:00 | Weblog
あなたの視線は

かなたの人に 微笑む



振り返った あなたは

私を見て

戸惑いを 隠しもしない。



わたしを見てと

叫ぶ声は

いつもむなしく

街のビルに 反射する



私は 影

あなたの影




あなたの 恋唄は

私のためではないと

あなたは 言わない。



だけど  



だけど



あなたの瞳には

ほかの人の姿が

映っている




だから

わたしは 影

ただの影




チャイブ
花言葉 柔軟性
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気配

2017-07-29 14:49:25 | Weblog

ふとしたときに

かわした 言葉に

大きな 意味を感じて



あなたの心に 

入り込んだはずが



そこは 思ったより

深い空間で



わたしの場所は 

そこにはなく



二人の間に 確かに

電気のようなものが はしり



わたしは 瞬間で

恋に落ちたのに



身の置き所なく

一人 思い惑い



もう あなたの 心から

飛び立とうとする



その 微妙な ずれを

感じとってほしいのに



気配で 

知ってほしいのに

あなたは

気づかない 





ヘビイチゴ
花言葉 小悪魔のような魅力



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心の地図

2017-07-29 05:16:09 | Weblog
愛を 探して

彷徨うときは

あなたの 思いは

とどかない




心の地図を

ひろげてさがす。

愛の姿



たぶん どこかで

見落としたのか



どの交差点 で

間違えたのか



彷徨いから 目覚めて

心の扉を 軽くすると



愛が 忍んで

近寄ってくるはず



心を ひらいて

ただ、待ってみよう

そのときのため



心の扉を 

閉ざしているから

愛に出会えないのは

わかっていること





シュロソウ
花言葉 静かな人






コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

わたし流

2017-07-28 18:46:36 | Weblog
あなたの 
手のひらで
受け止めた 


わたしの涙は
返してください。


あなたには 
いらないもののはず


わたしにくれた
優しい言葉は
返しません


わたしには 
とても大切で
必要なものだから



いつの日にか
あなたを 
思い出すとき


返してもらった涙を
わたしの 瞳から
あふれさせ


追憶の中で
あなたを 
偲ぶでしょう


これが わたしの
愛し方だと 
つぶやきながら




ウエストリンギア
花言葉 真実の愛情

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-07-28 12:25:08 | Weblog
あの人の
足音が 去っていくと


空気が かすかにずれて
そこに
水たまりが でき


水たまりに うつる空は
くもり


涙ごしにみる 水たまりに
灰色の 蛾が
ひらりと 舞い下り


うまれたばかりの 
恋の
おわりを しらせる。




ルリシジミ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

逃げたい

2017-07-28 02:30:00 | Weblog
あなたの 瞳の中に
見てはいけないものを
見つけてしまった日


たじろぎ 戸惑い
うろたえ ふるえ


あなたの前から 
逃げ出すことだけを


あなたとは 
出会わなかったこと


あなたは
存在しなかったこと


二人の時間は
なかったことに


すべてを
なかったことに


そんな マジックを
できる 人になりたいと
真剣に 思い悩んで過ごした
あの日




ギリア
花言葉 気まぐれな恋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飢える心

2017-07-27 18:09:44 | Weblog
水を 一口 飲んで
のどもとを 過ぎる感触を
確かめて

生きてるって
感じるのは
おかしいのでしょうか


何かに 突き動かされるように
日常を 送り出し


むなしいと 感じはじめると
行きも 戻りも出来ない
空白の 世界に 
沈んでいく 気がして


確かなものを 
感じたいと


まずは 手近にあった
水を ひとくち


のどを伝わる 感触に
ああ、生きているんだ と
感激してしまう


この 過剰反応は 
おかしなことでしょうか


たかが 
みずの 一滴に
心を まかせるのは
何かが 
壊れているのでしょうか


たしかに 疲れて
心が この上なく 
飢えている 日常で・・




イブキトラノオ
花言葉 洗練





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いじらしい

2017-07-27 02:30:00 | Weblog
ちょっとした 

タイミングのずれで

あなたの 心と

出会えなかった 私の心



あなたと 私が

歩くはずだった 

あの公園を 

あなたと 

歩くことを 夢見ていた

遊歩道を

ほかのだれかと

肩を並べて 歩いている



私の夢を

丸ごと 奪っていった

その人を

うらやましいと 思う心が

いじらしい。





シューティングスター

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白いノート

2017-07-26 18:21:23 | Weblog
田舎道で

ところかまわず 座り込み

草のリングを編んでは

つなげて 冠にしたり

腕に巻きつけたり

何の意味も持たない

幼い 仕草に

わたしの 将来が

見えていた



大人になっても

意味のないことを 繰り返し

思いつきの 場所に

立ち寄っては

意味のない 言葉と

意味のない 笑顔と

意味のない 約束と



それらを 大切に

心に留めていたのは

わたしだけで

誰もが 

思い出しもしない。




その向こうに

大きな意味のある 物語を 

つくりあげようとする ページを

白紙のまま とじて

閉じ紐を かけ

わたしの 一年が終わり

閉じ紐の かかった

白い ノートは

いたずらに ふえるばかり



満ち足りた 愛のノートは

いつ 出来上がるのだろう

すべてに 意味のある

思いのつまった ノートは・・





 
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

臆病な・・

2017-07-26 00:47:12 | Weblog
黙って差し出された手を

振り払って

背を向けた日の 記憶は

いつまでも 

心の底に 沈殿して




愛してると 語る目を

執着と とらえた心は

逃れることだけを 思い続ける




恋することに 臆病な私は

一人でいることが好きと

自分の心にも 嘘を重ねて

もしか 取り返しのつかない

過ちを 繰り返しているのだろうか




ほんとの愛の形を

既成概念のくくりの中に

夢見るくせは 

ずっと 続くのだろうか




誰かが 大きな力で

有無を言わさず 

その 深い闇から 

救い出してくれるまで















コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

コスモスによせて

2017-07-25 18:46:55 | Weblog
あなたは

雨にうたれ

かぜに たたかれ

倒れてしまったと 思っていた。



力尽き

地に這い 伏して

何かの 許しを請う姿にみえた。



幾日かすぎ

あなたの悲哀と 心残りを 

分かち合うため 訪れた私



なぎ倒された その痛々しい

苦境から 頭をもたげ

立ち上がった あなたの姿に



弱々しい佇まいから

思いも付かない

雄雄しいともいえる 姿に



新しい希望と 畏敬の思いで

胸を つまらせて

言葉もなく 自分の世界に

帰ってきてしまった 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢の中で

2017-07-25 01:43:56 | Weblog
届かない 思いは
繰り返し 繰り返し


其処 此処に
呪文のように 届けよとばかりに
散りばめ


あなたが夢の中に 立つとき
朧のむこうに
大きく広げた 両手が 見えて


驚喜に包まれ


言葉は 不要で
その視線だけが 私を
すっぽりと くるむのです。


その時間は 
過ぎてみると 幻よりも不確かで


そこに あなたがいたという
あかしも しるしも ない。


記憶すら うやむやで
すがって生きる つてもない。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思いがけない・・

2017-07-24 06:03:09 | Weblog
思いがけない 
出会いに
ときめく心


気づかない 素振りで
行き過ぎて 振り向くと


あなたの視線が
待ち受けている
恥ずかしさ


ふたりの距離は
数年の空白を飛び越え


やあ! が 

なぜ? に


多くを 話さない
時間がすぎて


またね に 変わるまで


無言の長い物語が
行き交う




ベニバナマメアサガオ
花言葉 固い絆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加