おもむくままに・・・!

ゆったりと、流れのままに、拾いもしない、捨てもしない・・・。 おもむくままに・・・そして私がいる。

思いの変遷

2017-08-13 22:41:14 | Weblog


言葉を飲み込む癖は

何時からなのだろう




思いを

ストレートに伝えることを

セーブされる環境があった。




そのころ

口に戸は閉てられない

はいた言葉は 戻せない

天に向かって 唾を吐く など

心を 押しつぶすような

後に引けない 脅迫感が

いつも 覆いかぶさっていた




長い時を経て

選んだ言葉を

声にしないで 

飲み込む癖になって 残った




そのあと

心に戸は 閉てられないと

聞かされた

それは そうだと

妙に納得させられてしまった。





私の経験値 のなかで

ボーダーラインを引く

思いは その時点から

はっきりと 決まっていた。




それからまた 成長した私は

思いを 飲み込むのは

罪なことだと 思い始めている




時を 巻き戻せないのだから



素直に 話せることが

思いを 言葉で表すことが




どんなに大切なことなのかを

信奉のように

人に説き伝えたい 

思いがある





ブルーレースフラワー 
花言葉 無言の愛

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心に隠した刃 | トップ | 雑草の中の白いユリ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい言葉 (馬とモンゴル)
2017-08-14 03:58:19
keiさん

暑中見舞い申し上げます

素晴らしい言葉にどれだけの人が心を癒されている事か思い描いてください

素晴らしい言葉の数々です

私など淡い恋・夢・希望・他人への労わり等の言葉を思い出し文章にしたいが思いだす事さえ出来なくなりました

これからも溢れでる言葉の泉を駆使し枯れた草原・砂漠に一滴の雫を言葉として撒いてください
Re.素晴らしい言葉 (withkei)
2017-08-14 04:19:47
馬とモンゴル さま

いつも 励ましていただきありがとうございます。
よく、行き場を失って漂流しているような気持ちになることがあります。
そんなときの 言葉の綴りは たぶん見苦しいことでしょう。
それに比べて いつも 大地を踏みしめておられるような たくましさを感じる 馬とモンゴルさまの
表現に ないものねだりの気持ちを 満たしております。 時々見せる孤独や弱気も(失礼!)とても
人間味を感じます。
これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。