おもむくままに・・・!

ゆったりと、流れのままに、拾いもしない、捨てもしない・・・。 おもむくままに・・・そして私がいる。

月見草と・・

2017-09-06 21:03:11 | Weblog




こんな日は

月を見ながら

幼い時のことなど

思い浮かぶままに 語り合い

月にまつわる 歌などを

うたったり



巡り合いの 不思議について

あなたの考えを 尋ねたり

そうして 夜が更けていくのを

感じながら 過ごせると

幸せなのだが




月見草よ

そんな相手もいなくては

ひとりで 縁側に腰かけて

蚊やりを くすべながら

いつかは・・なんて

ひとり言するだけの 

さみしい時間が過ぎていく



あなたは

月が出ようが 曇ろうが

いつも月見草で

夕闇が訪れる前に 花開き

陽差しを 恐れるようにすぼんでしまう




それでも あなたは 月見草で

私は そんなあなたを相手に

こんな 満月のはずの夜を

雲が邪魔することを 愚痴りながら

夜が更けていくのです。



いつか・・が 早く来ればいいのに

月見草よ

それまでは あなたと過ごす

こんな夜を 大切に

大切に 記憶しておきましょう

心の 日記に残して

月見草
花言葉 無言の愛
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

夜露の音

2017-09-06 02:52:37 | Weblog


夜露の降りてくる音は聞こえない

あなたが 嘆く声も

森の中で 

眠れない鳥たちが こぼす吐息も





私が読み上げる

詩の朗読も

だれにも聞こえない

夜露の音と おなじように





明日の心のために

毎夜 ケアすることを忘れないので

心の中は

思いやりと 優しさに満ち




誰かを 受け入れる

準備を整えているのだけれど

ちょっとした 哀しみも

隠しているので



朝が来れば

それが

自爆することを 恐れながら

陽の光と むきあうのです。




夜露が もし

音を立てて 降りてきたら




私の 朝は

雨模様になり

哀しみは 雨に溶けて流れ出すので

それもまた
 
良いことなのかもしれません。


日日草
花言葉 楽しい思いで
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加