空と凪

猫6匹と一緒に…もうすぐバツ2

めだか

2016-10-12 10:11:52 | 日記
我が家には猫6匹とメダカがいる。
4年前に睡蓮鉢で5匹のめだかを飼い始めたのがきっかけで
越冬しては稚魚が生まれ去年は百匹以上の子供が生まれた・・・。あちこちに里子にだして
手元に残った子が60匹程度。
2年目は土を入れて大き目のの石や小ぶりの鉢をしずめて大切に越冬せさた。

無事に越冬したその子をさらに里子に30匹ほどだして てもとには30匹程度のメダカが残った。
転居や日当たりの関係で今年の生まれたこは10匹程度だった。

一緒懸命育てた子はメダカだって愛おしい。
引っ越した時に少し多めに入れれ過ぎたバケツの子が、台風の時に酸欠のせい?で一気に10匹以上死んでしまった。
本当に悲しくて 「ごめんね」って言いながら拾い上げた。
それなのに「死んだらまたちょうだいね」って簡単に言ってくれる人がいる。
それはないでしょ。「命」なんだよメダカだってさ・・・。

そして おとといの話
娘からライン。
「メダカたくさんあるでしょ くれる?」
「いいけど  このまえたくさん死んでしまって 5匹ならあげる」 
「じゃ いらない~ 20匹くらいほしかったの」
「誰が?」
「亀のエサ」
わが娘からそんな衝撃的なラインが届くなんて信じられない。
そういう感性だから メダカか゜「いる」ではなくて「ある」という
不思議な質問をしてきたわけか・・・・。
空が死んであんなに落ち込んだ娘が ハムスターが死んで悲しいといった娘の口から
亀のエサなどという不謹慎な言葉がでてくるなんて・・・
「それは無理!
 可愛がってるのだから それだけはダメ。
 誰のかめ??
 虎のエサにうちの猫あげるのと同じくらいだめ。」
彼女にわかるように 返信したつもりなのに・・・・・・・
一言だけ
「うける~笑」
とはいってきました。

全然うけません。。。

その後娘に会うと 「食用のメダカがきれちゃっていたみたい」とシラッというじゃありませんか。
「食用ってなに? 食用の牛とか馬とか豚とか 食用ってなに?
 どこかに食用って印つけて生まれてくるわけ?
 そんなの人間のエゴでしょ。食用の子猫とかいたらどうする?
 食べられるために生まれてくる生き物なんていない。」
と言ってしまいました。
野生の虎が人間襲うなんて残酷なことあるけれど、「食用の」だったらいいわけ?

宮沢けんじの 注文の多い料理店、帚木蓬生の臓器農場 そんなの思い出しちゃった。

生きるために食べるのは仕方ない。
犠牲になる命があるのも仕方ない。
自分も肉も魚も食べるから そんなに強くは言えない。

それならせめて 「食用」なんて言葉であらわさずに
命に感謝して 生かしてもらうことに感謝して 無駄にせず残さずに
いただきたいと思うのです。

「エサ金」この言葉も大嫌い。
この「エサ金」たちは我が家の水槽で「金魚のエサ」というものを食べながら
すくすくとのびのびと何年も生きていましたから…

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バツ2なんてさっ | トップ | 本能的に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。