WITCHCRAFT  Tomys Life Blog

鎌倉スローライフ・街・魅力的な人達・感じた事を時々更新・そしてアメリカ大陸横断の旅

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なまはげ

2010-04-25 04:29:23 | Weblog

秋田県 男鹿半島

先週、秋田新幹線こまちに乗り両親と男鹿半島に旅行に行ってきました。

秋田駅でレンタカーを借り30分位走り男鹿半島の入り口で巨大なまはげの

お出向かい、かなり大きいです、思わず写真を。

そして、なまはげラインを少し走りなまはげ館に。

現在、男鹿半島の約60地区でなまはげ行事が行われていて、地区別60体の

実物が展示されています。

各村でお面と衣装が違うそうです。

なまはげ館の隣に伝承館があり実演を見ることができます。

この日はちょうど茅葺屋根の葺き替え作業をしていて、しばらく見学していました。

作業していたのは年配の方でこちらも継承される事を願うばかりです。

なまはげ行事は毎年、大晦日の晩に男鹿半島のほぼ全域で行われます。

男鹿の真山、本山に鎮座する神々の使者として信じられていて、年に一度各家庭

を巡り、悪事に訓戒を与え、災難を祓い、祝福を与えながら「怠けものはいねが、

泣く子はいねが」と練り歩く、古くから伝統を受け継ぐ民族行事です。

各家庭では、料理とお酒でなまはげを持て成すそうです。

とにかく、すごい迫力で家に入ってきて大声を張り上げながら家が壊れるんじゃ

ないかってくらい暴れていくので、子供達は、「お化けが来るよ!」って怒るより

「なまはげが来るよ!」っていう方が断然効果があるんだそうですよ。

日本海に沈む夕日に間に合うようホテルにチェックイン。

海沿いの丘の上に建つ純和風ホテルで、偶然だけどイ・ビョンホン主演のIRIS

の撮影でも使われたそうです。

目の前は海という最高のロケーション。

眺めはこんな。

 

露天風呂もいいでしょ。でも夜になると気温がかなり下がるので、耳がちぎれる

くらい寒いけど。

前日と着いた日の朝まで嵐だったそうで、空気も澄んでいて最高の夕日を

見ることができました。

通常料理とは別に、この地方の伝統料理である石焼料理をオーダー。

日本海の新鮮な海の幸と野菜を、桶に水を入れ、そこに真っ赤に焼けた石を

投げ入れ沸騰させた後に味噌を入れるダイナミックな漁師料理で目の前で

料理してくれるので、美味しさも倍増。

今回宿泊した亭水さんは、とても良いホテルでした、お勧めです。

ホテルのすぐ下にある男鹿水族館GAO。海沿いに建つ近代水族館で、こちの

大水槽はこの地域に生息する魚たち。

ペンギンがとにかく可愛いい、1日中見てても飽きないです。

初めての秋田だったけど、天気も良く、のどかな風景で、食べ物も美味しく、この地

域の伝統である、なまはげの意味を知り、実演を見ることが出来た事がとても良か

ったです。きりたんぽも食べていないので、もう一度行きたいなぁ。

 

アメリカ大陸横断の旅

カールスバッド洞穴群国立公園

世界でも最大級の鍾乳洞群

すぐ近くのキャンプ場にテントを張りカールスバッドに行ってみる。時間も遅く

地下には降りられないけど、夕方のショータイムだけ見ることに。

この観客席の先には地下に続く洞穴があり、夕暮れ時になると、そこから35万匹

のコウモリがいっせいに螺旋状になって飛び立っていくのです。ルパン3世で見た

シーンだ。

最後まで見届けテントに戻りビールを飲んで寝るとしよう。ここのキャンプ場はファミ

リーが多く、親子のほっとする場面を沢山見ることができた。

まわりに何もない山の上にポツンと建つビジターセンター。ここで情報を入手して、

いざ地下の世界に。

何も無い山の下には、巨大な鍾乳洞の世界が広がっていました、それはとても

人間の手では造ることができない空間です。

何億年もかけ雨水が石灰層を浸食してできた天然の柱

地下終点230メートルところにレストエリアがあり、食事までできちゃうんです。電気

を引き歩く道をつくるだけでも大変なのに、こんなものまで作って、それでいて5ドル

は安すぎでは。

帰りはというと、エレベーターで一気に地上の世界まで連れて行ってくれます。

大きい部屋ではサッカー場14面がすっぽり入っちゃう空間も。

カールスバッドを出てアリゾナ州のツーソンに向かう。途中エルパソで車のオイル

交換をして490マイル(784キロ)走った所で今日もキャンプ。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プロサーファー

2010-04-18 02:25:50 | Weblog

プロサーファー

斉藤ゆたか君の切れのあるラウンドハウスカットバック。

ショートボードもバリバリだけど、この度スリランカの第一戦にてロングボードの

プロテストに合格しプロサーファーに。ショートから転身して驚異的な速さでプロに。

藤沢のけむりさんで祝賀パーティーです。串焼き、かなりGOODです。

ささやかに、と言うことでしたけど沢山の人たちから祝福。

ゆたか君と同じホームグラウンドの濃い~面々。

と、鎌高前の素敵な女性チーム。

楽し~い時間が流れていきました。

あんな人達や。

こんな人達。

これからの活躍を期待してまーす!

 アメリカ大陸横断の旅

ホワイトサンズ

昨晩はホテルがかなり怖かったので照明を点けたまま寝た。7時にはサンアント

ニオを出発し西に向かう。途中ラジエーーター水の減りがかなり早いのでボンネット

を開けてみるとホースが破れていて、そこから水が噴き出していた。近くのメキシカン

がやっているメカニックを探し1時間半で修理完了、修理代金は30ドル+チップ+ビ

ール2本。その後も気温はかなり高く水温計の針はずーっと上がり気味、でも騙しだ

まし何とかエルパソまでやってきた。休憩がてらフロリダからしていなかった洗車をし

てホワイトサンズ国定公園に向かう。が、夜になりクローズしていてスーパーで食料

を買いお金も底をついてきたので、今日は道端でねる。

今日は移動日、694マイル(1110キロ)走った。

朝、道端で目を覚ました、途中警官が来たが、寝てるだけだと分かるとOKと言って

帰って行った、どうやらミサイル実験場のフェンスの横で寝ていたようだ。基地の町

なのに結構あまいなぁ。

こちらホワイトサンズ国定公園のサンタフェ風ビジターセンター。雰囲気あります

ねぇ~。

中に入ってみると、一面純白の世界に。

実はこの白い砂は石膏、大昔この地方は浅い海に覆われていて、海底に堆積した

プランクトンの死骸などが固まって石膏となったもの。医療用のギブスと同じ物だ

そうです。細かくてサラサラ。

かなり気温が高くなる為、ピクニックテーブルも日よけ付き。

 砂丘の面積は奄美大島とほぼ同じ、風によってできる紋様が神秘的です。

風により年に10メートル程移動するそうです。

降水量もも少なく、基本的には空の青と大地の白い世界。

あまり見る所もなくエルパソに向かう、途中ハーレーの大男がガス欠でバイクを

押していたので、持っていた予備のガソリンを分けてあげた、そしたらそこまで入れ

るか、というくらい給油してTHANK YOU VERY MUCHと言って去っていったのでした。

 1時間程はしりエルパソに、エルパソはウェスタンブーツのトニーラマの本拠地。

もちろん工場があり、お安く買えちゃうんです。市内にはファクトリーアウトレットショッ

プと工場に隣接したファクトリーショップがありこちらのファクトリーショップの方がリー

ズナブルなんです。ラスベガスで買った230ドルのブーツが90ドルで売っているでは

ないか、貧乏人にはかなりショック!ここではブーツ3足とベルトを購入。

その後カールズバッド洞穴群国立公園に向かい、2時間位で到着。今日は余計な

買い物をしたので久しぶりのキャンプをする事に。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒空の下のBBQ

2010-04-14 03:04:27 | Weblog

寒空の下のBBQ

先週の日曜日BBQをした。メンバーはというと文化服装学院スタイリスト科の

同期生たちと役者さん。20年ぶりに会った友達もいて、かなり寒かったけど

大盛り上がりに。

スタイリスト科を卒業してもその業界に進むのは2割位でその後スタイリストに

なる、というかなれるのは、ほんの一握りの人達。彼女達は何人もアシスタントが

いて、CM、雑誌、タレントのスタイリングなど昼夜問わず大忙しの売れっこスタイ

リストたち。

話は尽きることなく極寒の中、夜に突入。途中人数が少ないなぁと思っていたら

家の中で奥さんのリンパマッサージを交代で受けていたようでスッキリ顔で戻ってくる

のでした。

左奥は友達のだんなのみやちゃん、お酒も飲まず、文句も言わずに10時間以上も

酔っ払いチームにつきあってくれました、本当にお疲れさまでした。

みんな時間をつくるのは難しいと思うけど、また集まりましょう。

アメリカ大陸横断の旅

サンアントニオ

フリーウェイのレストエリアで目を覚まし、トイレで顔と歯を磨きテキサス州サンアント

ニオに向かう。まず車で街中を走り地理をつかみホテル探し、持ち金もわずかにな

ってきて1泊22ドルの安ホテルに決定、かなり古く昔病院だったのではないかってつく

り。気持ち悪いのでさっさと街に。

こちらはサンアントニオの拠点のアラモの砦。1820年代スペインから独立したメキシ

コ軍のテキサスでの独裁政治にテキサスの人々の自治権を求める気運が高まって

いった。テキサス軍の指揮官トラヴィス率いる勇者たち188人が4000人のメキシコ

軍と自由を求めて13日間戦ったテキサス軍の拠点となった場所です。とても説明しき

れないので、ジョンウェイン主演の映画「アラモ」を是非見てください。自由の重さを

感じさせられます。

砦の囲いの中に入ると何度もゾクゾクと寒気がはしりました。

ダウンタウンの中心を流れるサンアントニオ川でパセオ・デル・リオ(川の散歩道)

と言い、狭いエリアを口の字になっていて1周できます、川沿いは歩道があり歩いて

も回れるけどリバーボートが貧乏旅行でも優雅です、1周45分位で5ドル位。

川沿いにはレストランやカフェ、メキシコの民芸品店などのお店がずらーっと並んで

いて途中広場やステージがありジャズ、カントリー、ラテンなどの演奏を聴くことも

できます。

夜もライトアップされとても綺麗。川沿いの席は食事を楽しむ人でいっぱいになり

あちこちから生演奏が聞こえてきます。

昼は一人安いチャイニーズレストランですませ、少し外れにあるアンティークショップ

に行く、すると2階でエルビスプレスリーのバンドメンバーが写真やビデオを流すショ

ースペースになっていた、お客は誰も居なく受付のおじさんと2人きり、なんかジロジ

ロ見てるなぁと思ったら、後で一緒に飲みに行こうとか色々言われ、しまいにはベタ

ベタ体を触ってきたので慌てて逃げた。しかも最後はわしずかみまでされた。怖!

午後はテーマパークのフィエスタ・テキサスに行くことに。ここはメキシコっぽい

色とりどりの装飾とたくさんのミュージカルを見ることができます。

1人だとテーマパークはちょっと寂しいんです。オーランドのディズニーワールド

もそうだけど、1人で来てる人はまず居ないかなぁ。たぶん。

原色使いがいかにもメキシコっぽい。

こちらはレール以外すべて木造のジェットコースター。遠心力がかかりながら上に

上ると全体がグラングラン揺れるんです、スピードじゃなくそっちが怖い!

この他にお約束で水の上を流れるアトラクションに乗る、最後に凄いスピードで突っ

込むやつ。

もちろん着ていた服はビショビショ、乗ってるときは皆で盛り上がるんだけど、降りた

ら何か虚しいんです、1人だし夕方だったし。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初心にかえる

2010-04-06 02:13:08 | Weblog

半年程ブログをお休みしてしまいUPの仕方を完全に忘れていました。

今年はできるだけ頑張りますので宜しくお願いします。

WITCHCRAFT 1号店

今から15年前、船橋にあるこちらのお店、ドマさんをつくらせていただきました。

この時の自分はというと25歳で、アルバイトをしてはアメリカを放浪、ヨーロッパを

放浪とブラブラしていて、そろそろ真剣に働かなくてはと思っていた時。

オーナーさんは学生時代の友達。物件が見つかって不動産屋もかなり古いから

借手がいなく取り壊そうと思ってた位だから何をしてもいいよと。デザイン会社を

辞めて、旅の資金を貯めるのにずーっとガテン系のバイトをしていたので多少の

事はできたので自分たちでつくっちゃえばいいんじゃん、と。足場を組み、吹き付け

塗装になんちゃって大工、オーナーも床にモザイクタイルを貼ったりと完全手づくりの

お店でした。重要な所は週末になるとプロの大工友達が手伝いに来てくれて無事に

納めてもらうって感じで。

今回つくった手描きの看板。アナログがGOODなんです。

古材を部分的に使い、天井と床は板張りにして、壁はエイジング塗装とナチュラル

な感じに。

そして今回はスペースにあわせて照明付きの什器も制作。

商品を入れるとこんな感じ。ジャマイカン、ヒッピー系のウェアや雑貨、CDなどが

並びます。もちろんオーナー夫婦もかなりピースです。

今ではWITCHCRAFTは会社登記しているけど、15年前このお店をつくらせていただ

き、お店を見て幸運にも何件か依頼をうけ、いただいたお金で初めてドコモの携帯

電話を買い、近くの文具屋でウィッチクラフトのゴム印と角印をつくりフリーとしてスタ

ートしたのでした。社名のウィッチクラフトは魔法、魔力、魅力という意味で大好きな

エルビスプレスリーの曲の中から勝手にいただきました。

自分にとっても特別なお店です、しかもオーナーが「15年前に十分なお金を支払う

ことが出来なかったから今回はしっかり請求してくれ、15年前の分も少し払える

かなぁ」と。次に改装か移転する時も頼もうと思っててくれたようです。そんな気持ち

でいてくれたということに正直熱いものがこみ上げてきました、今は少し仕事もこなれ

てきて色々な部分で薄れてきてる所があるのではないかと思う事もあります。フリー

になって15年、初めてのお客さんに今いただいた言葉で初心にかえる事ができた気

がします。気持ちが入っていないものからは何も生まれませんよね、シンプルに良い

仕事を心がけたいです。

アメリカ大陸横断の旅

ニューオーリンズ~テキサス

ニューオーリンズ2日目、ジャズの流れるバーで朝食をとりクルーズ船に乗ろうとミシ

シッピー川に行き時間まで川沿いのベンチで寝ていたら寝過してしまい、次のクルー

ズまで時間があるので諦めてダウンタウンに戻り昼からBARのハシゴの始まり。

バーボンストリートから外れた方が渋くて良い店が沢山あります。不完全燃焼の

為、明日は再びファンキータウンメンフィスに行くことに、北に約600㎞。

朝起きると冷静になっていて、メンフィス行きをやめ予定通りにGOWESTテキサス

方面に。今日は走り続ける移動日、写真はテキサスの夕焼けでこの少し前が最高に

綺麗だったのを今でも覚えている。

フリーウェイを走ってて見えたレストラン、気になったので戻って行ってみることに。

入ってみるといかにもテキサスって感じのいいお店。

この雰囲気に赤いチェックのテーブルクロスがたまりません。

ディスプレイもまさにアメリカンカントリーのお手本です。

閉店間際だったため店内で食べることができなかったんだけど、テイクアウトで

チキンが丸ごと入ったスペシャルプレートをつくってくれました。野菜もたっぷり入って

スープも付いて5ドル、味も最高!I LOVE TEXAS!

お店のオーナーさん。気さくな人で広い店内を案内してくれました。

地元を愛して地域色を出したお店づくりとサービスと料理、最高です。旅の

良い思い出に一生残ります。

 今日は550マイル(880㎞)西に走りサンアントニオまで25マイルのフリーウェイ

パーキングで車中泊。

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加