WITCHCRAFT  Tomys Life Blog

鎌倉スローライフ・街・魅力的な人達・感じた事を時々更新・そしてアメリカ大陸横断の旅

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お盆休み

2009-08-25 01:29:31 | Weblog

山口観光

お盆は奥さんの田舎の山口県岩国市に里帰り。自分には田舎がないので

嬉しい、しかも遠いので毎回旅行気分。今回は鎌倉の仲良し夫婦と3泊4日の

山口県観光旅行、まずは広島空港に友達を迎えに行き、お隣の広島県の平和

記念公園に行きました。終戦記念日前日という事もあり、たくさんの人が訪れて

いました。この世から核兵器がなくなりますように。

そのあと山口県岩国市に入り、大好きな蓮田を見に行く。一面の蓮田には圧巻、

この時期は高さ1.5メートル位まで成長します、秋には葉は枯れて根っこ部分の

レンコンの収穫が始まります。日本一の収穫量を誇り、穴が一つ多いのが特徴。

見て良し、食べて良しです。

夜には毎年恒例の宮島の水上花火大会に。弟の桃太郎のボートに乗せてもらい

ぎりぎりの所まで行き見学。花火の振動がもろに伝わり大迫力!

気取らず漁船でおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に来ているファミリーが多く

とてもいい感じです。日本の夏、最高ですね。

錦川に架かる日本三名橋に数えられる錦帯橋。五つのアーチからなる木造橋で

橋の裏側から見た組木の構造美は見とれてしまう程素晴らしいです。

全長193メートル、幅5メートル、橋台の高さ6.6メートル。

春の桜、夏の清流、秋の紅葉、冬の雪化粧、夏の夜は錦帯橋のすぐ隣で鵜飼い

を見ることができます。人の少ない早朝と夜がお薦めです。

夜ライトアップされた錦帯橋と山の上で同じくライトアップされた岩国城。

こちらは秋芳洞、秋吉台の地下100メートルに広がる世界。

 秋吉台の地下を流れる水は長い月日をかけ、石灰岩を溶かし巨大な空洞を

作り出しました。自然の力恐るべしです、しかもこんな芸術作品までも。

今年で開洞100年。

こちらは萩の城下町。着物姿の女性と人力車がとても似合う町です。

バックの白壁は一軒の家のもので、今でいう商社だそうです。

萩の港町、遂に日本海まで来ました。といっても、瀬戸内海から2時間もあれば

来ることができます。瀬戸内海のサザエは波がないのでトゲがないのです、日本海

のサザエは冬は波が荒いので長くて丈夫なのがついてます。萩はイカが有名で活き

造りを楽しみにしていたのですが、お盆は漁に出ないので、いただく事ができません

でした、んー残念!

最終日は萩焼に挑戦、したかっかんだけど、時間もあまりなく湯呑ちゃわんの

絵付け体験。描いてはみたけど、どうしてあんな絵柄にしたのか今でも悔やむ、

リベンジしたいなぁ、遅くても2カ月以内で窯で焼かれ届くそうです。

 山口の冬はフグもあります。皆さんも是非山口においでませ。

アメリカ大陸横断の旅

キーウェスト

夕方、ジャマイカからマイアミに戻りキーウェストに向かって車を走らせる。

フロリダ半島から一つ目の島キーラーゴのピクニックエリアで車中泊。

マイアミからキーウェストまでは約50の島を43の橋で結ばれていて、島の右側はグ

リーンなメキシコ湾、左側はブルーな大西洋という最高のロケーションの中を約4時

間のドライブで到着。

 日の出を見てからキーラーゴを出発。オーバーシーズハイウェイを渡り、途中の島

をゆっくり見ながらキーウェストの手前の島で1日キャンプをしようと思っていたけど、

道が複雑になったなぁと思っていたら、いつの間にかキーウェストまで来てしまって

いた。とりあえず、アメリカの最南端地点のサザンモストポイントに。ここから145キ

ロメートル沖にキューバがあります。

島内は熱帯性の植物が多くハイビスカスやブーゲンビリアなどの原色の綺麗な

花が咲き乱れています。

気候も治安も良いことから、多くのアーティストに愛されています。同性愛者にも

フレンドリーな町として知られ、レインボーフラッグも多く見かけられます。

ダウンタウンは渋滞するため、ホテルに車を止めトローリーでの移動が便利。

近すぎて分かりにくいけど、ヘミングウェイが8年間過ごした家。8年間の間に

全作品の7割がここキーウェストで書かれたそうです。町にはヘミングウェイファンの

パパそっくりさんが、いっぱいいます。

今でもヘミングウェイが愛したネコちゃんの子孫が50匹位住んでいて、あちこちで

昼寝姿を見ることができます。今はないみたいだけど、当時ここで生まれた子猫をお

譲りしますということで、予約帳があり日本の住所を記入してきたっけ。犬派だけど

パパの愛猫の子孫ていいなぁ、ネコちゃんの半数は6本指の仔たちで、船乗りに幸

運を呼ぶ猫として愛されいたようです。ヘミングウェイが友達の船長に6本指のネコ

ちゃんを譲ってもらって以来の遺伝だそうです。

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ハイビスカス

2009-08-04 02:57:22 | Weblog

ハイビスカス

去年の夏に植えて、冬に枯れてしまった家のハイビスカスちゃんを今年も植えて

みました。ブーゲンビリアとの共演でとてもにぎやか、毎日が楽しー。

夏の花って感じで色鮮やかでとても綺麗ですねぇ、ですがハイビスカスは一日花で、

朝開き、夜には閉じてしまうのです。美しいものの命は短いですね、なので10本位植

えてみました。

花びらの真ん中から延びる雄蕊がなかったら、とてもさみしい感じになっちゃいます

ね、きっと。夏の神様は素晴らしいデザイナーです。

パープルのブーゲンビリアを多めに植えたので今年はイエローが多め。

上の子達は今年も冬を越せそうにないけど、こちらのハイビスカスは近所のまきさん

からのいただきもので、種類も違い、一冬外で越してるので大丈夫そうです。いただ

く時に「私の家から見えるところに植えてね」と言われているので頑張って大きく育て

るからねー。

アメリカ大陸横断の旅

ジャマイカ

夜の写真だけど朝7時に迎えに来てくれたキングストンの案内人のリオ。

キングストンはモンテゴベイの真逆にあり車で3時間位走りやっと到着。

ダウンタウンは渋滞はひどいけど、さすが首都だけあり、かなりにぎやか。

旅行客は街ではほとんど見かけられないけど、レゲエのレコード買い付けや

キングストンのスタジオでのレコーディングが破格でできることから音楽関係の

人はいるようです。

ボブマーレー博物館にてボブさんと記念撮影。作風が愛嬌満点です。

リオにダウンタウンを少し案内してもらいモンテゴベイに戻り、8時にミシェル兄が

迎えに来るけど、少し早かったのでホテルの周りをブラブラしてると兄が通りかかり

車の洗車を手伝ってくれというので手伝ってあげた、もちろん洗車中は、とても車の

中には入ることができない位の大音量でレゲエが流れているのでした。そして10時

に迎えに来るからと言って消えてしまった、マイペースでゆるゆるな感じも良しと思え

るのでした。ホテルのバーでレゲエのライブを見ていたら兄がやってきて、有無を言

わさず自分の村に直行、そしてBARにいきCULBに行き、踊り、楽しい夜は更けるの

でした。翌日帰るのでみんなに別れを言うと兄がホテルまで送ってくれ、明日も「空港

まで俺が送ってやる」と言って帰っていきました。マイペースだけどいい人です。

朝起きると快晴、帰る日に初めて晴れた。夕方の便だったので、ホテルのフロントで

聞き、近くのドクターズケイブビーチに行くことにした。

ビーチでシュノーケルを借りて海の中を覗くとサンゴと熱帯魚が太陽の光を浴びキラ

キラゆらゆらと泳いでいる姿を見ることができた。最後にありがとーカリブ海。

ホテルで遅めのランチを食べ終わる頃ミシェル兄が迎えに来てくれ、空港まで送って

くれました。換金もできないのでお礼に持っていたジャマイカドルを全部渡すと、大喜

びで別れの言葉もあまりないまま、帰って行ったのでした。

いやージャマイカでは色々貴重な体験をさせていただきました。こうして3泊4日の

ジャマイカの旅は終わりました。マイアミに戻ります。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加