ほんわか亭日記

ダンスとエッセイが好きな主婦のおしゃべり横町です♪

「きょういく・きょうよう」

2017-04-18 | エッセイ
2017年4月18日(火)

今日は、今月のエッセイサークルに出したエッセイを・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「きょういく・きょうよう」
 テーブルの上の卓上型カレンダーには、今月も、あれこれ書き込みが、ある。
エッセイサークルの日、図書館へ予約した本を取りに行く日。歯医者さんへ行く日。
残りのほとんどは、ダンスサークルの日である。今日、月曜日は、午後から、
ダンススタジオでのグループレッスンの日だが、その前、午前中に、整形外科に行くことにした。
左膝が痛いのだ。
 発端は、先週の金曜日のダンスの自主練習会にある。そこで、ワルツの練習中、練習相手のA氏に、
「ウィステさん、もっと膝を曲げて、沈まなくちゃ。いいかい、ごめんよ」
 と、前に踏み込んで曲げた私の左膝を、掌で、上からぐっと押された。
 あっ。ちょっと、痛い!
 よりによって、左膝は、私のウィークポイントである。そこは、硬い床で踊った後や、
ダンスを頑張り過ぎた後に、真っ先に痛くなる所だ。それは、「無理は、しちゃダメよ」との
私への警告でもあるのだ。余り騒ぎ立てるのも、大人げないと、黙っていたが、だんだん左膝に痛みが出てきた。
立っているだけでもそうなのだから、A氏に断って、今日はここまでと、早めに切り上げた。
 家に戻ってすぐ、左膝に、湿布をしておいた。前回、整形外科で貰った湿布の残りなので、
効きが良い筈だが、土曜日、日曜日と経っても、痛みは引かなかった。
A氏は、土曜日にサークルで会った時に、わざわざ謝ってくれたので、そのことはもう良いのだが、
それよりも、痛みが長引くようなことが起きていたら、どうしようかと、心配だ。
 今の私の生活からダンスを除いたら、カレンダーの予定欄は、スカスカになってしまう。
 そうなったら、何をして、過ごすの?
「きょういく……今日、行くところがある。
 きょうよう……今日、用がある」
 という、「ボケ予防にお勧めライフスタイル」をなぞったような私の暮らし方が、
 たかが、左膝の痛み程度で、崩れるかもしれない。
 少しは、成長していく気がするそれらの日々が、流れ去ってしまうかもしれない。
 恐る恐る行った整形外科では、まず、レントゲンを撮った。
 その結果、五か月前の写真と比べても、骨に変化は無かったそうだ。
 脚の診察では、私の脚を持って、あちこち動かした先生から、「ちゃんと動きますね」と、言われた。
関節も大丈夫。
 大したことは、無かった。
 ほっと、緊張が解れた。
 ただ、左膝の内部に、軽い痛みはあるので、炎症は起こしているのだろう。それで、先生は、
前回と同じ痛み止めの薬を処方してくださった。いつも混んでいる整形外科なので、二時間半もかかってしまったが、
自分の状態が分かる安心料と、納得することにした。しかし、家に戻って、湿布を貼っていると、心に雑音が走る。
せっかく、先生に、「湿布はどうしますか?」と、聞かれたのに、つい、「まだあるので、いいです」と、
答えてしまったが、成分が強いであろうお医者さんの湿布は、次回、膝が痛くなった時に備え、
貰える時に貰っておくべきだった、と……。
 午後、ダンススタジオに行って、膝を痛くした顛末を話すと、ダンスの先生が、
「膝を曲げようとしては、いけません。股関節を曲げるのです」
 と、びっくりした様子で、おっしゃった。さらに、「脚は、脱力です」とも。
私には、「素人同士は、怖い」という先生の心の声までも、聞こえてきたので、素直に、先生が
「股関節ですよ」と、やって見せてくださった、「高齢者が怪我をしないダンス」を目指すことにします。
 夕食の時には、また、テーブルの上のカレンダーが、目に入る。出かける予定は、誰かと会う予定。
それが、私の心を、満たしてくれるのだからと、私は、書き込みの多いカレンダ―で、明日の予定を確認し、
お相手の顔を思い浮かべた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は、「きょういく・きょうよう」の無い日だったので、お昼寝デイでした・・。(^^;)
膝は、ダンスをしながら直す方針のせいか、まだまだです。
でも、アミノ酸サプリで、筋肉を付けて、膝にかかる体重を支えることが目標っと・・・。(^^)

『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スーパーの駐車場 | トップ | 心が安らぐ言葉 »

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。