OK's Garden 授業実践

よりディープに!
・記録することで整理する。
・書くことでより明確にする。
・続けることで力をつける。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

算数の文章問題を解く手順

2014-01-12 17:11:14 | 日記
No.114
==========================
算数の文章問題を解く手順
◆文章問題が苦手な子、なかなか○をもらえない子がいます。
 大まかに原因は3つです。
 一つは、問題の意味がわかっていないのです。その子は、問題文が上手に読めません。
意味がわかる子はきれいに読めるものです。
 二つには、単位の書き忘れ・ミスがあります。式が合っていても答えが×なのです。
 三つには、式が立てられないということです。かけ算なのか、わり算なのか。
当てずっぽなのです。
 
 では、この3つを克服するためには、何が必要なのでしょうか。
 昨日の文章問題を例に考えてみましょう。


 1 かけ算かわり算の式にかいて求めましょう。

  ア 5/6㎥の水をためるのに、3/4時間かかった水道管で、
    1時間あたりにためることのできる水の量

  先:「○○くん、読んで。」     
  子:「(問題を読む)」
  先:「全員でもう一度、さんはい。」
  子:「(全員で問題を読む)」
  先:「自分でもう一度読んで。」
  子:「(再度読む)」
  先:「大事なことに線を引きます。どこに引きますか?」
  子:「5/6㎥ためるのに、3/4時間かかっています。」
  子:「1時間当たりの水の量を聞いています。」
  先:「答えの単位は何ですか?」
  子:「㎥です。」
  先:「答えの欄に ㎥ と書きなさい。」 
  先:「使う数字は何ですか?」
  子:「5/6 と 3/4 です。」
  先:「どちらを先に書きますか?」
  子:「 5/6  です。」
  先:「そうです。答えの単位が㎥なので 5/6   が先ですね。」
  先:「かけ算でしょうか。わり算でしょうか。」
  子:「わり算です。」
  先:「その通り。 3/4をかけると 答えが 5/6 より小さくなってしまいます。
     わり算が正解」
  先:「計算しましょう。」

◆このやりとりの中から、いくつかのことが見えてきます。
 まず、問題文を何度も読むということです。授業で声を出さなかったり、ボソボソ言って
いたりしたら、いい直しをさせます。
 次に、問題解決のために必要なキーワードには下線を引かせました。○で囲ませることも
あります。キーになることば・数字を浮き出させるのです。
 そして、答えの欄に単位を書かせています。単位は先に書いておくのです。
単位を書くことで式の最初の数字が見えてきます。
 その後、式を考えます。その際大事なのは答えの検討をつけることです。
 「答えは 5/6より大きくならないといけないな。」と考えることができれば、
「× 3/4 」とはしないのです。

   
 文章問題を解く手順  
〔簑衒犬鬚靴辰り読む
大事な所に線を引く
Eえの単位を書く
ぜ阿鮃佑┐襦(答えの検討をつけながら)

========================================−−−
ジャンル:
ウェブログ
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
トップ | できることなら→どうしても »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。