アメリカンコッカーな生活・・・略して【アメコカライフ】

大好きなAコッカースパニエルとの生活を綴ります。
(2011年12月スタート)

鹿俣山(玉原高原)・・・②

2016-10-24 21:36:10 | 
水源ルートに入ると・・・はい、しっかり登りコースになりまして

ここからグッと標高を稼ぐことになりそうで・・・。


しんどぉ~いと思いつつ、それでも色付いた景色を眺めながらの登りは楽しくて。

だってこんなに綺麗なんですもの


でもでも、水源ルードだけあって、何度もぬかるんだ登山道が出て来まして、その上に渡してある丸太を渡らなければならず、上も見たいんだけど、下も見ないと危ない、って状態がしばし続き・・・


そんなこんなで上見たり下見たり、私の場合はフィズも気遣いながら

こんな風に黄色の光が差し込む登山道を登って行ったのです。



辺り一面黄色だらけ。



これらも全部ブナなのかなぁ~・・・?



山を歩いていると時々見掛ける不思議な木。

どうしてこんな風に絡まったのでしょうか?


悩んだ分岐から登る事25分。

無事に最初の目的地である【長沢三角点鞍部】に到着したのでした(9:31)


スタートから約1時間。

ここで1本目の休憩です。





おやつを待つフィズ。



10分程休んだらブナ平目指して出発です

(9:38)


ここからはまたまた平坦な道が続きます。

山の中ですが、一応稜線なのです。
平坦な山道だぁ~い好き



差し込む光が気持ちいい。


さすが、ブナ平と言うだけあって遠くまで見渡せ・・・山の中じゃないみたいでした。

ただね、はっきり言って何処から何処までがブナ平なのか全然分かりませんでした
(クリックで拡大しますすよ)


こんなに黄色い中を歩くのって初めてじゃないかなぁ~・・・



景色を楽しみながら歩いていると・・・

おおこれが【ブナ地蔵】ってやつね。



ブナが朽ちて根っこだけ残って、長い年月が経ち苔むして、その姿がお地蔵さんに見えるからそう呼ばれているらしいですよ。


でもってこちらは。

【沼田の名木100選:シナの木】だそうで・・・。



樹齢の説明とかが無かったんだけど・・・そんなに無茶苦茶太いわけでもなさそうなんだけど・・・どうして選ばれたのかしらね?


なぁ~んて事を言いながら、途中で2本目の休憩を取り。



センターハウス(駐車場)への分岐を通り過ぎ。


赤い紅葉も楽しみながら



鞍部から歩く事53分。

いきなり目の前が開けた
・・・どうやらスキー場のゲレンデに出たようです。


案内板の下を見ると。

【鹿俣山40分】とありました。
・・・ほんとかなぁ~・・・と思う私たちなのでした(10:31)。


そしてゲレンデに出てみるとぉ~・・・・・・












続くのだ




























『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鹿俣山(玉原高原)・・・① | トップ | 鹿俣山(玉原高原)・・・③ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。