ウィステリア家具工房 ブログ

東京都あきる野市にて無垢材で家具を作っているウィステリア家具工房。仕事や趣味、日常の事を写真を添えて書き綴っています。

付け面 貼り

2016-10-17 21:03:04 | 家具製作
クランプやハタガネ総動員で付け面を貼ってます。

シナランバーに突き板合板を貼りプレスした後に木端に無垢の薄板を貼ります。 それを付け面と言います。

目を凝らしてじっくり見ないと無垢材なのか貼り物なのか分からないほど本物の板のようになります。その上伸縮しないし、綺麗な木目だし・・・。側板には最適。

付け面を貼り、接着剤が固まったら『目違いを払い面一(ツライチ)』にします。業界用語ですが、だいたい意味はわかるでしょうか?訳すと『段差を削り平面に』という感じかな。

まだまだ作業は続きます。無垢より作業工程は多いのですが、反りや伸縮をそれほど考慮しなくてよいので気持ち的には楽かなぁ~。



『クラフト』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貼り物 | トップ | シナランバー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL