女性政治家、女性候補者を支援

~ WIN WINウィンウィン ~

女性政治家、女性候補者を支援する
超党派のネットワークです。

第三期 6月度政経塾

2017-06-19 17:43:25 | 赤松政経塾

第三期6月度赤松政経塾

 

     1  日 時: 6月17日(土)18:00~21:00

           会 場: 国際文化会館 講堂

          出席者: 34名 

                                                   

               

 

          第一講義  大沼みずほさん 自民党参議院議員

                                      「働く女性の未来像~声なき声を政治の真ん中

                                                                                                        

                                                                     

                  第二講義 樋口恵子さん 東京家政大学名誉教授

                                    「地域創生・超高齢社会と女性の参画」

 

                           

 

 

        2.7月15日(土) 第三期の最終回です

               終了証書の授与式

                   映画「ベアテの贈り物」


この記事をはてなブックマークに追加

2017年 6月 おしらせ

2017-06-10 22:52:23 | お知らせ

お 知 ら せ

      

1.新会員のご紹介

      田村良香さん 5月20日入会

    東京都在住 1976年生まれ 会社員(病院長秘書)

2.5月18日に寄付をいただきました。

    元静岡県磐田市市議会議員の玉田文江様より 5万円

 

3.赤松政経塾 国際文化会館にて開催

     5月20日 出席者は34名でした。

     第一講義 佐々木さやかさん 公明党参議院議員 

                     「女性の連帯でよりよい社会を」

     第二講義 泉 宏さん 政治ジャーナリスト 

                    「女性活躍と政治」

   6月17日

     第一講義 大沼みずほさん 自民党参議院議員 

                   「働く女性の未来像 

              ~声なき声を政策の真ん中に~」

    第二講義 樋口恵子さん 東京家政大学名誉教授

                 「地域創生・超高齢社会と女性の参画」

  WIN WINのメンバーの方は電話かメールによる15日までの

   申し込みがあれば受講料3000円当日払いで受講することができます。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

2017年 6月 ニュースレター

2017-06-10 22:24:52 | 時代を視る

   時 代 を 視 る

       WIN WIN代表 赤松良子

        ニュースレター No.207  

   

今朝の新聞(2017年6月7日・朝日新聞)の漫画は傑作だった。そば屋に首相そっくり

のオジさんが座ったら、そこのオバさんが「こちらさん、『もり』『かけ』ダブルで」と大声を

あげているのである。首相(らしきオジさん)は、「印象操作だ」と怒っている。

一面には、「加計文書」の記事、社説は「説明責任は首相にある-加計学園問題」

とカケでもちきり。

 ところが二面は「改憲発議 突き進む自民」と、首相が九条改正へのハッスルぶりを

書く。そばの食あたりしないのかしら、と心配してあげているのに・・・。

 「カケ」問題というのは、はじめさっぱり訳が分からなかったが、文部科学省前次官の

発言でやっと概要が理解できた(ような気がする)。獣医学部という獣医さんを養成する

学部(長い間新設されていなかった)を加計学園という私立(首相と縁が深いらしい)の

学校に設けることを文科省が認めるにあたって、候補を一つに絞り込んだ。

その際官邸トップの意向を忖度(ソンタク・とても日本的な表現)したという文書があった

というのである。そんなはずがない。前次官の言っていることはおかしいと官房長官が

反論し、前次官のプライベートな行動まで持ち出し、人身攻撃をする始末。しかし、

同省の現職職員が「文書は省内でも共有されていた」と証言したと報道されては、

勝負あったと思われるのではないか。

 「モリ」の時も、はじめ首相は、森友学園など全く縁もゆかりもない。もしそんな事が

あったとわかったら、自分は首相も「国会議員」も辞めるとタンカを切ったのだが、

その後、関係があったと判明したが、首相や国会議員を辞められたという話しは

耳にしないし、何故気が変わられたのかの説明もさっぱり聞こえてこない。

 しかし、「モリ」や「カケ」などは、たかが蕎麦の問題で、本当に重大なのは

「共謀罪」なのかもしれない。70年前のことを言えば鬼が笑うか? 

いやあの「治安維持法」のことは忘れてはいけない。猛威をふるった法律だった

のだから・・・。

その法を思い起こさせる内容をもつものが、「一強」政治のもとではまたもや

生まれようというのか、そんなことを許してよいのか。

「治安維持法」が成立したのは「普通選挙法」とバーターだったと言われている。

国民すべてに選挙権を与える(女性は除いて)のが、先進国たる必要条件

だから、そうするが、その危険性を帳消しにすべく、国民の運動を厳しく取り締まる

という発想がまかり通る時代だったのである。今、18歳以上、女性を含めて全ての

国民は参政権を持つ。なんで「共謀罪」など認めるのか。国連の特別調査官も

疑問を呈したが、これに日本の官房長官が大変な勢いでかみついた。国会の会期末

が近く、何が何でも通さなければならない理由は何か? 次なるステップ=改憲(9条改正)

を見据えてのことに違いない。まずはあまり問題にならないところから手をつけて、

手続きを楽にし、やがて日本を「戦争をできる国」にする。次が「戦争をする国」なので

あろうか。15歳まで「戦争ばかりする国」に育った私の「絶対およしなさい」

が心からの遺言である。

                             


この記事をはてなブックマークに追加

第三期 5月度政経塾

2017-05-23 18:43:33 | 赤松政経塾

第三期5月度赤松政経塾

 

     1    日 時: 5月20日(土)18:00~21:00

           会 場: 国際文化会館 講堂

             出席者: 34名 

                                        

               

 

          第一講義  佐々木さやかさん 公明党参議院議員


               「女性の連帯でよりよい社会を」
             
                           
   
                                                 
 
 
 


      第二講義  泉 宏さん    政治ジャーナリスト

               「女性活躍と政治」
            
                             
                                                           
 
 

 

      2.6月17日 (土)18時より国際文化会館にて開催します。


        第一講義  松川るいさん  自民党参議院議員

                  「日本の課題と女性の力」


        第二講義  樋口恵子さん  

           


この記事をはてなブックマークに追加

2017年 5月 おしらせ

2017-05-11 12:18:36 | 第47回衆議院議員選挙

お 知 ら せ

     

  1.赤松政経塾

              4月15日の出席者は37名でした。

 

    第一講義 高橋はるみ 北海道知事

              「惚れ込んだ地域のために働く~計り知れない

                                                          魅力とやりがい」

        第二講義 坂東眞理子 昭和女子大学総長兼理事長

               「女性リーダー4.0~新時代のキャリア術~」

 

   2、5月20日 18時より国際文化会館で開催

       第一講義 佐々木さやか 公明党参議院議員

               「女性の連帯でよりよい社会を」

       第二講義 泉 宏 元時事通信取締役政治部長

                「女性活躍と政治」

 

     WINWIN 会員の皆さまは、15日正午迄にメール又はファックスにて予約し、

    当日受講料3000円を支払うことにより講義を聴講することができます。

 

                                 

 


この記事をはてなブックマークに追加