花日和

生到世間本無名 但到底結局是誰定

奢侈的午餐

2017年10月17日 | Weblog


昨日は3か月ぶりに会う友達と、前から約束していた、ちょっと贅沢なホテルランチをしてきました

今年の夏は痛い思いをして病院通いばっかりで、観たかった映画すら観に行けなかったので

ここらでこれくらいの贅沢は許してちょ

でも、折り紙付きの超級雨女の友達だけあって、昨日もやっぱり雨...(笑)

しかもかなりの強風で横殴りの雨...おまけに超寒いとゆ~(笑)

予約を入れた時はいいお天気だったのに、その日が近づくにつれてどんどん天気が悪くなって行くって...

そういえば、前にバスツアーで東京方面に行った時も結構ひどい雨で

六本木ヒルズの展望台からは何も見えなかったんだった...

どこか干ばつで困ってるところがあったら出張サービスで彼女が雨を降らせますよ~(笑)


昨日行ったところは、街中から少し離れた山の上にあるホテルで、駅前からシャトルバスが出てるんだけど

駅からたった40分の距離なのに、普段引き籠りの私たちにはちょっとした旅行気分(笑)

バスの中でも積もり積もった話でお喋りが止まらない~

でも、バスから下りたら辺りはこんな感じ...



ここのホテルのテラスダイニングは、本当ならこんな絶景を望みながら食事が出来るんだけど...



昨日は霧で真っ白~~ 何にも見えやしない~(笑)



ま... また絶景の方はリベンジするとして...とにかく美味しいランチを楽しむ事に

まずは、私は魚、友達はハンバーグにメインディッシュを決めたら

あとはブッフェで好きなモノを好きなだけCHOICEしまくり

貧乏根性で、ついたくさん持って来てしまったけど(笑)



どれもこれもビックリするくらいハズレが無くて、すっごく美味しくて、これじゃ足りなくて(笑)

中でも気に入った(今まで食べた中で一番美味しかった)生春巻きと、キッシュとチキンをおかわり~

メインディッシュの魚(鯛)も上品なお味で美味しくてあっという間に完食



デザートもフルーツ中心に持ってきたけど、最近ようやく復活してきた食欲はこれでは足りず(汗)



でも、もう少しでランチ第2部の時間になってしまう...という事で、ここで断念~

普段少食の私がおかわりしまくるので、友達がビックリするくらいつい食べ過ぎてしまったけど...

きちっととしたホテルのお料理は、洗練されていて本当に美味しくて

今度は絶対 天気のいい日に(笑)リベンジします


でも...友達がケーキをケーキサーバーで取ろうとしたらグッチャグチャになっちゃって(笑)



「うわ~すごい ケーキ買いに行った子供が転んで箱から出てきたヤツみたい!(笑)」

「写真撮らせて~」 「ダメ~」 「名前付きでついったに上げたげるから~」

「うるさい!お腹に入れば同じだし~」 みたいな事を言いながら笑ってたら

そこにいたシェフが急に後ろを向いて笑いをこらえていたんだけど...(笑)

「うるさい要注意客」 としてブラックリストに載ってない事を祈ります...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奇蹟

2017年10月16日 | 映画

《 奇蹟 》 (邦題 《 ミラクル/奇蹟 》)




先日の梅艶芳のお誕生日に、梅姐を偲んで 《 ミラクル/奇蹟 》 を観ました

私、この映画はジャッキー作品の中で1~2を争うくらい大好きなんです

が...今回レビューは書きません(笑)

ジャッキー映画は昔から大好きで、この映画も公開当時、劇場に観に行ったんだけど

当時はジャッキーの他は、元彪(ユン・ピョウ)、洪金寶(サモ・ハン)くらいしかお名前を知らなくて...

成龍組のお仲間も、顔はよ~く知ってるけどお名前までは知らない人ばかりで...

なので、私なりに少しは香港演員さまの顔と名前を覚えた今...

改めて(たぶん15年ぶりくらいに)観たら、また新しい発見がありました  

まずは張學友...出てるのは知らずに観ましたが、すぐに分かりました




ジャッキー演じるコオが紹介された稼ぎ先に行ったら、そこは全く違う会社で

ウチはそんな会社じゃない!帰ってくれ!と追い帰すだけの役でしたが...まぁ...客串だからね~(笑)

そして、梅艶芳演じるヤンをナイトクラブで見て惚れてしまうボンボン役の呂良偉さんを発見



この若き呂良偉さんが、のちに 《 風雲5D音楽劇 》 で、タムさまと同じ楽屋になるのかと思うと...(笑)

そして、ジャッキーの手下役で出てたこの人...周文健(マイケル・チョウ)さん...



《 全球通緝令 》 で、アーロン、トニーさん、タムさま、周文健さんの4人で四大探長演るんですよね

あぁ...タムさまと共演してる人が出てると萌える~

でも、全部観終わったあとで、まだ無名のヤムヤムがチョイ役で出ていたって知って

「え?ヤムヤム出てたの? 全然分からなかった~ チックショ~←(笑)」 と もう一度観なおしました

そしたら...いましたいました...あんまり若すぎて気付きませんでした




ちょっと今とお顔が違うのでこれは気付かないワ...という事にしといてください(笑)

最近...《 A計画 》 とか 《 半生縁 》 とか...ちょっと古き良き時代づいてる事もあって

若きジャッキーがビシッとキメた髪も、スーツ姿も、ワイシャツにサスペンダーも、帽子の被り方も...

改めて観たら、どれもこれもレトロでロマンチックで素敵でした






当時は、時代背景の事なんて何も考えず、ただ笑ってアクションを楽しんでいただけだったからな...

(でも、その方が純粋に楽しめていた気もするけど...)


しかし...大好きな映画なので、先日デジタルリマスター版Blu-rayを買ったんだけど...

たしかに無限の糸くずが動いてるようなノイズは無かったけど...時々ピンボケになるし...

日本語吹き替えで観てたのに、いきなり広東語・日本語字幕になって次のシーンで元に戻る...

みたいなシーンが数ヶ所...なんでこんな事になっちゃってるの~?

いくつかパッケージの違うモノがあったけど、私の買ったのがハズレだったのかな...

それとも...最初っから広東語に日本語字幕で観ろってことですか?

ハイ...そうします...楽して日本語吹き替えで観たワタシが悪うございました (笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

A計画 其之二十九(前編)

2017年10月15日 | 譚耀文


《 A計画 》 第29集を鑑賞


またまたクソ兄貴の陰謀で王子が酷い目に遭わされてるので、ストレスで観る頻度が激減...

覚悟を決めてPCの前でYoutubeを立ち上げても、なかなか再生の矢印がクリックできなくて...

意気地なし~ もう10年前のドラマなんだぞ~...と自分に言い聞かせて(笑)

チビチビ5分刻みで観て来てようやく半分まで行ったので、とりあえず前半のレビューを投下します

あぁ...あと残り8集なのに...こんなんで今年中に観終われるんだろか?


お父ちゃんの遺体を前に大岳が 「発作を起こしたけど薬が無かったから...」 って言い訳したら

「なんで心臓発作で顔にアザが出来るんだ」 と怒ったクソ兄貴は大岳に掴みかかったけど



大岳は 「オマエが薬を持って行ったから死んだんだろ...オレは既に1人殺してるんだよ」 と凄み



もめ始めた2人を止めたチンピラどもが、お父ちゃんの遺体を片づけようとしたら

「すぐ大口九に連絡しろ」 というクソ兄貴...また王子に罪をおっ被せるつもりかよ

その頃、牢の中では例のショボ~い広州肉湯王トリオが急に部屋を移動になって

代わりに入ってきた男は、王子たちに靴や虫よけを売り始め...

興味が無い3人に、今度は小ラッパのお母ちゃんの店のケーキを取り出したら

「なんでウチのケーキを持ってるんだ?」 と詰め寄る小ラッパ...

男は秘密の通路から外に出て、仕入れたものをムショの中で売って稼いでるんだと話し...

外に出られると聞いて浮かれる小ラッパに 「ヤツの言う事を軽々しく信じない方がいい」 と諭す王子



でも唐郎は 「ここにいれば殺されるだけだ」 と逃げる事に賛成

「逃げたら警察に追われるだけだぞ」 って反対してたけど、自分が行かないと2人も出られないと言われ

一緒に逃げる事にした王子...どう考えても怪しすぎるのに乗っちゃうんだ...

そして、誰にも見つからずあっさり外に出られた王子たちは、男の親戚だという家に行ったら

そこはお父ちゃんが監禁されていた家で、その中でお父ちゃんの遺体を見つけて泣き崩れる王子...




王子...可哀想に...(涙)

そこへクソハゲデブが部下を連れてきて包囲し 「中にいるのは凶悪犯だ、出てきたら撃ち殺せ」 と命令



そして 「賀定国!父親を誘拐して口封じに殺した事は分かっている、証拠もあがってるぞ」 と喚き

自分を陥れただけじゃなく、お父ちゃんまで殺されて、怒りに震えた王子は我を忘れて飛び出そうとして

必死で止める小ラッパと唐郎...王子...今までにこんなに取り乱した事なんて無かったのに...(涙)

そして、怒りで我を忘れた王子をぶん殴って気絶させた小ラッパは、唐郎と共に投降...



でも、外に出たところを容赦無く撃とうとしたクソハゲデブ

そこに乱入してきた小ラッパのお母ちゃんと小慈は警官どもを倒し

お母ちゃんに倒されて、小ラッパに拳銃を突き付けられたクソハゲデブは情けなく逃げ出し

お母ちゃんは 「私たちはもう指名手配犯だからどこかに隠れないと」 と逃走

一方、お父ちゃんの遺体と対面したクソ兄貴はワザとらしい演技しやがって

クソハゲデブに詰め寄って 「誰がこんな酷い事を?」 って...オマエがやったんだろが



そこで曼妮に聞かせるように 「全て賀定国の仕業です!犯行がバレそうになって小ラッパたちと脱獄し

口封じに父親を殺して逃走しました!ヤツの本が隠れ家にありました」 と報告するクソハゲデブ

部下に 「凶悪犯だから見つけ次第殺しても構わない」 って命令しやがって

「格殺勿論」 って言葉はワルのタムさまが手下に命令する言葉なんだよ

コレをテメ~に言われるとムカつくんだよこのクソヤロ~ (← ばっかり(笑))



でも王子...指名手配書までステキよ~ (...とでも言ってなきゃやってらんない~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

很型男

2017年10月14日 | 譚耀文


昨日、タムさまが微博にUPしてくれた画像を見て

哀愁漂う表情があまりにも素敵なので、昨日から見つめてはため息をついてます



これが映画の劇照なのか? それともオフショットなのか?...よく分かりませんが...

どうして哀しそうな顔をしているんでしょう?...そんな顔をされたら気になって仕方ありません



また大人カッコいいタムさまに撃沈されました (笑)


私は 「イケメン」 という言葉は安っぽくて好きじゃないので置いといて...

日本語だと...「カッコいい」 「いい男」 「色男」 「二枚目」 「男前」 「眉目秀麗」 「端正な顔」 等々...

素敵な男性を褒める言葉が色々あって、日本語だったら色々な言い回しも出来ますが...

これが広東語だと...

カッコいい → 「有型」 (ヤウイェン)

カッコいい男 → 「型男」 (イェンナム)

ハンサム → 「靚仔」 (レンヂャイ)

魅力的 → 「有吸引力」 (ヤウカップヤンリッ)

男らしい → 「有男人味」 (ヤウナムヤンメイ)

くらいしか知らなくて...(汗)

これに 「好(ホウ)」 (とても) や、「 非常(フェイション)」 (すっごく)を付けるパターンで

いつもタムさまの顔本にコメントしているので...

「あの子いつも同じ事ばっかり言ってるな」 って思われてやしないかと心配で...


どなたか、もっと香港ネイティブで、カッコイイ男性を褒める言葉をご存知でしたら

どうか未熟なワタクシめに教えてくださいませ~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プリズン・ブレイク seasonⅤ

2017年10月13日 | Weblog

《 プリズン・ブレイク~seasonⅤ~ 》


シーズン1から観てきて、シーズン4で主役のマイケルが死んでしまったので、これで終わりだと思ってたら

去年、また新たにシーズン5を撮るという噂を聞き、マイケルも復活すると聞いて楽しみにしていました




マイケルはすでに死んじゃってるので、全く別のお話?...それとも実は死んでなかった的なお話?

と楽しみに観始めたら...実は死んでなかった的な方でした(笑) (以下ネタバレあり)

登場人物はこちらで

中華モノの長~いドラマに慣れた身には、全9話で終了は 「短っ」 って感じでした

今までの刑務所もなかなか劣悪なムショだったけど...今回は中東イエメンの刑務所という事で更に劣悪

ムショから出ても治安最悪の国から出られない...



その上、組織のボス、アブ・ラマールを殺してしまったので過激派組織にも追われるという...

やっと地獄のようなプリズンをブレイクしても(笑)全然安心できない展開で

しかも、マイケルが自分を死んだ事にしてまで護った、愛しのサラと息子を人質に取られてる状態で...

でも自分は思うように動けなくて...とにかく、今まで以上にもどかしくてハラハラしました

マイケル...また更に暗号入り刺青が増えていて、ついに手の平にまで...



でも、手の甲の刺青で顔認証をパスしたのは、イヤイヤイヤ~それは無いワ~ だったけど(笑)



そして...実は影のボスだったジェイコブの野郎が、死んだ事になってるマイケルの妻サラと再婚して

サラを愛してしまい、ジャマになったマイケルを裏切って消そうとする...というくだり...

もうジェイコブがクソ兄貴、マイケルが王子に思えて仕方なくて...(← 《 A計画 》 のトラウマ(笑))

それからはも~感情移入がおかしな方向へ...(笑)

だって、愛する人は黒幕と結婚してるし...王子も無実の罪でムショに入れられてるし...



リンカーンは命懸けでマイケルを救出に来てくれたから、さしずめ小ラッパだな...

(坊主はおんなじだけど、デカさが違~う(笑))



なんて思ったら、もう私の頭の中では、ハリウッド版 《 A計画 》 になっちゃって(笑)

(お金の掛け方と脚本が雲泥の差ですけど...(笑))

最後...ムショに入れられたジェイコブが 「こんなとこすぐにオサラバするさ」 なんて余裕ぶっこいてたら

上のベッドから下りてきたのはTバッグで、おそらく息子を殺された恨みでボッコボコにされたと思われる

ジェイコブの悲鳴が響き渡る刑務所の遠景...というラストにスッキリしました(笑)

そっか~ クソ兄貴には刑務所で同室になったヤロ~に毎日可愛がられて永遠に続く地獄を味わう...

ってのもいいな(笑) 王晶導演 《 A計画 》 も、ぜひそうしてください クソ兄貴に酷い制裁を...

(↑ イヤ...その話...もう10年前に終わってるから...)

私は脳ミソがアレなので(笑)途中から変な観方になっちゃったけど...とっても面白かったです

短いしサクサク観て行けると思いますので、気になった方はぜひ一度ご鑑賞くださいませ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美麗戰争

2017年10月12日 | 譚耀文


この秋に入ってから次々と新しい映画の撮影が始まって、今のところ分かってるのは

《 葉問外伝・張天志 》 《 辣警覇王花2 》 《 L風暴 》 《 聖荷西謀殺案 》 《 全球通緝令 》 の5本

そんな超多忙なタムさまに、また新しい映画の話が飛び込んできました~ も~ビックリ

新しい映画のタイトルは 《 美麗戰争 》 で、昨日、開鏡式が行われた模様です

よく見ると派手柄のスーツ(@お衣裳)でお線香をあげるタムさま 可愛い笑顔




撮影は無鍚で行われてるみたいだけど...やっぱりカメラに掛けた紅布を取る儀式ってやるんだ...



後ろに“スーパーモデルコンテスト”って書いてあるって事は、そういう内容の話だと思われます

タムさまは審査員?...前の名札にタムさまの役名が書いてあるのに...よく見えな~い



モデルさんの美の戦いみたいなお話だからなのか?この映画もオナゴだらけです



これが、例の同時5本撮りの、謎だった残り2本のうちの1本なのかな?

凛々しいお顔のタムさま...赤ワインを少々飲まれたようです



そして、タムさまのスマホケースはグリーンと黒のツートンだという事が判明しました(笑)



それからこのGジャン 《 毒。誡 》 香港首映禮の時のと同じヤツです...って事は私服だったのか...

減肥した体型をしっかりキープされていてスバラシイ~ お肌もとっても綺麗~



すでに撮り終えたモノもあるけど、まだ2~3本は掛け持ち撮影中だと思われるので

どうか身体に気を付けて、怪我しないように撮影頑張ってください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

半生縁

2017年10月11日 | 譚耀文


2002年に公開されたタムさま主演の 《 半生縁 》 というドラマに

今、リメイクの話が持ち上がっていて、粉絲がネットでザワザワしています(笑)



これが本当の話なのか?ただの噂なのか?...もし本当だとしてもまたタムさまが出るのか?

詳しい事はよくわかりません...(なにせ中国語の微妙なニュアンスまでは汲み取れないので...

このドラマのタムさまはウブくてすっごく可愛くて、とても32歳とは思えません





キャ~タムさまが憧れの頭ポンポンしてる~



でも...そんな可愛いタムさまが出てるのに...Youtubeとかで探せば観られそうなのに...

今までスルーだったのは、マトモに見られそうにないジャンルのお話だからです...

恋愛モノはやっぱりダメです ...画像だけで死にそうです (笑)




もしリメイクが現実になって、またタムさまがキャスティングされたら...

観たい...でも観られない...というジレンマで悶えまくるんだろうな...

ってな事を考えただけで、もう悶々としてるワタシ(笑)なんでこんなになっちゃったんだろう?

そんな感じなので、色んな意味でビクビクしながら(笑)続報を待つ事にしま~す

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

全球通緝令

2017年10月10日 | 譚耀文


(※ 昨日やっと“緝”という字が日本語で 「しゅう」 と読む事を知りました

夏の終わり頃に、郭富城、梁朝偉、譚耀文、周文健の4人が四大探長を演るという一報が出て

9月から撮影に入るって聞いてからずっと楽しみにしていた 《 全球通緝令 》 ですが...

なかなかクランク・インの話が聞こえて来なくて...でも、なんか佛山で撮影中という噂もあって...

本当に撮ってるのか?...本当にタムさまは出るのか?...と、ビクビクしていたところ

昨日、アーロン自身がインタビューでこの事を語った、というニュースが入って来ました

それによると、まだ植民地時代...汚職がひどい頃の香港が舞台で

演員さまは1960年代から90年代までを演じるという事...

(って事は、もしかしてタムさまの老け造型も見られるのかな?)

導演は翁子光、そして出演者は、郭富城、譚耀文、金燕玲、白只、春夏という

まるっきり 《 踏血尋梅 》 チームフル出演みたいな顔ぶれだということです




(せっかく踏血尋梅組がまた集結するんだから、ドイルさんに撮って欲しいな...そして

《 踏血尋梅 》 受賞ラッシュの時、この中でタムさまだけが受賞してないので、今度こそ...きっと...

でも、また 《 踏血尋梅 》 組の一員として呼んでいただけたという事は

これもタムさまが撮影中に導演さまといい関係を築いていた賜物でしょうか?



まだ撮り始めたかも分からないのに気が早すぎですが...

また、撮影中や慶功宴や首映禮で、こんな仲良さげな姿を見たいものです



あ、お手手つないでるヤツもネ



昨日は梁朝偉のお名前は出ていませんでしたが、確かにタムさまは出演するようなので一安心しました

あとは、早く開鏡式を開いてタムさまの造型をお披露目してくださ~い
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

捜神記 其之十八(後編)

2017年10月09日 | 譚耀文


《 捜神記 》 第18集(後編)


細腰の暗黒術で何も見えなかったけど、小呆が光を放って辺りは昼のように明るくなり

伏羲は 「私以外に大光明術を使える者がいるのか?」 って言ってたけど...これも夙和の力なのかな?

明るくなった句芒府で神農と句芒は戦いになり、涙ながらに兄弟子を攻撃する神農は



戦いながら一生懸命句芒を説得し...「誰の命令でこんな事を?」 と聞かれ一瞬戸惑う句芒...

そしてスーさまの事を喋りそうになった句芒は、口封じに細腰に刺されてしまう...

瀕死の句芒に香葯は 「河図はどこにあるの?」 って聞いたけど頑として喋らない句芒...



そこで、読心術で句芒の心に聞いたら 「私がダメでも大黒山の主人はきっと成功する」 って言っていて

思いがけず邪毒事件の黒幕の正体を知る香葯...そして、あまり役に立たなかった句芒は絶命...

一方細腰はスーさまの前に跪いて 「私が無能なばかりに任務を失敗しました...どうか私に罰を」 と謝罪

「あの邪魔な3人を消しましょうか?」と言う細腰にスーさまは



「邪毒を発散したらどのみち逃げられない...私が自ら出向こう...人を集めておけ」 と命令



いよいよスーさま自ら出撃なさるのね~

そして香葯は、句芒の心を読んで聞き出した 「浩然正気」 の溜まっている場所に行き

小牛の嗅覚を頼りに結界の弱い場所を探し出し、小呆が一撃を加えると

そこには、小奈と如玉率いるスーさまの手下が待ち構えていて、みんな入り乱れての戦いに...



その頃、スーさまと細腰は地下の地脈にいて、細腰に計画を説明するスーさまは



「お前たちがこんなに無能だとは思わなかった...」 って...



スーさまはあまり感情を出さないけど、実は静かに怒ってるから読めなくて怖い~

大王さま~ どうか怒りを御鎮めください~ (※スーさまは大王ではありません(笑))



「どうか私に罰を...」 と言う細腰に 「今夜の計画を成功させて償え」 と言って一粒の毒珠を取り出すスーさま

「これが最後の一粒だ」 って言ってるけど、何故か余裕の笑みで 「これで充分だ...」 って



あ、珍しくスーさまが笑ってる 可愛い~

香葯たちが戦ってる所に伏羲と神農も到着したけど...伏羲...竹ぼうき持ってるのかと思った(笑)



細腰はスーさまに 「もうすぐ天下がボスのモノになりますね」 と言ったら



「私は天下が欲しい訳じゃない...私の目的はただ1人の願いを叶えることだ...」 と語り出し

「彼女はこの世界を変える事は難しいと言った...だが私はこの世界を変えたい...

そして皆を私の前に跪かせてやる...皆がどんな顔で私に許しを請うか見てみたい」 と...

スーさまは虐げられた悲しい生い立ちのせいで、世の中のみんなを恨んでるんだね...(泣)

「しかし...完璧な邪毒が無い以上、彼らが死ぬか私にも分からない...

こんな事を言ってもオマエには理解できないだろうな...」 と言われた細腰は

「理解出来ても出来なくても、私はボスについて行きます」 って言ってたけど...

わ...ワタクシめも、どこまでもついて行きますっ

そこに、とうとうスーさまの所までたどり着いた香葯と小呆が入ってきて

小呆の姿に変わってから初めて対面する、夙違(兄)と夙和(弟)...





キャ~ ワル顔のスーさまカッコいい~

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

A計画 外傳(笑)

2017年10月08日 | 譚耀文


(※ これから先に書いてある事は、あくまでも役に対してであって、中の人には一切関係ありません)


王子は、正義感にあふれて真っ直ぐでキレイな心を持ってる人だから



あんなに酷い事をしたクソ兄貴の事も、きっと法に則って裁こうとするに違いないので

(まだ思いっきり途中なので、あくまでも想像です(笑))

愛しの王子にたっくさん酷い事をされて、怒り(殺意)が収まらない私が

王子に代わってクソ兄貴に制裁を加えたいと思います

(王子の手は汚させません...汚れ仕事はワタクシめが...)



制裁の方法は...まず、いつも紳士ぶってるクソ兄貴の服を脱がせてスッポンポンにして縛り上げます

いつもカッコつけてビシッと決めてる髪も丸坊主にしてやります (あ、福康安だ(笑))

そして、気の済むまでブン殴った後で、数々の罪状と共に公衆の面前に恥ずかしい姿をさらしてやります

もちろん、愛しの曼妮にも軽蔑の目で蔑みの言葉を掛けてもらいましょう

アイツはプライドが高そうだから、これでかなりのダメージを喰らわす事が出来るでしょう


そして、数日間晒して精神的に罰したら、今度は肉体的な罰を受けてもらいます


何人も殺したんだから当然死刑ですが、イッキに殺したんじゃ私の気が収まりません(怖い)

妬みと嫉妬で愛しの王子を逆恨みし、何度も王子にモルヒネを打たせて王子をヤク中にして

その間に王子の恋人を奪って結婚し、総警司としての前途ある将来も台無しにして

しかもお父ちゃん誘拐や柳姐殺しの罪まで着せそうとクソハゲデブと結託して王子を投獄して...

挙句、財産欲しさにお父ちゃんを殺して、その罪まで王子のせいに...(今現在ここまで...)

それ以前に、婚約者を窒息させて殺し、実の母も階段から突き落として植物状態にさせてるんだから...

そんな最低なクソ野郎は簡単には死なせません

まずは王子にしたように牢に監禁して、逃げられない絶望の中モルヒネを毎日注射してやります

王子がどんな思いで薬漬けにされて行ったか...王子が味わった苦しみをオマエも味わうがいい(怖い怖い)

そして充分ヤク中に仕上がったらいきなり薬を止めて、今度は禁断症状の苦しみを味わわせてやります

でも王子のように治療はさせません...永遠に続く禁断症状の苦しみをじっくり味わうがいい(怖い怖い怖い)

そして、最後はやっぱり凌遅刑が妥当だと思います (分からない人はググってみてね)

それも1ヶ月くらいかけて...ゆっくりと...確実に...フフフ... (怖い怖い怖い怖い~~


あ、そうそう...クソハゲデブを忘れてた(笑)



コイツは所詮小物だけど...クソ兄貴の権力を笠に着て、散々王子を苛めた罪は万死に値するので

当然コイツも死刑です でも、コイツは小っさいヤツなので、散々ぶん殴って泣かせた後で

裸にひんむいて罪状と共に民に晒し、あとは好きなように民に裁いてもらいましょう...

怒った民に少ない頭髪をむしらせ(笑)詰ったり唾を吐きかけたり殴ったり蹴ったり...当然...死ぬまで...


キャ~ なんて残酷なんでしょう~私ったら~

でも、何ひとつ悪い事をしてない愛しの王子が、汚いやり口でいじめ抜かれて、毎回すごくムカついて

これくらいの殺意を持って 《 A計画 》 を観てるんだという事がお解かりいただけたかと...

(まだ観てないけど)お話し的に、せいぜい“クソ兄貴を逮捕する”程度の生ぬるい結末な気がしたので

私の溜まりに溜まった鬱憤を、ここで妄想という形で吐き出させていただきました(笑)


そういう事なので、今ストレスがすごくて先に進めません... 王晶導演...やり過ぎです...
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加