花日和

生到世間本無名 但到底結局是誰定

A計画 其之二十五

2017年08月31日 | 譚耀文

《 A計画 》 第25集を鑑賞


小ラッパの背中の刺青を確かめようと、水を持って小ラッパをつける小莉と大岳



でも、偶然小ラッパが水をぶっ掛けられたので、家に連れて行って着替えの時に覗いたら

シップが貼ってあって刺青が見えず...

そこで特別なシップを小ラッパにプレゼントして、使用済みのシップをゴミ箱を漁って探し

火で炙ったら刺青が浮かび上がって大喜びの2人...



そして、どうなってるのか分からないけど、2人の刺青の場所を押すと光るハイテクな宝箱(笑)



開いた宝箱からはひとつのカギが...



カギは貸金庫のカギで、金庫を開いてみると、少しの金貨と英語で書かれた手紙が入っていて

すごいお宝が出てくると思ってた2人はガッカリ...

でも小莉...結婚10日目記念日とか言ってご馳走作っちゃって、大岳と仲良さげにしちゃって

なんか楽しそうだな もう王子の事はいいのか? (← ちょっと面白くない(笑))



大岳は金貨で船を買って兵を集め、また新しい海賊団を旗揚げしたいと思ってたのに...

小莉は金貨で家を買って残りは貯金するって言って...お金を自由に使えない大岳は不満げ

そんな大岳に近づいて来たクソハゲデブは、お金を渡して何か悪事の手伝いをさせるつもりみたい

そして、その事をクソ兄貴に報告したら 「定国の行方は分かったのか?」 と聞かれ

「ヤツと母親は戒毒専門の教会に移ったようです」って...クッソ~...もうバレてるのか

教会に差し入れに来た曼妮から、お父ちゃんの意識が戻った事を知らされたお母ちゃんは

早速お父ちゃんのお見舞いに行ったら、クソ兄貴が出て来て 「何しに来た」 ってエラソ~に



部屋に入れてもらえなくてクソ兄貴と揉めるお母ちゃん...そんなお母ちゃんを庇う曼妮...

家に帰って、お母ちゃんを庇った曼妮を激しく責めるクソ兄貴は

曼妮が昔王子からもらった手紙を出してきて 「まだ定国の事が好きなのか?」 と激しくなじり



手紙をビリビリに破った挙句 「もうオマエは信じられない」 と曼妮をひっぱたいてしまう...



曼妮...ようやくクソ兄貴の横暴な本性が分かったようだけど...今さら遅いんだよ

クソ兄貴も、そんなに王子に劣等感を抱いてんのか...小さいヤツだな...


一方、小ラッパの店にケーキを買いに来た柳姐は気分が悪くなって倒れてしまい

唐郎が慌てて駆けつけると、柳姐は 「おめでたよ」 って..いつの間にそんな事になってたんだ...

「パパになったぞ~」 って大喜びの唐郎を見て失恋した小ラッパのお母ちゃんは



その夜、大酒を飲んで酔っ払い、慰めて一緒に飲んであげる小ラッパも孝行息子だね



でも、お母ちゃんは酔った勢いで 「先祖代々名補だと言っていたけど、本当は代々大賊だった」 という

衝撃の事実を話してしまい...ショックを受ける小ラッパ...

翌朝、先祖の肖像画を描いた店に画を持ち込んで事情を聞くと 「この画は指名手配書だ」 と言われ

20数年前に女の人が持ちこんで来て官服に加工したと...

お母ちゃんの話が事実だと知った小ラッパは

「今まで名補だと思って尊敬してきた父や爺ちゃんが賊だったとはな...」

と、捨てゼリフを残してどこかへ飛び出して行ってしまう


王子は出て来なかったけど、今後の伏線となりそうな事件がいくつか起こったので

頑張って流さずにストーリーを追いました...が...

美しいスーさまに逢いたくて観た 《 捜神記 》 も2集に亘ってタムさまが出て来なくて...

それでは...と萌えを求めてこっちを観始めたのに、こっちにも王子が全然出て来なくて...

も~欲求不満爆発でブチ切れですよ 私が萌え切れで死んじゃう前に王子~カモ~~~ン

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

捜神記 其之十一・十二

2017年08月30日 | 譚耀文

《 捜神記 》 第11集・12集を鑑賞


2集分まとめてという事でお判りの通り、2集に亘ってタムさまが出て来ませんでした(泣)

タムさまが出て来ない時は、信じられないくらい観るモチベーションが下がるので

かなりあらすじを端折りますことをお許しください


官兵に追われた3人...香葯は男装、小呆と小牛は女装をして逃げ回ったけど

ご覧のとおりのクヲリティーなのですぐ官兵に見つかってしまう...うぅ...夢に出そう



埒が明かないので、香葯は久しぶりに他人の心の声を聞く能力を使って神農を探す事にしたけど...

香葯...紅鸞の能力を使ってる時は紅鸞みたいに目が赤くなるんだね



そして、香葯がこの能力を使ってる時に小呆の胸が苦しくなるのは、夙和の潜在意識なんだ...



この3人のドタバタはしばらく続き、ついにお尋ね者の人相書きが貼られてしまい

町の人からも追われる事になったので、井戸の底に隠れる3人...



(しかし...クッシャクシャな人相書きだな...これじゃ顔見えないじゃん...

そんな状況なのに、神農に会うまでは意地でも帰らないと言う香葯...

小呆...香葯を好きなのに香葯が結婚したがってる神農探しを手伝うって...切ないね...



そして、王府に戻った伏羲の元に句芒が薬を持って来たけど...どう見ても反骨の相が出てるな...コイツ...



伏羲はスーさまの一撃が元でまだ苦しんでる様子...さすがスーさま(笑)

そして、後継候補のもう1人神農は伏羲に跪いて



「王府を出て毒に苦しんでる大勢の民を助けたいのです...この国にはあなたが必要です!

民にはあなたが必要です!神農にはあなたが必要です!どうかお身体を大切にしてください」

と泣いて訴え、後ろ髪を引かれながら王府を出る神農...



でも、王府を出たところで小呆と小牛に拉致され、香葯の所に強制連行(笑)

やっと会えた未婚夫なのに、香葯はやたらと強気で酷い目に遭ったと神農に文句を言い



「官兵から逃がしてやる」 という神農に 「冤罪を着せられたまま逃げる訳にはいかない」 って...

香葯...神農の事を好きというよりも、結婚するために意地になってるだけなのかな?

神農は、香葯と結婚したら捕らえられて、町の人になじられて卵をぶつけられて

伏羲にも見損なったと言われ、後継者候補からも外される...という悪夢を見てうなされ(笑)

香葯に 「今は王位継承が掛かってる大事な時期だから、もうしばらく待ってくれ」 と結婚を引き延ばし

「結婚してくれるなら、少しくらい先になってもいいわ」 って、すっかり妻気取りの香葯

でも、神農は結婚する気ゼロみたいだゾ~

そして、伏羲の前で王城の民をどうするか話す句芒と神農...



伏羲は神農の意見を容れ、面白くない句芒は山の中で剣を振り回して暴れていたけど

そこに細腰が現れて句芒の頭に着地 おぉ スゲ~バランス感覚(笑)



細腰と句芒は戦いになったけど、句芒ってば、いきがってる割にすぐ捕まっちゃって...弱っ



2集に亘ってスーさまが一度も出て来なくて(泣)かな~りつらい修行でした...

でも...最後に細腰が出てきたから、きっと...次こそは...


PS...スーさまが出てこなくてツマラナイので、またタムさまの自撮りを貼り貼り

カラコンを付けたタムさま 紫の瞳が神秘的で美しい~



この妖しくもステキなスーさまが出て来るシーンが楽しみです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

辣警覇王花2之阿修羅

2017年08月29日 | 譚耀文



タムさまは昨日 《 辣警覇王花2之阿修羅 》 という新電影の開鏡式に出席されました



昨日夜遅くに突然アップされて、何の事か分からずに夜中1人でオロオロしちゃったんだけど(笑)

最近は、この前撮影が始まった 《 葉問外傳・張天志 》 と、来月から撮影に入る 《 全球追緝令 》

この2つに全神経を集中していたので、いきなりの伏兵登場(笑)に目が点になりました




最初、これが映画なのかドラマなのか分からなかったので調べたら

この映画の1に当たる 《 辣警覇王花 》 という映画がいくつかHITしました...が...

アクションを頑張ってる(← 文字通り)オナゴばかりで、食指が伸びるお話ではなさそうです

今回の2もアクションを頑張ってるオナゴの、格闘技や射撃の事前特訓風景がようつベに上がってました

(でも、タムさまはいないので貼り貼りしません(笑))

このお隣にいる袁文傑(アンドリュー・ユン)さんという方(ゴメンナサイ存じ上げません

タムさまとは 《 縦横四海 》 で共演していたようで、16年ぶりの共演だそうですが




身長が190cm もあるので、珍しくタムさまが小さく見えます(笑)



しかし...そんなオナゴだらけのアクション片で、タムさまはいったいどんな役なんでしょうか?

タムさま曰く 「二重人格(!)の役で、今日から精神分裂開始~」 だそうですが...
そう言われるとますます解らなくなるぅ~ (笑)

なんだかよく分からないけど...ちょっとイヤミな上司的造型にも見えるし...反派なのかな?

そして...まさかの映画3本掛け持ちなんでしょうか?

う~ん...色々と話題が豊富になってうれしいんだけど...大丈夫なのかな?

もしかして、張天志はそんなに出番が多くないから出来ちゃうとか?(単なる憶測です(笑))

いずれにしても、また新しい楽しみが出来ました 激しく続報希望~


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神社巡遊

2017年08月28日 | Weblog

昨日は、SUPER GT 第6戦鈴鹿1000kmレースだったんだけど...

御朱印集めツアー(笑)のお誘いが来たので少々迷っていました

というのも...ZENTチームは、優勝したり表彰台に上ったりしたのでポイントランキング上位にいて

※ウェイト82kg、燃料流量リストリクター径2段階というハンデを負っているので

今回のレースは上位に来るのが厳しい(観ていて非常にストレスが溜まる)のが分かっていたから...

(※ 同じチームが勝ち続けないように、速い車には性能調整ハンデがつけられます)

そんなもどかしいレースでも生中継を観て応援したい...でも、御朱印集めにも惹かれる...

と、1日迷った挙句、今回はレース観戦はあきらめて御朱印集めの方を取りました

(でも、さすがに気になるのでスマホで逐一レースの動向はチェックしていましたけど...)


昨日4ヶ所回った中で一番のお気に入りは、空間が広々としていて大好きなここ 「護国神社」

今のところに引っ越す前は、HIROの七五三や初詣でよく行っていました



(お盆に行われた 「万燈御霊祭」 の名残がまだありました)

そして、この後 「静岡浅間神社」 に行ったんだけど...ここがなかなか大変でした(笑)

今まであまり行った事がなかったので知らなかったんだけど...

この神社は 「神部神社」 「浅間神社」 「大歳御祖神社」 の3社から成り(「静岡浅間神社」は総称)

広い敷地内には他にも境内社として 「麓山神社 」 「八千戈神社」 「少彦名神社」 「玉鉾神社」 があって

つまり...ここだけで7社(総称の御朱印もあるので8社)の御朱印がもらえてしまうという

御朱印ガール(ガールじゃね~だろ)にとっては夢のパラダイスのような場所(笑)

でも...御朱印をもらうにはそれぞれの神社をお詣りしなくては...と、全部を回ったんだけど...

敷地が広いし、クソ暑かったし、中には急な石段を100段以上登らなくちゃ行けない社もあったりして

なかなかどうして、ここだけでかなりハードな事になりました...

疲れて写真を撮る余裕が無かったので(笑)代わりに昨日デビューさせた“御朱印ポーチ”ちゃんを...



でも、日帰り手術から3日目にしてはよく頑張って歩きました と、自分を褒めておこう(笑)

という事で、昨日だけで一気に10個増えた御朱印たちです



PS...レースの方ですが...やっぱり御朱印ツアーを選んで正解だったかも...

後方スタートのZENT号は、序盤に他車に接触されて順位を落とし...

さらに中盤には他車と接触しそうになってコースアウトして、さらに順位を落とし...

その後、ピット作業違反でドライブスルーペナルティーを受け、また順位を落とすという

なんだか踏んだり蹴ったり状態なレースでした(涙)
でも、まだチャンピオンの可能性は残ってるし...次戦はちゃんと応援するから、頑張れZENT号~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

可愛的睡容

2017年08月27日 | 譚耀文


少々弱ってたので、元気になるためにタムさまに萌えをもらおうと観始めたのに...

《 A計画 》 も 《 捜神記 》 も、どっちも全然タムさまが出て来なくてイライライライラ...

そんな時は自分で自分を鼓舞するしかない...という訳で、いつものヤツ(笑)

タムさまの可愛い寝顔(寝姿)をコレクションしてみました


これはなんの映画か分かりませんが、ちょっと若い頃のタムさま...お顔の横のお手手が可愛い~



《 霹靂火秦明 》 @秦明さまは、武将らしい凛々しいお顔でうたた寝

「風邪ひきますよ」 って言ってそっと毛布を掛けて差し上げたい...



《 A計画 》 @王子...無防備な寝顔のアップはたまりません チュ~したくなる唇です



《 愛在深秋 》 @家輝...酔って寝ているタムさまと対峙する2人のオナゴ...

下のオナゴは脱がそうとしてるのかな? (ハイ...いい加減DVDを観て確かめま~す




《 雪山飛狐 》 @田さま...こちらも酔って寝てしまったけど...寝顔もしっかりワルっぽく見えます




《 王の後宮 》 @汪直さま...西廠の長官がそんなに無防備な顔していいと思ってんのか~ ハァハァ...



《 踏血尋梅 》 @煙鏟...残念ながら寝顔は見えないけど、腕が美味しそう~



《 土地公土地婆 》 @福徳ちゃん3連発...福徳ちゃんは寝顔が多かったな...

これは寝てるんじゃなくて気絶させられてるんだけど(笑)美しい寝顔です



これはなんか幼く見えて可愛い~ 中身は薄いお寝間着1枚なんですのよ...うふふ



これは絶対狸寝入りでしょ(笑)可愛いからなんでもいいんだけど~(笑)



《 鳳凰牡丹 》 @伯建さま...この寝姿はすごく色っぽかったです  

「朕のココ空いてますよ」(笑)「え?いいんですか?じゃ遠慮なく 」 って隣に潜り込みた~い



あぁ...クソ暑いのに煩悩がスゲ~な~って自分でも思う今日この頃...

でも、こういう事をやってると確実に元気が出るから...ま、いっか(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

笙哥開拍♪

2017年08月26日 | 譚耀文


夏の初め頃からすでに撮影は始まっていて...でも全然知らなくて...

つい先日タムさまが出演することが判明した途端、急に気になりだした (← ゲンキン(笑))

《 葉問外傳・張天志 》 ですが、ようやくタムさまの撮影が始まったようです

昨日タムさまが顔本に上げてくれた、笙哥の造型の自撮りです



キャ~カッコいい~ シブい~ 腕も美味しそう~ (笑)

こちらはタムさまが撮った笙哥目線のセットの様子...



何度も懲りずに悪い事をして、その度にド兄さんにグイグイされる笙哥は情けなくも可愛かったけど...

今回は葉問はいないし、せっかくワイルド系のカッコいいお姿なんだから...

どうか今回は笙哥がボッコボコにされたりしませんように...(笑)


《 葉問外傳・張天志 》 は、葉問のスピンオフ的な映画で、張天志自身は実在の人物だけど

タムさま@馬鯨笙は当然架空の人物なので、いなくてもお話は成り立ってしまうのかもしれません...

でも、またこうして再び “葉問劇組” に声をかけてもらって一緒にお仕事ができること...

スタッフから親しみを込めて 「笙哥!」 って呼ばれる事を、タムさまはとても感謝していました

これも普段からタムさまが、導演さまやスタッフの皆さまといい関係を築いてるおかげでしょうね

どうかこのご縁で 《 葉問4 》 の方からもお声が掛かりますように...


しかし...長~い天岩戸へお籠りの後で、こうして撮影が始まると、私のテンションも上がるワ~

タムさまが楽しそうに、活き活きとお仕事をしてるのを見るのがすご~く楽しい

タムさまに元気をもらったから、私も頑張らなくちゃ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再手術

2017年08月25日 | Weblog


昨日病院でレントゲンを撮った結果...

2週間前は左肋骨下あたりにあった砕け残りの石は、左骨盤内まで下りていて

本当ならこのまま経過観察でも良さそうだったんだけど...

問題は、その石が細長い形をしてるということで...

レントゲンにハッキリ写ってるソイツは、素人の私から見てもいかにも引っ掛かりそうな感じで
やっぱり再手術となってしまいました...

前回は仰向けだったし、衝撃波もそんなに痛くなかったし、痛みであまり寝てなかった事もあって

衝撃波を当ててるうちにウトウトしちゃったりしたんだけど...

今回は骨盤内という事で、うつ伏せで台に寝て、しかも骨の中だからなのか?衝撃波が痛い痛い

うつ伏せで苦しいし...ずっと骨を刺激されるように痛いし...終わるまでの1時間が本当に長かった

痛いのに動けず1時間じっと我慢するだけで、激しく体力を消耗するらしく...

終わって支払いを済ませて、薬局で薬をもらって家に帰ったらもうグッタリ...

朝ご飯抜きだったので、とりあえずご飯を食べて痛み止めを飲んだら体力の限界が来て(笑)

ソファーにぶっ倒れて暗くなるまで寝てしまいました...

今朝起きても、まだ左脚の付け根辺りがシクシク痛いし

どこでそんなに力を入れていたのか?腹筋や腕や背中が激しい筋肉痛で

動いたり笑ったりするたびに 「イテテテテ」 ってなってます

これで、もう全部出てくれるかな?...てか絶対出てくださ~い


あとは再発予防です...結石の再発率は高いと聞いて戦々恐々としてます

まぁ...最近のストレスもあるけど、1人暮らしになってしまってからの生活習慣も原因だと思うので

食生活を含む生活改善をして行かなくては

シュウ酸を多く含む食べ物を極力排除して、石を出すのにいいモノを食べるようにして

苦手だけど積極的に身体を動かして、結石になる前に出すようにしないと...

もうあんなに痛いのは二度と御免ですからね


PS...私の病院の話ばかりじゃツマラナイので、タムさま関連の情報をひとつ...

来月から撮影が始まるタムさまの新電影 《 全球追緝令 》(仮)ですが

新しく見つけた記事に 「下星期試造型」 って書いてあったので

もしかしたら、その時に造型のお披露目があるかもしれません

ちょっとワクワクして続報を待つ事にしま~す
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

到医院去

2017年08月24日 | Weblog


今日は病院の日です

体外衝撃波破砕術をやるかもしれないから朝食抜きです

そう...今日病院に行ってレントゲンを撮るまでは、手術をやるのかどうか分からないんです

レントゲンを撮って石が見えないようだったらそのまま帰れるけど...
まだ石が出ていなかったら、痛み止めの座薬を入れてまた1時間じっと耐えなくちゃいけないのか...

でも、な~んとなくまだ痛いような感じがあるので、もう一度やる可能性の方が高いかも...

衝撃波破砕術をやったあとは、血尿が出て微熱も出て、数日間ちょっと痛みがあるので...

もしあまり辛いようだったら、またブログを休むかもしれません...その時はゴメンナサイね

では...覚悟を決めて行ってきます...ハァ...気が重い...

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

A計画 其之二十四(後編)

2017年08月23日 | 譚耀文

《 A計画 》 第24集を鑑賞


病院で、意識の無いクソババアを前に泣きながら 「媽...對不起~」 って謝るクソ兄貴



自分で突き落としておいて、なに今さら泣いてんだよ バッカじゃないの?

そしたら、夢?妄想?にクソババアが現れて 「私が植物状態になったのはあなたのせいじゃない...

全部あの女狐と息子のせいよ!あなたは賀家の財産を全部手に入れるのよ!

あの母子に一銭も渡しちゃダメよ!」 って...自分に都合のいい妄想を見たクソ兄貴は



「媽がこうなったのも、全部定国とあの母親が悪いんだ」 って こんのヤロ~

どんだけ見当違いな逆恨みなんだよ 王子なんてあの場にも居なかったのに...

コイツ...欲の皮が突っ張り過ぎて頭がオカシクなったのかな?...頭がイカレた悪人って怖いワ...

そして、お父ちゃんを見舞ったクソ兄貴は 「媽は植物状態だ...犯人のあの女は定国を連れて逃げたよ」

とお父ちゃんにウソの報告...それを聞いて、更に具合が悪くなるお父ちゃん...



このクソヤロ~見当違いな逆恨みだけじゃなくて、王子の事を「野种(どこの馬の骨か分からない人)」

って呼び始めやがって...死ねばいいのに (← 最近は必ず付くことになってます(笑))

そしてクソ兄貴はクソハゲデブを呼んで 「定国の行方を探せ!小ラッパも24時間見張れ

きっと連絡を取るはずだ」 と命令...



このヤロ~ホントヘビのようにしつこいヤツだな...死ねばいいのに...


一方、小莉と大岳の結婚式...ニッコニコの大岳とは対照的に、浮かない顔で酒を煽る小莉...



小莉...ヤケでソイツと結婚しちゃっていいの?

姉ちゃんに付き合って飲み過ぎた小慈を家に連れて帰り、ゲ〇で汚れた服を脱がそうとする小ラッパ

え?...まさか見ないようにしてるの~?結婚式はしてないけど夫婦同然なのに...

2人まだ一線は越えてないんだね(笑)そんな小ラッパが可愛い~



その夜、家を抜け出した大岳は、古彪から奪った宝箱を掘り出して大学の研究所に持ち込み

箱を開けてもらおうとしたけど、こう見えて(笑)宝箱にはすごく精密な仕掛けがしてあって



暗号が分からないと開かないし、無理に開けると中の塩酸が噴き出して中身が溶けてしまうんだそうな...

そこで大岳は、古彪から小莉宛てという事にしてコレを家に送り

古彪からのニセの手紙も同封して、さも南の島で宝を探してる風を装ってたけど...



そうだよ...王子の事で忘れてたけど、小莉のお父ちゃんを殺したのって大岳だったんだよな...

小莉は、暗号は私と小慈の背中にある刺青だと言って、小慈の刺青を確かめに行ったら

小慈は 「小ラッパが好きじゃないみたいだから」 と刺青を変えてしまっていてガッカリ...



でも、小ラッパは小慈とお揃いにしようと小慈と同じ刺青を入れていたけど...



なんだか、この刺青のせいで大岳の陰謀に巻き込まれる予感がビンビンなんですけど


24集は色々と怒涛の展開だったので、前・後編に分けましたが

後編には王子が全然出て来ませんでした (号泣) なので、引き続き25集に突入します

まだクソ兄貴がしつこく王子を殺そうとしてるので、王子が元気になるまでは全然安心できませ~ん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

捜神記 其之十(後編)

2017年08月22日 | 譚耀文

《 捜神記 》 第10集(後編)


香葯がやっと王城に辿り着いたら、そこには神農に想いを寄せる丞相の娘、緋羅がいて

神農を 「未婚夫」 だと言って結婚誓約書まで持ってる香葯にライバル心を剥き出しにしてたけど...



う~ん...侍女は絶世の美女だって言ってたけど...う~ん これが?(失礼)



そして、スーさまはこんな所に住んでるんだけど...この大きさはセットじゃないよね?

CG?それとも採石場跡とかにセットを組んだのかな?



そこへ洛河鎮の破壊に失敗した小奈が戻って来て

「よくノコノコ戻って来れたな 」 と、クールに言い放つスーさまに



「功をもって罪を償います」 と謝る小奈...この小娘、顔も喋り方もバカっぽいのでキライです



しかし...直属の配下がみんなオナゴって...スーさまモテモテですね



そして、またタムさまの唇のアップや目元のアップで私を殺そうとする導演さま(笑)




もしかしてこの前 「いいぞもっとやれ~」 って言ったのを聞いてたんですか?(笑)

小奈は 「伏羲たちが黒覆面の男を探しています...またその男を恐れてもいるようです」 と話し

伏羲たちが自分を恐れてる事を知ったスーさまは急に機嫌が良くなり(可愛い(笑))

不敵に笑って、細腰に 「手下を連れて行って新しいおもちゃで遊んでやれ」 って...



そして、スーさまの元に何かを置いて来た細腰は、ソワソワと落ち着かなくて、まるで恋する乙女みたい



その頃、細腰の置いて行った靴を履いてみて 「ピッタリだ」 って言うスーさま



クールなボスが、手下に靴を貰っていそいそと履いてるなんて...も~可愛くてムズムズする~ (笑)

「細腰は戦いだけじゃなくて、こういう気遣いも出来るとは...」 って感心して

「将来きっと一人の女性と出逢うだろう...この暖かい靴のように一生を共にする運命の人と...」 って

スーさまもそんな夢を見てるんだ...感傷に浸る乙女のようなスーさまもステキよ~



その頃、香葯は王城で神農を探すけど、全然見つからなくて宿に戻ったら、宿の主人に

「王府から御触れが出て、暫住証(暫定の居住証明書)が無い者は泊められない」 と追い出されてしまう

でもコレ...神農を香葯に取られるのを恐れた緋羅が、香葯を王城から追い出すため

役人の父に入れ知恵して作らせた御触れで、暫住証が無いとマントウすら売ってもらえないらしい...



香葯たちは仕方なく役所に暫住証をもらいに行ったけど、なぜか香葯の手配書が出回っていて

今度は一転、官兵に追われる身となってしまう...

香葯たちの話になると途端に観るモチベーションが下がるので

どうか私の元気の為に、スーさまをたくさん出してください

(...って5年前のドラマに言ってもねぇ~(笑))


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加