花日和

生到世間本無名 但到底結局是誰定

新体制

2015年01月31日 | レース
GTの開幕戦は4月なので、いつもはのんびりと3月くらいに新体制が発表になるんだけど

去年はタイトルを逃したから、今年はタイトル奪取へやる気満々という気持ちの表れなのか?

今年のSUPER GT YOYOTA系チームの体制発表会が昨日早々と行われました



私が保守的なせいなのかもしれないけど...

ZENTはいいチームワークが出来上がっていたから、今年も去年と同じ体制で

高木虎之介監督、立川祐路選手、平手晃平選手で行って欲しかったんだけど...

今年は、平手晃平選手が古巣サードへ移籍 (なんとなくそんな噂が聞こえて来てはいましたが...)

代わってサードから石浦宏明選手がセルモに移籍して、立川選手とコンビを組むことになりました



体制が変わっちゃったのはちょっと残念だったけど...

でも、石浦選手も速いドライバーだし、立川選手とともにレクサスの開発ドライバーも務めてるし

スーパーフォーミュラでも立川選手が監督を務めてるセルモに在籍しているから

気心も知れてるし、チームワーク的にも没問題です

この新しいコンビで、今年こそ去年逃したチャンピオンを奪取してください


あと心配なのはトラ監督のこと...

そもそも、私がZENTセルモチームを応援してるのも、

ドライバー時代にずっと応援してたトラが監督になったからで、そこの所が一番心配なんだけど...

ドライバー情報は出ても、監督情報ってのはなかなか聞こえてこないので

まだしばらくはヤキモキしながら発表を待つしかないのかな~

な~んて心配してたら、夜になってセルモからの発表がありました

(以下コピペです)


株式会社セルモ

LEXUS TEAM ZENT CERUMO 2015年参戦体制発表のお知らせ

「LEXUS TEAM ZENT CERUMO」は、今シーズンも引き続き「株式会社善都」様にメインスポンサード頂き
関係各位からご支援・ご協力を賜りSUPER GT 500クラスへ参戦致します

今年はセカンドドライバーに石浦宏明を起用し、エース立川祐路との新タッグにて
チャンピオン奪還を目標に戦う所存でございます

また、マシンカラーリングは2015年も一般公募により決定致します
現在最終選定中のため、発表まで今しばらくお待ちください

以上、今シーズンも「LEXUS TEAM ZENT CERUMO」を応援頂きますようお願い申し上げます

平成27年1月30日

【参戦概要】
チーム名:LEXUS TEAM ZENT CERUMO
ドライバー:立川祐路、石浦宏明
チーム代表:村田淳一
チーム監督:高木虎之介
チーフエンジニア:村田卓児
エントリー車両名称:ZENT CERUMO RC F(#38)

(LEXUS TEAM ZENT CERUMO プレスリリース)

ぃやった~ 良かったよぉぉ~ 今年もトラが監督続投だよぉぉぉ~ ホッとしたよぉ~(泣) 

去年...数少ない楽しみの1つを失っちゃったから...

これでレースの楽しみまで無くなったらどうしようかと心配だったんだよぉぉ~~

あぁ...開幕戦が待ち遠しいな~ ...4月かぁ~まだ先だな~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手配書

2015年01月30日 | 姫ちゃん
ほんのお遊びなので、さら~っと流してつか~さい(笑)



プロフィール

所属:みんきぃ家の末娘(女帝修行中)
年齢:2歳(人間に換算すると25歳くらい)
誕生日:5月12日
身長:40cm
星座:牡牛座
血液型:H型(変態のH(笑))
出身地:横浜
懸賞金:5ベリー
悪魔の実:ホゲホゲの実
好きな食べ物:食べ物全部
嫌いな食べ物:なし
イメージナンバー:9
イメージカラー:茶色
イメージの花:ひまわり
イメージ国:イギリス
イメージ県:静岡
イメージ職業:牧場で羊を追う係(笑)
家族に例えると:男兄弟にもまれた末っ娘


みんきぃ家の癒し担当 異名は 「濡れ足の姫」 横浜の高級マンション出身(笑)

みんきぃ家4人目の家族  「ホゲホゲの実」 を食べた 「犬型犬」(笑)(人型には変形できない)

悪魔の実の能力者のクセに水がへっちゃら(笑)水たまりでもなんでもどんどん入って行っては

あちこちに肉球の跡を付けて走り回り、興奮してくると人に飛びついて服に濡れ足型を付け

精神的なダメージを負わせる 「濡れ足」 という恐ろしい必殺技を持つ(笑)

(服がおニューだとダメージは10倍くらいになる)

最近 「濡れ足」 からパワーアップした 「泥足」 という新技を編み出して

人間たちを恐怖のどん底に陥れている

(泥足アタックを喰らうと洗濯しても落ちない恐れがあり、ダメージは数百倍にもなるという...

そしてもうひとつ、すっとぼけたタヌキ顔でお座りをして小首をかしげるという

見た人をメロメロの骨抜きにする技を生まれつき持っており

その技に掛かると、ふらふらと近づきフワフワの被毛に顔を埋めたくなり

そうなるともう仕事も何もしたくなくなるという、人間を堕落させる能力も持ち合わせている

可愛い外見に似合わず、食べ物じゃないものまで喰らう悪食でもある(泣)


最近、姫におニューの服をやられ、洗っても落ちない肉球型を付けられたので

ここでちょっと仕返しさせてもらいました(笑)

チックショ~ 無邪気な顔を見ると怒れないぃ~~~
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

天天有喜 其之六十五

2015年01月29日 | 譚耀文

七姐が血眼で自分を探してると聞いた不喚ちゃんは急いで洞宮に帰ったけど

「真霊宝珠を持ってるんでしょ?よこしなさいよ」 と強気な七姐と大ゲンカに



七姐...やっぱりコワイ...

「そんなに私がジャマなら殺せば?」 と言う七姐に一撃を喰らわせて



「いい加減にしろ、俺のガマンにも限界があるぞ」 と捨て台詞を残して出ていく不喚ちゃん

不喚ちゃんの後をつけた七姐は、不喚ちゃんが秘密の洞窟から出てくるのを目撃

忍び込もうとして、不喚ちゃんが仕掛けた罠にやられそうになった所を文琴に救われ



「俺と手を組んで、金不喚を亡き者にしよう」 と持ち掛けられる七姐...

最初は信じなかった七姐も、文琴の助けで隠してあった白大王の遺体を見つけ



蟾毒で黒く変色してるのを見て、不喚ちゃんが父王を殺したことを確信

(ここで 「不喚ちゃん...なんで早く遺体を始末しなかったんだよ 」 と思ったワタシ(笑))

すっかり不喚ちゃんの洗脳から醒めた七姐は、二姐、八姐、九妹、劉楓たちと合流して

打倒不喚ちゃん作戦の相談をすることに...

そんな事とは知らず、知画の所に行った不喚ちゃんはお茶を一服(笑)



「白大王を殺ったのは義父の敵討ちだったはず...あなたは神にでもなりたいの?

私の事は愛してないのね」 と、こんどは知画に責め立てられ

「これだから女はメンドクサイ...黙って俺の言う事を聞いてればいいんだ」 と暴言を吐き



唯一の味方だった知画の心も離れてしまう...

壮大な野望を語る不喚ちゃんは目がキラキラしててキレイだったけど...



野望が暴走し過ぎて、とうとう誰も味方がいなくなっちゃったね...(泣)


その頃...二姐、七姐、八姐、劉楓、文琴等々、不喚ちゃんに対抗する勢力は金不喚廟に集結して

不喚ちゃんが持っている真霊宝珠を奪おうと虎視眈々...

劉楓が不喚ちゃんをおびき出して、その隙に真霊宝珠を奪う計画だったけど

いち早くその事に気付いた不喚ちゃんが、すぐ廟に引き返して来ると

真霊宝珠を守っていた莫棋が、文琴や(大好きな)八姐に説得されている真っ最中...



(そっか...莫棋...不喚ちゃんに命を救われて五毒に入ったんだ...)

不喚ちゃんには今までの恩があるし...



真霊宝珠を返したら、大好きな八姐の身が危ないし...



2人の間で揺れ動く莫棋...さぁ...どうする?


う~ん...クライマックスが近づいてきて、段々不喚ちゃんが危うい感じになってきました
も~...悪役に惚れるといっつもこうなんだよな~ あぁ...ヤキモキするぅ~ (笑)


~今回出てきた単語帳行きの言葉たち~

灭星(zai xing)...災難(をもたらす人)
留恋(liu lian)...離れがたく思う
成)十恶不赦(shi e bu she)...極悪非道で許すことが出来ない
成)从长计议(cong chang ji yi)...じっくりと相談する
成)飞蛾扑火(fei e pu huo)...飛んで火に入る夏の虫
成)指手画脚(zhi shou hua jiao)...あれこれと人のあら捜しや批評をする
成)诡计多端(gui ji duo duan)...悪知恵に長けている

吵吵闹闹哭哭啼啼(chao chao nao nao ku ku ti ti)...ガヤガヤうるさくて、ひっきりなしに泣く
(これを一息で早口言葉のように言った不喚ちゃんが可愛かった~(笑))
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

譚耀文的豐收年

2015年01月28日 | 譚耀文

前に、最佳劇情電影部門にノミネートされたと書いた

《 我們停戦吧!The Merger 》 ですが (← いつの間にか「The Merger 」が付いたのね(笑))



タムさまは日頃のカッコよさを封印して(って書いてあったのでそのまま書きます(笑))

ダサくて天然な図書の先生を熱演してる...って所は非常に気になるんだけど...

タムタム@呆板教師(直訳すると、鈍い教師(笑))と女生徒のラブコメディーってのが

なんか気恥ずかしくって、まともに見られない予感がビンビンします

でも、年明け早々にいいニュースが飛び込んできたのは嬉しい事なので

ぜひ賞を受賞して、いいスタートを切って欲しいです

(※ 文中にあった 「先拔头筹」 (1位を抜き去る)って言葉のニュアンスがイマイチ判らないんだけど...

それだけ勢いがある(有力)ってことなのかな?...だったらいいな~


そして、タムさまの造型が大好きで 未公開作品の中で一番公開が楽しみな 《 衝鋒車 》 と



クランクインの情報も無く、撮影中のオフショットで撮影中なのを知ったので

タムさまが男主角だという事くらいで、映画の内容はまったく謎の 《 愛在深秋 》 の



2作品の紅毯儀式が、来る2月1日に北京で行われるとの情報が入ってきたんだけど...

どういうことなんだろう?...2つの映画の発表会が同時に?

(この時期に発表会ってことは...もしかして伯林決定?...いや...まだやめておこう(笑))

その辺の事は発表会ですべて明らかになるんだろうけど...
なんにしても、タムさま出演で劇場未公開のこの3作品がいよいよ動き出したようです

文中にあったように、今年は 『譚耀文的豐收年』 になったらいいな~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新版 射雕英雄伝 其之五 

2015年01月27日 | 中華電視劇
《 新版 射英雄伝 》 13集から16集までを観賞~


楊鉄心が死ぬ間際に 「郭靖には穆念慈を娶らせてくれ」 なんて遺言を残しちゃうから

クソまじめな郭靖は遺言を守るために黄蓉をあきらめちゃうかと思ったけど...

江南六怪の中でひとり話のわかるオッサン(ゴメン...名前がわからん(笑))のおかげで



郭靖はお蓉が好きだと打ち明けることが出来...



楊康と穆念慈も無事に収まるところに収まりました(笑)



う~ん...この辺はバリバリラブストーリーだな  


そして、楊康と念慈はお父ちゃんたちの遺骨を埋葬するために旅に出るんだけど...

最初は、お坊ちゃまだった頃の甘えなのか、お金をムダ遣いして念慈に叱られていた楊康も

念慈の想いを知って、自ら楊家槍法を披露して稼ぐようになり...



あ...可愛い (う...浮気じゃないですよタムさまぁ~(笑))

だけど、金のお坊ちゃまだった時は全然可愛くなかったのに、いい顔するようになったな~

夫婦大道芸人(笑)みたいで微笑ましい2人だったけど、欧陽克の卑怯な策略でお尋ね者に...


そして郭靖と黄蓉は、料理の匂いに釣られて来た(笑)洪七公と知り合いになり

手料理と引き換えに、郭靖に武芸を教えてもらう事に...



余談ですが...この洪七公(梁家仁さん)...ドラマ版の 《 七剣下天山 》 とか

この前観た 《 不二神探 》 とか、色んなところで何度も見掛けた人ですが...

なんと!若きタムタム主演 《 阿龙的故事 》 の導演さまだったと知ってビックリ~

(それを知って急に親しみが湧いた単純なワタシ(笑))



この洪七公は丐幇の幇主なので、フーさま@喬峯さまと同じく 「降龍十八掌」 の使い手なんだけど

フーさま@喬峯さまの降龍十八掌の方が、数百万倍カッコいいという事だけは言っておきます(笑)





お話の年代的にも (※ 《 天龍八部 》 は11世紀末 《 射英雄伝 》 は13世紀初めが舞台)

そして撮影技術(CG)的にも、「打狗棒」 の小道具技術的にも(笑)進化はしてましたけどね



(打狗棒って竹でできてる棒って書いてあったけど、翡翠っぽいよね(笑)割れないけど

そして、今回初めて丐幇に 「浄衣派」 と 「汚衣派」 ってのがある事を知りました(笑)

洪七公は浄衣派ってことらしいんだけど

あれで浄衣なら(失礼(笑))汚衣派ってのはどんだけ汚いんだろう...

フーさま@喬峯さまは、もちろん浄衣派だよね(笑)

な~んて書いてたら、また 《 天龍八部 》 が観たくなってしまいました...どうしよう...(笑)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

愛害怕

2015年01月26日 | Weblog


前の家は国道のすぐ横で、最寄りのJR駅まで徒歩5分という便利な場所だったけど

如何せん治安が悪いところで...

玄関灯を消していた時には、家の前にウンP(人間の!!)をされていたり

(なんで人間のブツだと分かったかというと、ブリーフで拭いて上に置いてあったから(よって犯人は男))

自転車も、道路側の自転車置き場に置いたら2回盗まれたし...

(鍵を掛けて、チェーンで鉄柱に繋いであったのにチェーンを切って盗って行く悪質さ)

HIROのモンキー(バイク)も、道路まで引きずり出されていたずらされてた事もあったし

(幸い、ハンドルロックされてたので盗むのは断念したようだったけど...)

それに比べて...ここの治安の良さときたら(笑)

家の前に停めてある子龍号(ファンカーゴ)にキーを付けっ放しで置いてても平気だったし

1度なんか、玄関ドアの外に鍵が刺さったままで一晩いたけど、朝まで何事も無かったし...

(どちらも犯人はHIRO(笑))

でも、どんなに治安が良くても、オナゴの1人暮らしだからやっぱり何かと不安で...

下の窓には全部ウィンドーチャイムを付けて、もし誰かが侵入したら音が出るようにしてあるし



(お気に入りのガラスのチャイムなんだけど、1本折れちゃってショック~

寝る時は枕元に趙雲さま(木刀)を装備して寝てるくらい怖がりなので

今、ワイヤレスドアモニターを買おうか検討中です



これはお値段もお手頃だし、配線工事不要ですぐ付けられるみたい

広角レンズで120度見えるので、玄関前にいる人がしっかり確認できるし

(今付いてるインターフォンのモニターはドアの右側に立たれると見えない)

2階にいても、モニターを見れば下に降りずに誰が来たかを確認できるし

訪問販売や宗教関係の勧誘は、対応してる時間と労力が無駄なので

居留守を使って出ないようにしてるから、これは使えるかな~と...

そこでちょっとこの場をお借りしまして...

もしこれをお使いの方がいましたら、どんな感じなのか教えてくださいませ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

因頭痛休息

2015年01月25日 | Weblog
今日は朝起きてすぐからひどく頭痛がして...

(たぶん、ある事をし過ぎたせいで起きた肩コリから来てると思う...)

痛み止めを飲んで様子を見てもなかなか効いて来なくて...

書きたい事はあるんだけど...ちょっとPC画面を見ているのも辛いので...

今日はblogをお休みさせていただきます

あぁ...やりたい事も、観たいDVDもあるのに~ 早く痛いの治まれ~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

迷惘

2015年01月24日 | Weblog
今年の目標の一つに定めた熟成された写真の整理ですが...

注文していたアルバムが届いたので早速始めようと思って



まず、年代順に並べる事から始めてるんだけど...これが大変~

写真に日付が入ってたり、簡易アルバムに年月日が書いてあっても

西暦だったり元号だったりバラバラで...

まず平成(昭和)何年が西暦何年なのかを附箋に書いて、振り分ける作業から開始

とりあえずこれだけ仕分けたけど...



日付けも何も書いて無いヤツが後から後から出てきて、しかもものすごい数...

1つのアルバムに、古い写真と新しい写真が混ざってるのもあるし...
日付けが不明な未分類のブツを前に途方に暮れています...



でも、昔の写真を見ていたら、若いせいもあるけど、自分が自信たっぷりに見えるんだよな~

たぶん幸せだったんだな~...どれも明るく笑ってて、バンバンカメラに写り込んでて(笑)

それに引き換え...なんだ今の私は...

引き籠ってるし...自信を無くしちゃってるし...いろいろ諦めちゃってるし...

も~ 何イジケてんだよ情けない このままじゃダメだ~ ...と、あらためて強く思いました

昔の写真を偶然見た事で、こう考える事が出来たのも何かの啓示だと思って
もっと前向きに、積極的に頑張ろうと思います ...まだ遅くないと信じて...


PS...タムさまも汗だくでタップダンスの練習を頑張っているようです



どうか爪の垢を煎じて飲ませてください
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

浣花洗剣録 深入追及(笑)

2015年01月23日 | 譚耀文
例によって 《 天天有喜 》 の合い間に日本版のタムタムドラマを観てるんですが

今は何巡目かの 《 浣花洗剣録 》 を観ながらせっせとキャプチャに勤しんでます



今まで書いた感想では 「紫衣侯さまカッコいい~」 とか 「男らしい~」 とか

「艶燭うらやましいぞコノヤロ~」 とか...書く事がいっぱいあったので(笑)

今までにも気づいていたけど、敢えて触れなかった件についてここらでちょっとツッコんでみます

(とりあえず、キャプチャが終わった12集まで...)


まずは、紫衣侯さまがお兄ちゃんを死なせてしまった件...

紫衣侯さまはずっと、若き日にお兄ちゃんの侯淵を刺して死なせてしまった事を悔いていたけど...



あの時、どう見ても紫衣侯さまの剣は大して刺さってなかったと思うぞ~(笑)

あんな剣の先っちょだけの傷は絶対致命傷じゃな~い

「お兄ちゃんの死因は崖から落ちた事による外傷性ショックだと思うから

そんなに気に病まなくても大丈夫だよ~」 と紫衣侯さまに言ってあげたい(笑)


そして紫衣侯さまが侯家伝来の毒を飲んで、毒消しを艶燭に渡し

「妻になってくれるならこれで救ってくれ、その気がないならいっそ見殺しに...」

と無茶な選択を迫る(てか脅迫(笑))シーン...



紫衣侯さまは艶燭に毒消しで救われたと思われ(じゃなきゃ死んでいたはずだから)

紫衣神水の効果は身をもってよく解っていた筈なのに...

その効果を疑って木郎に紫衣神水を渡さなかったという話の矛盾...う~ん...なんでだろ...


そして、奔月の実の母、段蓉蓉が異常に老けていた件...

奔月はたぶん17歳とかそれくらいだと思われ...つまり奔月を身籠ったこの時 ↓ から



まだ17年くらいしか経ってない筈なのに...こんな老婆のような姿になっちゃって



いくらなんでも老け過ぎだろが~ (笑)

(白三空が18年で髪の毛どころかまゆ毛までツルッツルになっちゃったのもちょっと...だけど(笑))

そして、これはツッコミというよりも発見だったんだけど...



日本では大八車は引くもんだけど、あちらでは押すんだな~という事(笑)

(似てるけど微妙に違う事が結構あって、武侠ドラマだって勉強になります

まだ他にも色々ツッコミどころがあるので、また追々キャプチャしながらツッコんでいきます



しかし...何度見てもやっぱり紫衣侯さまはカッコいいわ~ (←結局ソコ~(笑))
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聽風者

2015年01月22日 | 映画
《 聽風者 》(邦題 《 サイレント・ウォー 》 )



~あらすじ~

共産党と国民党の衝突で内戦状態にある中国。劣勢に陥った国民党は台湾に逃れたが
その残党の動向を探るために、共産党は701部隊を設立して通信傍受と暗号解読に奔走していた
同部隊諜報員・張学寧(周迅 ジョウ・シュン)は
人並み外れた聴力を誇る盲目のピアノ調律師・何兵(梁朝偉 トニー・レオン)と上海で出会い
彼を部隊のメンバーにすることに
モールス信号などの通信技術について学んだ何兵が国民党の通信を発見していく中
張は謎に包まれた国民党の大物スパイ・重慶を捕捉しようとわなを張り巡らせていた...


観た第一印象は...「う~ん 《 風語 》 みたいだな~」...でした

諜報員のボスだったフーさまのポジションが、張学寧(周迅)の上司、郭興中(王学兵)で



天才的暗号解読者、陳家鵠が、人並み外れた聴力を持つ暗号解読者、何兵(梁朝偉)って感じ...

(※ 時代的には 《 風語 》 の10年後くらい、抗日戦争後の話だったので

敵が日本じゃなくて 「小日本」 とか 「日本鬼子」 とかが出てこなくてよかった~


自分をスカウトして、モールス信号の打ち方を優しく教えてくれる張学寧に

いつしか同朋以上の感情を持つようになる何兵



七三のトニー何兵は、なんだかとっても可愛らしくて(笑)



なにも言わなくても張学寧に対する好意が見え見えで...

そんな何兵に、張学寧も魅かれ始めていたのかもしれないけど



ワザと距離を置いて何兵を遠ざけたのは、上司だから?...それとも諜報員だから?

「自分は人並みの幸せなんか望んじゃいけない」 と心に定めているようで切なかった...

内乱の時代じゃなかったらお似合いの2人だと思ったのに



森の中のこのシーンは、おとぎ話のワンシーンみたいで好きです



そして、この場所...前に観た何かの映画では刑務所だったんだけど...

何の映画だったかな~?思い出せなくてモヤモヤしてます

それから、トニー何兵がモールス信号を打ってるのを見て 《 無間道 》 を思い出しちゃったのは

きっと私だけじゃないはず(笑)


暗い内戦状態の中国で(何故か広東語でしたが)しかも諜報員のお話なので

観る前からわかっていた事だけど...いろいろと鬱展開で...切なくなる描写も多くて...
観終わった後で少々落ち込みました



落ち込んだ気分を上げるオマケ(笑)

本編は至って真面目なお話で、こんな事書いたらお叱りを受けそうだけど

でも、観ていてそう思っちゃったから書いちゃうけど(笑)

無防備に眠る周瑜大都督(笑)



こりゃ~趙雲さまが放っておけない訳だ(爆)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加