花日和

生到世間本無名 但到底結局是誰定

捜神記 其之四

2017年07月14日 | 譚耀文


《 捜神記 》 第4集を鑑賞


村人が噂話をしてる所を通りかかった香葯と小呆は...

「近頃、この辺りで身体中に赤い斑点が出て数日中に死んでしまう奇病が発生してる」

と聞いて不安になり、洛河鎮の守り神の蟾蜍にお参りに行くことに...



う~ん...デカいけど金不喚ちゃんの蟾蜍 ↓ よりも地味だね~(笑)



そして、蟾蜍に触れた香葯は、いつも見てる悪夢と同じ場面が頭に浮かんでショ~ック

そこへ香葯と小呆が一緒にいるのに嫉妬した小牛が乱入



香葯は2人に 「黒衣の男が蟾蜍を倒して毒を入れるのを見た」 と、いつも見る悪夢の話をして

羅刹女に賊が出現する時刻を占ってもらって、3人で蟾蜍を見張る事に...

その夜、物陰に隠れて見張る香葯たちの前に、スーさまの配下が現れ



「これは大王が千年の修行の末に作り出した呪符よ!これを使えば刀も折れ斧も砕く力を得られるわ」

と、蟾蜍にその呪符を貼ると一天にわかに掻き曇り...その気配を洞の中で感じるスーさま



「今度の任務は失敗しないといいのだが...」 と言うスーさま いつも冷静で美しい~

お勉強中だったのかしら?(笑)(でも低い声にはまだ慣れません(笑))

細腰は 「今度の任務は簡単です...今頃きっと蟾蜍を破壊して鎮圧してる頃でしょう」 って言ったけど

その頃、無傷の蟾蜍を見て 「まさか共倒れになるとは...」 と呆然としてる小奈と如玉



オイオイ... 呪符...あんなに凄そうだったのに...蟾蜍の神力がそれだけ強いって事なのか?

蟾蜍の破壊に失敗したので、今度は力尽くで動かして毒を投入しようとしたら

そこに香葯たちが止めに入って激しい戦いに...

小呆...夙和だった時の同胞と戦っても何も思い出さないんだ...



そして、本人も自覚なしにすごいワザが使えるのは夙和の潜在能力なんだね...

小呆は羅刹女と2人で毒珠を封じ込めて、とりあえず一件落着



その頃、香葯たちの抵抗で失敗に終わった洛河鎮の件の報告を受けるスーさま



怒るかと思ったら冷静に 「その女を見張れ、二度とジャマをさせるな」 と細腰に命令し



洛河鎮をどうするか聞かれると 「ただの小鎮だ放っておけ...伏羲がどう出るか反応を見よう」 と...



でもスーさま...いつもどこか寂しそう ...そんなお顔をされるとキュンキュンします

そして、13個ある鎮のうち12個を爆破され毒を入れられたと報告を受ける伏羲



そっか...洛河鎮以外の計画は成功してたんだ...

伏羲は 「災いが現実になりつつある...民を安心させるために後任を決めなければ...」 と悩み

本来なら一番弟子の紅鸞を後任にしたいところだが、行方不明では仕方ない...と

句芒と神農に鎮の後始末を半分づつ任わせ、2人の内のどちらに王位を継がせるか決めることに...

ライバル心剥き出しの、この師兄と師弟...残念ながら全くどっちにも萌えませ~ん




そして、香葯は博打好きの男にそのスーパー疫病神パワーを買われ(笑)

賭けの相手の側にいて相手を負けさせてくれと頼まれたけど...

香葯が触れたらなぜかその男が大勝ち 不運娘じゃなくなった と喜ぶ香葯は

試しにホームレスの男に近づいてみたら...男は川に落ちちゃって...

やっぱり偶然だったのか...と思ったらそのホームレスが川の中でウンコみたいな金塊を見つけ



やっぱり偶然じゃなかったんだ と大喜びの香葯

どうやら、小呆が側にいる時に香葯は幸運娘になるみたい...

その夜、小呆にお礼の品を持って行って小呆の寝顔を眺めていたら

「紅鸞...愛してる...行かないでくれ」 って寝言を言ったので不機嫌になる香葯



これは夙和が見てる夢なんだ...小呆...いつかスーさまの事も全部思い出すのかな?
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 解救吾先生 | トップ | 風雲創意音楽劇 終於到了最... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
暑さのせいかな… (向日葵)
2017-07-14 18:47:10
お昼に入ったお店で順番待ちの名前を書く時、ふと【夙(スー)】と書いてみたいという欲望に…💕
店員さんにスーさま〜スーさま〜と呼んでもらった。餃子のお店だったのであまり違和感なかった?です。

スーさまが背負うものはいったい何なんだろう…弟思いのかっこいいお兄ちゃん…冷静沈着な感じがまた素敵です。
貼り貼りが楽しみすぎる🤗❤️
向日葵さん (みんきぃ)
2017-07-15 01:00:41
いいな~ 私もやってみようかな~
「汪直さま」 とか 「田さま」 だとちょっと呼ばれるの恥ずかしいけど(笑)
「スーさま」 はなんか自然~ 中国人だと思われたかな?

スーさま...いつもクールでどこか悲しげで、情のあるワル...
今までタムさまのワルはたくさん観てきましたが、こういうタイプは初めてでたまりません
造型も好きなので、登場すると 「キャ~」 って声が出ちゃいます(笑)
今、こちらはお盆でPAPAが帰って来てるけど、そんな私を見てさぞ呆れてることでしょう(汗)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL