花日和

生到世間本無名 但到底結局是誰定

神話 其之五

2016年09月19日 | 中華電視劇

《 神話 》 第10集・第11集を鑑賞



ガオ・ヤオは料理人になりたがっていたけど、募集してたのは宮中の料理人で...

宮中に入るには、ナニをナニしなきゃいけなくて...

つまり...ガオ・ヤオが卵の黄身ばかり食べさせられたのは

オシ◯コを出なくして、ナニをちょん切る為の準備だったみたい...ヒェ~



一方シャオチュアンは、ずっと虐げられてた将軍と1対1の勝負をして

戦いっぷりを気に入られ、今後シャオチュアンは足枷をしなくていいことに...



そして、ナニをちょん切られたガオ・ヤオは、一番高い所に(切ったナニが入ってる?)竹筒を掛け

「チクショウ...宦官の中で一番になってやる」 と、汪直さまのような事を言ってたけど(笑)



ガオ・ヤオ...酷い目に遭った事で深~い暗黒面に入っちゃったみたい...

そして、料理がマズイと殺されるので誰もやりたがらなかった胡亥皇子の料理人に志願し

誰も知らない現代風の料理を作り、胡亥皇子のお気に入りに...



この胡亥 《 大漢風 》 の凄まじいアホ面胡亥 ↓ (笑)と違って、そんなに暗愚には見えないけど



でも、やっぱりアホのボンボンなんだろうな(笑)


そして現代...例のテーブルから出てきた書物は 『 湯巫記 』 という医書で

中から一枚の謎の地図が...そして地図にも 「湯巫山」 の場所が...



古代のお話になるとテンションが上がるけど、現代になるとダダ下がりになるのは

現代のお話の方には萌え要員が全くいないのと、やっぱり古装好きなせいなのかな?


秦...シャオチュアンたちの所に敵が襲ってきて、応戦したけど将軍ごと捕らえられてしまい

どこかに連行される途中、そこにあった石碑に 「小川(シャオチュアン)ここに参上」 って

観光客のようないたずら書きを彫るシャオチュアン(笑)



現代でシャオチュアンを探してたガオ・ランが偶然この石碑を見つけ

篆書の横に現代の簡体字が書いてあるのを見て不思議がるお父ちゃんたち...

そして、シャオチュアンのお母ちゃんは、実はすごいご先祖様を持つ末裔で

秘密を知る5家の一族が持つ指輪を集めれば、宝盒が開きシャオチュアンたちを助けられるという...

なんだかお話がスペシャルロールプレイングゲームみたいになってキタ~



指輪を集めて宝盒を開けたら、秘密のダンジョンの鍵が出てくるんだわ...きっと(笑)


そして秦...さらわれたシャオチュアンたちが連れて来られたのは图安国という国

ここの姫が成人を迎えるお祝いで、神にささげる供物にされるらしい...



そして、シャオチュアンたちは闘場に閉じ込められ、そこに凶暴なトラが放たれたけど...



トラちゃん...よく見たら首輪してるね(笑)

闘場に放たれたトラが襲いかかって来た時、シャオチュアンの着けてる首飾りが光を放ち



すさまじい覇気にトラは驚いて逃げ去ってしまって...シャオチュアンもビックリ~(笑)



そして、それを見たみんなはシャオチュアンの事を 「生き神さま~」 って(笑)



まさか...この姫もシャオチュアンに惚れちゃったの?

シャオチュアン...行く先々で偉丈夫に気に入られて義兄弟になるし

出てくるオナゴには次々と惚れられてややこしい事になるし...

いろんな人と深く関わり過ぎ...そんな事してると歴史が変わっちゃうんだってば~


『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土地公土地婆 其之十六 | トップ | 万聖節前夕胡思乱想 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
長髪の大酒飲みの胸元がばちょな人 ((鬼の)遵命)
2016-09-19 17:16:18
あちこちで義兄弟になったり、オナゴに惚れられると危ないぞ~。
6~7年ぐらい前に見たDVDの主人公が同じような事して二進も三進もいかなくなって
終いにゃ自害しやがったからなぁ…。誰だったっけ? DVD、冷宮の更に奥の院に
いるから忘れちゃった~。あの大酒飲みの長髪の胸元がばちょな人(←ひでぇ~~~~!!)。
遵命さん (みんきぃ)
2016-09-20 00:47:47
いましたね~ロン毛の大酒飲み(笑)
私も冷宮行きにしちゃったから、しばらく会ってません (大汗)

でも、こっちの主人公は、現代にもキツ~イ彼女がいるから更にややこしいし
一途だったロン毛の大酒飲みと違って、チャラくて惚れやすいから、この先が恐ろしい事になりそう...
あぁ...面白いんだけど、なかなか進まないのが悩みです

コメントを投稿

中華電視劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL