花日和

生到世間本無名 但到底結局是誰定

毒。誡 香港首映禮

2017年05月18日 | 譚耀文


昨日、香港九龍灣のEーMAXで 《 毒。誡 》 の首映禮が行われました

(画像が出揃うのを待ってたので更新が遅れました)

どの演員さまが出席するのか事前のアナウンスは無くて...開始時間になったら気になってソワソワ

前回、内地公開時の首映禮は、ちょうど 《 風雲5D音楽劇 》 の佛山公演と重なっていて

最初からタムさまは出られないだろうな~と思ってたら、やっぱり出られなくて

なので、香港の首映禮にはきっと出てくれる てか出てくださ~い と祈っていたら...

想いが通じて、昨日の首映禮には無事タムさまも出席されました~



キャ~ すっごい男前だわ~ バッチリカメラ目線のアップはなんか照れるぅ~ (← バカ



そしてやっぱり飛び込みたくなるお胸です

昨日主要演員さまで出席したのは、タムさまと林家棟さんの2人だけでしたが



このツーショットを一番見たかったので、なんだか無性に萌えます (笑) 




そんな、萌える2人の仲良さげなツーショットを連続で(笑)

イヤ~ン なにこの楽しそうな2人 可愛くってたまら~ん



なんですか?そのお揃いのポーズは?ラブラブですか?



カワエエ... (他に言葉が出てきません(笑))



自分の出番を待つタムさま...エエ男や~ 惚れ惚れ



インタビューで何話してるのかな?その辺の記事が出たらまた載せますね



ハァ~眼福眼福 カッコいいタムさまをいっぱい見られてお腹いっぱいになりました (笑)

そして全員集合画像...この時の動画を見たけど、タムさまは遠慮してどんどん下がっていって

結局こんな所になっちゃって、お顔も隠れちゃってますが...そんな奥ゆかしい所も好きです (告白)




PS...《 毒。誡 》 出演演員さまの名前を見ていたら 《 風不止 》 でタムさまの舎弟クンを演じていて

《 風不止 》 撮影時の密偵くん(笑)でもあった張建聲(justin)さん(下)も出てることが判明しました



自分で顔本のPRのところに 「クレイジーアクター」 って書いてあるし(笑)

今までも、金髪のアブナイ鉄砲玉とか全身刺青ヤローとか...なかなかぶっ飛んだ役が多いので

たぶん九龍城寨のヤク中仲間みたいな役なんだろうな~(笑)

DVDが出たら探してみるけど...見つけられるかな?
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黄金配角 | トップ | 毒。誡 香港首映禮 追記 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご馳走さま〜💓 (向日葵)
2017-05-18 16:27:32
たくさん貼り貼りありがとうございます💕私もお腹いっぱいです。
タムさま、ダイエットしてもお胸はそのままなのね❣️
今回また密偵くんもご一緒とは。ホッコリ嬉しかったりします。
向日葵さん (みんきぃ)
2017-05-18 20:33:05
も~このアップのカメラ目線タムさまが素敵で素敵で
スマホに取り込んで画像を開いては 「キャ~ カッコいい~(≧▽≦)」
チラッと覗いては 「イヤ~ンこっち見てる~(笑)」 とバカな事をやってます(笑)
なんなんでしょう、この画像1枚でこれだけ私を元気にしてくれる萌えパワーってば

タムさまはちゃんとトレーナーのメニューに従ってダイエットをしてたようなので
たくましい胸板や二の腕の筋肉はそのままで、お腹周りはスッキリ~って感じなんでしょうね♪
ホント、元々イイ男だったけど、更に男前になりました💖
Unknown (遵命)
2017-05-19 00:18:24
昔見た某「天龍八部」に出ていた馬夫人のマネして、よろけたフリをして
厚厚の胸元にすがりつくアノ技を一度してみたいです♡
しかし今のダーリン、胸元の厚厚は合格(それ以上♡)ですが、タッパが無い(泣)
アノ技をぶちかますと下手すると頭突き状態に(爆)

前のダーリンで我慢しておくか…(←言っている事が酷く無いか??)。
遵命さん (みんきぃ)
2017-05-19 00:55:41
馬夫人~いたいた(笑)
私も、よろけたフリしてタムさまの胸にすがりつきた~い
絶対!たくましくて暖かいに違いないんだわ
私の(キャ)ダーリンなら身長差がちょうどいいんだけどね~

確かに、りんちぇだと頭突き...もしくはエルボーかます恐れが...
そういう時はちょっと台に乗っててもらえば大丈夫でしょう!(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL