花日和

生到世間本無名 但到底結局是誰定

捜神記 其之八

2017年08月09日 | 譚耀文


《 捜神記 》 第8集を鑑賞

ずっと YouTube で観ていたのに、また突然全部消されてしまって...

仕方なく乐视视频で観始めたんだけど...使いにくいし、画面に 「哈哈哈...」 とか横切ってウザいし

必死で(笑)簡体字や繁体字にしてみたり、演員さまの名前を後に付けたりして探しまくって

ようやく別の人がUPしてくれたのを見つけました お願い~全部観終わるまで消さないで~


羅刹女に 「10日以内に結婚しないとお母ちゃんに不運が伝染る」 と言われ、小牛の求婚を受けた香葯

「小牛は妖怪だけど一応王子だし、悪い話じゃないわね」 と乗り気なお母ちゃんと瓔珞

でも、小牛を全く愛してない香葯は憂鬱そう...



てか、小牛のお父ちゃんって、このオモシロ牛角王だったのか...スゲ~顔



お父ちゃんに 「人間の娘との結婚なんて許さん」 と言われた小牛はハンスト宣言したけど

息子に甘々の両親は、食べない息子を心配してすぐ結婚をOK...ハイ~過保護~

一方、憂鬱そうな様子を心配した小呆に、結婚を急ぐ訳を話した香葯は

「私を助けたいなら四叶草を探してきて」 と頼んでいたけど...

四叶草は千年に一度だけ咲く花で、持ってると人間に幸せを与えるとかで

コレがあればお母ちゃんを不運から守れるんだそうな...

「絶対に見つけて来るから、それまで嫁に行くなよ」 と言い残して探しに行く小呆...

どこに咲いてるかも分からないのに...仔犬みたいにけな気なヤツだな...

(小呆が、タムさまの姿の夙和のままだったらな~...と今更ながら言ってみる)

そして、山の中でたき火をするスーさまと細腰...



スーさまは晩ご飯の鳥を焼いてるみたいだけど...

私...今まで生きて来て、こんなカッコいい顔で鳥を焼く人を見た事がありません (笑)



鳥を焼きながら真剣に 「アレがヤツの手中にある限り永遠に天下は手に入らない」 と言うスーさまに



「安心してください...私が必ず奪い返してみせます!」 と言う細腰



細腰...スーさまが焼いた肉を切り取って渡したら一瞬躊躇してたけど...



もしかしてボス直々に焼いてくれた事に感激してたの?

そして、山の中で一夜を過ごしたスーさまと細腰... (あ、色っぽい意味ではありません

細腰に 「何のために王城に行くのですか?」 と聞かれたスーさまは



「弟を護れなかったオマエは本当ならとっくに殺してるところだ...

まだ生かして置くのは私の仕事を手伝わせるためだ...王城で伏羲を探して河图を奪い返せ」 と命じ

スーさまは 「王城に行けば死ぬかもしれない...やめるなら止めはしない...」 って言ったけど

「死など恐れません!もし私が死んだら山の中に小さな墓を立ててください」 と言い王城に向かう細腰

細腰に冷たい事を言ったと思ったら、急に優しくしたり...弱い所を見せたり...



スーさまってツンデレなの?...あぁなんか愛しくてたまら~ん

そしてやって来てしまった香葯と小牛の結婚式の日...

牛角王とゆかいな(造型の)仲間たちの花婿行列が到着してしまい



憂鬱そうな香葯を心配するお母ちゃんは、あまりに上からな態度の牛角王を見て

「こっちからお断りだわ!イヤなら結婚しなくてもいいのよ」 って言ってくれたけど...



お母ちゃんの為に自分を犠牲にする覚悟を決めた香葯...小呆は間に合うのか?
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 去天收夏色 | トップ | 回到出発点 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
焼き鳥🍗 (向日葵)
2017-08-10 08:01:39
スーさま、ホント美しく焼いていらっしゃる〜🍗 クスクス
ミスマッチな感じがかわいい〜💕
かぶりついて食べたりはしなかったのかしら?むしって食べた?
きっと焼き鳥食べてるスーさまも美しかったことでしょうね。
汪直さまの食べ方も美しかったですね❤️
(ただし乞食時代は除く)

細腰…眠れなかったでしょう、ドキドキして…。冥想して私がドキドキしてるし❣️
向日葵さん (みんきぃ)
2017-08-10 15:16:49
こんな美しい顔で鳥を焼く人ですから、きっとかぶりつかずに小さく切り分けて食べたんでしょう(笑)
ミステリアスなスーさまは、どんな顔して食べるのか?どんな顔をして寝てるのか?
色々と気になります

私が細腰だったら、眠ってるスーさまの寝顔を一晩中見てるんだけどな~ (← 変態

コメントを投稿

譚耀文」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL