WINK-SHOT

ハワイと日本で撮った写真で感じた処を綴っています。愛機はCanonEos5DMarkIIIです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タンタラスの丘でバルブ撮影

2012年11月11日 | タンタラスの丘

ハワイの島

The 5th Day Part XIII

Bulb shooting in the hills of Tantalus

 

 1枚目!

The 5th Day Part XIII 22:09:14

CANON EOS5D MARKIII / EF24-105mm F4L USM / 172.4sec / F11.0 / ISO 100 / 24.0mm

2012年ハワイ、5日目の締めくくりとしてタンタラスの丘へ

夜の10時でしたが、ちょっとだけどうしても撮りたくて一人で行きました。

天気がいまひとつで3枚しか撮れませんでした。

3枚目は雨は降ってくるわ車のライトがまともに照らしつけてくるわで没になってしまいました。

 拡大写真(1枚目左下4分の一)

 

拡大写真(1枚目右下4分の一)

 

 

 

 

 

 

 2枚目!

The 5th Day Part XIII 22:17:58

CANON EOS5D MARKIII / EF24-105mm F4L USM / 298.3sec / F14.0 / ISO 100 / 35.0mm

写真的には大きめのサイズで見ると満足な結果なんですが

小さいサイズで見ると全然ぱっとしなくてだめですね。

今、以前のタンタラスの丘の夜景写真のように大きいサイズで載せようと挑戦してますが

うまく行かなかった場合はトリミングして拡大してこの下に載せようと思います。

 

ノイズの点では、1枚目の写真が3分弱、2枚目の写真がおよそ5分というデジタル1枚撮りではかなり長めの設定です。

5D MARKIIの時は挑戦出来なかった領域でしたが

結果を見て非常に満足いくものでした。

これからも機会を作って挑戦しようと思います。

どうしてもここで夜景のバルブ撮影が何年も前からしたかったんですよね〜^^

夕暮れ時は明るすぎてだめですが、やはり夕暮れの空の色合いも欲しいのでNDフィルターを検討します。

 拡大写真(2枚目左下4分の一)

 

拡大写真(2枚目右下4分の一)

 少しざらつき、粒状感がありますが輝度ノイズ、色ノイズともにリダクションは一切かけていません。

少しかけた方がいいかなぁ?

 

 自分でもタンタラスの丘の写真を初めて訪れた時から見比べましたが

カメラも変わり、時間も変わると結構同じ眺めでも全然違う写真になってるのが面白いです。

みなさまも良かったらカテゴリー分けしてますので過去写真と最新写真と見比べてみてくださいね〜^^

 

 

さあ、明日は空へ飛び立ちますよ!!

 

 

ハワイの島

 

 

 

My Album PANORAMIO

  人気ブログランキングへ   blogram投票ボタン
↑↓写真、綺麗だった!と思っていただけたら↑↓ワンクリックお願いします (^^ゞ↑↓
Wink-Shot

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タンタラスの丘の夜景、お気に入り3枚をいつもの4倍のサイズで載せてみました!

2012年08月04日 | タンタラスの丘

 

ハワイの島

The 3rd Day Part VI vol.2

〜A night view of the hills of Tantalus & Hilton fireworks〜

The 3rd Day Part VI     19:53:54

                                             Canon Eos 5D MarkIII

                                                         EF24-105mmF4L

                                 25sec*F6.3*Iso100*55.0mm

 

Eos 5D MarkIIIのもともとの写真サイズは、5760画素×3840画素=22,118,400画素。およそ2,211万画素ですね。

ちなみにこれでは大きすぎるので普段のブログ画面には840画素×560画素=470,400画素およそ47万画素で載せてます。

概ね写真全体がパソコンの画面からはみ出さずに見渡せるサイズにしています。

もとの大きさの約1/47のサイズです。

 

 

The 3rd Day Part VI 19:47:15

                                   Canon Eos 5D MarkIII

                                                                EF24-105mm F4L

                                                                                   30sec*F10*Iso100*105.0mm

                                                                                               (トリミング)

夜景などの精緻な写真はある程度大きいサイズで見ると印象が大きく変わりますので

せっかくの夜景写真なので4倍くらいは見れるかなと思い実験的に載せてみます。

自分は初めての試みです。

 

 

The 3rd Day Part VI 18:55:46

 

以上3枚は1680画素×1,120画素=1,881,600画素、およそ188万画素です。

縦横の長さをちょうど2倍にしましたので面積は4倍になります。

さらに、キャノンのLレンズの実力も凄いと思います。

Lの意味はラグジュアリーのLだそうです。

いかがでしょうか?

こんなの見にくい!重い!とか、たまにはいいんじゃない?などのご意見・ご感想等いただきたいと思っています。

よろしくお願いします。

 追記:左右スクロールが必要です。記事画面の最下部の左右スクロールバーの操作が必要です。

追記2:写真画面を左クリックしてから、十字方向キーを押してもスクロール出来ました。

ハワイの島

 

My Album PANORAMIO

  人気ブログランキングへ   blogram投票ボタン
↑↓写真、綺麗だった!と思っていただけたら↑↓ワンクリックお願いします (^^ゞ↑↓
Wink-Shot

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タンタラスの丘の夜景とヒルトンの花火

2012年08月04日 | タンタラスの丘

 

ハワイの島

The 3rd Day Part VI

〜A night view of the hills of Tantalus & Hilton fireworks〜

The 3rd Day Part VI 18:54:26

以前のタンタラスの丘の撮影の時よりこの日は雲が少なく良い天気で幸運でした。

ここは東南向きなので夕日は見えません。

風の音だけが聞こえる静かな場所です。

少しずつ少しずつ空の明かりが落ちるのを見つめ続けます。

 

 

The 3rd Day Part VI 18:55:33

時々、後ろの山の手の方へも目を配ります。

雲の様子が気になるのと、もし虹が出てたらと期待してるからです。

今回の旅で思ったのは撮影に夢中になるあまり、目の前の風景しか見ないことで

何度か背後に現れた虹などに気付くのが遅れていたのです。

もしかすると全く気付くことなく消えた虹もあったかもと思うと、自分の愚かさに腹が立ちました。

自分の愚かさの例:「あ、虹!気付かなかった!だってなんの音もしないで現れるからずるい!虹って不親切!」・・あはは・・・

 

 

 

The 3rd Day Part VI 18:55:46

この角度から見るダイアモンドヘッドの姿が僕は大好きです。

美しい形プロポーションです。

僕の中のザ・ハワイです。

特に夕日に山肌を赤く染められたダイアモンドヘッドの美しさにはいつも感動してしまいます。

ただ、それについては反射角度からもこの時間ダイアモンドヘッド写すにはワイキキ・ビーチがベストポジションですけどね。

 

そう考え出すと・・・

あ〜短い滞在期間で写し足りない!!

体とカメラがいくつあっても足りない感じ!

この同じ時間、あっちでもこっちでもハワイを撮りまくりたい!

もったいない!

ハワイ、大好きな被写体風景です!

 

 

 

The 3rd Day Part VI 19:02:07

そろそろ日没ですがこの通り駐車スペースはまだまだがら空きです。

夜景だけ見るのも良いけど、どうせなら日没直前に来るのが良いと思ってます。

この後、あっという間に車が押し寄せてぎゅうぎゅうの満車になりました。

何台も停まれずに帰って行きました。

 

 

 

The 3rd Day Part VI 19:15:20

僕は邪魔にならないように三脚にカメラをセットし、レリーズとアイフォンのストップウォッチを準備してました。

そう、アイフォン便利ですね!

夕日や朝日の撮影の時に自分の居場所での日の沈む時間、日の出の時間が分かるアプリ(残照と薄暮の時間まで表示可能)

グーグルマップ上でどの方角に月と太陽が見えるかを示してくれるアプリ(太陽・月の高度角度まで表示)を使っています。

この後日挑戦したラニカイの朝日でも正確さと便利さを思い知らされました。

 

 

 

 

The 3rd Day Part VI 19:38:35

 だいぶ街明かりが目覚め始めました。

アメリカ人の若いお父さんが小学生低学年くらいの娘さん二人を連れて見に来ていました。

子供は退屈ではしゃぎまわるのでお父さんはゆっくり夜景を見る余裕がありません(笑)

本当はがっつり暗くなっての夜景を見たかったのでしょう。

僕に英語で「暗くなるまであとどれくらいかかりますか?」と聞いてこられました。

僕は片言であと15分くらいですと教えてあげました。

 

 15分後の景色を見られてはしゃぎまくる金髪の女の子二人を車に押し込めて帰っていかれました(笑)

その家族が出て行った駐車スペースも数分後には次の車が滑り込んで埋まるという夜景人気スポット。

 それには更に理由がありました。

 

そう、狙ってはいませんでしたがこの日、金曜の夜だったのです!!

 

 

 

The 3rd Day Part VI 19:47:15

Canon Eos 5D MarkIII

EF24-105mm F4L

30sec*F10*Iso100*105.0mm

(トリミング)

 タンタラスの丘からヒルトンの花火を見たのはこの時が初めてでした。

偶然だったのですが、これからもタンタラスの丘へは金曜の、日が沈む前、明るいうちに行くことをお勧めします!!!

きれかったー!

あ、それともう一つ情報提供を。

 

 

The 3rd Day Part VI 19:48:45

 駐車スペースの一番上の端っこへ陣取っていたのですが

花火の上がる角度が結構山に隠れる右側ぎりぎりなので駐車スペースの人影が邪魔になることがありますので

花火とワイキキの夜景をがっつり見たい撮りたい!という時は

駐車スペースの下側、夜景に向かって右端が良いですよ。

 

 

 

The 3rd Day Part VI 19:53:54

 Canon Eos 5D MarkIII

EF24-105mm F4L

25sec*F6.3*Iso100*55.0mm

 

 

 

The 3rd Day Part VI 19:56:03

 Canon Eos 5D MarkIII

EF24-105mm F4L

30sec*F10*Iso100*105.0mm

 

 

 

ハワイの島

 

My Album PANORAMIO

  人気ブログランキングへ   blogram投票ボタン
↑↓写真、綺麗だった!と思っていただけたら↑↓ワンクリックお願いします (^^ゞ↑↓
Wink-Shot

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夕暮れのタンタラスの丘へ

2012年08月03日 | タンタラスの丘

 

 

ハワイの島

The 3rd Day Part V

〜Hill of the Tantalus in dusk〜

The 3rd Day Part V 09:08:31

Canon Eos 5D MarkIII

TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO (Model A001)

1/5000sec*F4*Iso200*200mm

 

またまたハイアットのベランダから見たワイキキの海。

この日、ここからアラモアナ・ショッピング・センターへ。

 

 

The 3rd Day Part V 10:50:22

今回はがっつりショッピングに集中・・・したかな?

アラモアナでの僕のお気に入りのお店はレディオ・シャックと、リッツ・カメラ。

円高の影響でなかなか魅力的な値段にわくわくしました。

僕のカメラ系ショッピングの話は後ほど。

 

 

The 3rd Day Part V 13:28:20

Canon Eos 5D MarkIII

EF24-105mm F4L

1/2500sec*F4*Iso200*105.0mm

 

ベンチやビーチで新聞読んでる人は大体男性、おじさんですね。

でも、ハワイで思い思いの素敵なシチュエーションで、持参した好きな本の世界に浸る人は多いようですね。

僕もそんな贅沢なハワイのひと時を過ごす時は来るのだろうか・・・?

当分来ないね(笑)

 

ロイヤル・ガーデンで恒例の昼食を摂って、引き続き夕方までアラモアナ・ショッピング・センターを満喫してから

タンタラスの丘へ。

 

 

The 3rd Day Part V 18:33:06

タンタラスの丘へ行く道すがら、素敵な光を見つけてちょっとパチリ。

 

 

The 3rd Day Part V 18:33:26

名も知らぬ町の中に生える木にもハワイ生まれのの命を感じる。

いや〜素敵だなぁ・・・

 

タンタラスへ登るのは久しぶり。

狭い峠道をくねくねと登っていきます。

初めて訪れた時はオプショナル・ツアーでワゴンで連れて来てもらいましたが

その時はワイキキから遠い場所なのかなと思ってましたが

実際自分で来て見るとワイキキから15分で着くとても身近で手軽なところでした。

大阪の生駒山の夜景スポットまで行くには1時間半くらいかかります(笑)

いいなあワイキキのコンパクトさ。

 

 

The 3rd Day Part V 18:40:08

Canon Eos 5D MarkIII

EF24-105mm F4L

1/640sec*F6.3*Iso400*105.0mm

7時には日没。

タンタラスの丘で夜景見るには明るい内に来るのがいいかな。

ワイキキの表情の変化も美しい。

それに、人気スポットなので狭い路肩の駐車スペースは満車になりやすいですが

この時間に来たら概ねがら空きです。

このまま暗くなるのを待ちます。

 

 

The 3rd Day Part V 18:41:20

足元の谷の底まで家並が登ってきてます。

周りを見回しながら日が傾いて暗くなって行く景色を楽しみます。

ちょっとしか登って来てないと思いますが少し高台に登るだけで涼しい風が肌に気持ちいい。

汗がすーっと引きます。

寒がりの人は一枚羽織れるものがあった方が車の外で景色を楽しめると思います。

 

 

The 3rd Day Part V 18:47:25

今回デビューの新しい相棒。

5D MarkIIIはここの景色を撮ってみて

間違いなく進化、レベルアップしてるなあ!!と

やっと実感できました。

5D MarkIIの時のタンタラスの丘の写真は画面右側のカテゴリーの中の「タンタラスの丘」でご覧ください。

 

 

The 3rd Day Part V 18:50:47

ワイキキのホテル街。

ここから望遠で見るの大好きです。

海と高層ホテル街のコラボ・・・

パンチボウルの方もビルと海のコラボは綺麗です。

シェラトン・ワイキキ、アイランドコロニー、ハイアット・リージェンシー・・・あそこから車でここまで15分。

いいねえ〜・・・

 

 

The 3rd Day Part V 18:51:25

Canon Eos 5D MarkIII

EF24-105mm F4L

1/640sec*F8*Iso500*55.0mm

 

だんだんと地面に近い所から日陰に入り、高い建物やダイアモンド・ヘッドの斜面にだけ日が当たる・・・

黄昏時。

他よりも少し高い所が太陽と反対側へ長い長い影を投じる。

こんな他愛も無い光と影の織り成す景色に僕は心躍らせます。

 

この綺麗な心に染み渡る景色をどうフレームに収めたらいいのか分からなくて

思いつくあらゆる切り取り方をするのに夢中でした。

感動した時のいつもの悪い癖で同じようなボツ写真の山です・・・がいいのです。

その中から少しでも、ましかな・・・と思うやつをピックアップして載せてます。

ですので、ブログの上でもなかなか夜になりません(笑)

 

ハワイの島

 

My Album PANORAMIO

  人気ブログランキングへ   blogram投票ボタン
↑↓写真、綺麗だった!と思っていただけたら↑↓ワンクリックお願いします (^^ゞ↑↓
Wink-Shot

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タンタラスの丘から見たワイキキの夜景

2009年10月01日 | タンタラスの丘


日が落ちて、夜景へと変わるのを待ちますが、タンタラスの展望台は夜景の頃には閉まるので

少し下の道沿いの駐車できるスペースへ移動します。





もうワイキキの街には日が当らなくなり、ダイアモンドヘッドにだけ赤い光が柔らかく届いてました。





西の方を望遠で覗くと、滑走路から飛び立つ飛行機のヘッドライトが

夕焼け空をバックに浮かび上がって見えます。





展望台からは山が邪魔して、夕日を見るのにはあまり良くないと思います。

ワイキキ周辺のビーチか、もっと西海岸線沿いに行くのがいいですね。

やっぱここは昼間か、夜景が最高です。





だんだん街明かりの方が強く見えはじめます





気温の高さと、長時間露出の影響でどうしてもノイズが出てしまいます。

将来のデジカメに期待です。

タムロンの70-200F2.8レンズは素晴らしい写りです。

買って良かった満足レンズです





シメはキャノンの単焦点20ミリF2.8レンズで。

この時は雲が多く、アップよりの写真を多く撮りました。

ハワイといえども完全な快晴にはなかなか巡り合えませんね。

前回の失敗を踏まえて今回は、カメラによる撮影時のノイズリダクション機能は全て切り

RAW撮影で最高の状態の生データで持ち帰りました。

それでもやはりリダクションを使うと画質は落ち、細かい描写が魅力の夜景写真には使えません。

ほんと将来のカメラに期待してます。まだまだ進化の余地ありです。


最後まで見てくれてありがとうございました。
良かったらランキング応援のクリックお願いします!!
最近少しずつぽちっとしてもらえ始めて、とてもうれしいです
ぽちっとしてもらうと、ランキング表へ移動し、順位に反映されます。
↓↓↓







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕暮れ時のダイアモンドヘッドとワイキキ

2009年09月30日 | タンタラスの丘


この時は、夕日から夜景までを眺めに

タンタラスの丘を目指しました。

一応、ナビで目的地設定したのですが

レンタルナビだったので、設定場所を違うところにしてしまいました・・・

タンタラスの道の形を覚えてたつもりが間違えたんです。





だいぶ、西の方へ迷い込んでいました。

でもお陰で誰もいない峠道のカーブで木々の切れ間からダイアモンドヘッドと

ワイキキの街並みが見れることを知りました。

で、ここはカーブの所に車が数台停めれるように広くなってました。




「あ!ここすごく良い眺めやで!」と

数台先客は居ましたが端っこに停めれました。

観光客は居なくて、みんなロコっぽいピックアップトラックに不良っぽい面構え(・・;)の

短パンに上半身裸、タトゥーをいっぱい入れたお兄さんたちがたむろしてます。

奥さんは怖いからヤダと車を降りませんでしたが、良い眺めやから

ちょこっとだけ撮ってくると一人で行きましたが、少し冷たい視線を感じつつも

絡まれたりはしませんでした(笑)

撮影してみると、やっぱタンタラスの方がワイキキに近いので

景色はここより良いなと思い、日没に間に合うように車を飛ばしました。




↑高画質・地図↑

ちょうど思い描いてた日没直前の光がダイアモンドヘッドとワイキキを

照らすところに間に合いました。

静かで人も夜景前なので少なく、僕らにとって素敵な癒し時間が流れました(^^)


だいぶワイキキに夕日の光が届かなくなってきました。




背後の夕日の方を振り返ると・・・

さっきよりは人が・・・カップルが増えてきました。



ワイキキの夕日を見ながら愛をささやきあっているのか

だんだん抱き合い始め・・・

周りの人にはお構いなしにぶちゅぶちゅキスしはじめて目のやり場に困りました

次は夜景です。

前回の失敗を踏まえ、カメラの設定に注意しました。



最後まで見てくれてありがとうございました。
良かったらランキング応援のクリックお願いします!!
最近少しずつぽちっとしてもらえ始めて、とてもうれしいです
ぽちっとしてもらうと、ランキング表へ移動し、順位に反映されます。
↓↓↓









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関空出発!オアフ島に着いたら、まずタンタラスの丘へ

2009年08月05日 | タンタラスの丘


今までの記事は2003年から2007年のハワイの旅を書いてみました。
かなりはしょったところもありますが、頼りの写真がいま一つ不足してるので
割愛しました・・・。去年の暮に新しいカメラを手に入れて、写す喜びは
倍増しています。写真の趣味は一生続けていきたいと思っています。

08’の暮に関空を出発・・・・


2008/12/25 21:28*CanonEos5DMk2*EF24-105mmF4LUSM*F4*1/13*ISO6400

クリスマスということででしょうか?寒い中、飛行機を見送るJALのスタッフの方たち
ちょっと感動して写真に撮りました。社員さんたちはこんなに頑張ってるのに何で業績悪くなるんでしょう・・・?見えなくなるまで手を振ってくださいました。



少し楽しみの機内食。が・・・クリスマスのせいでしょうか?ではないようです!
あの並びまくらないと買えない堂島ロールが!!!
これは奥さんと大喜びです!食べてみるとあのあっさり美味しいクリームとふわっふわのスポンジが口の中で絡み合ってとろけていきます・・・うまい!!
JALの頑張りは僕的には感じていますよ

少し窓際の席でうとうとします。
奥さんは写真に興味はありません。僕の希望でいつも窓際の席に座らせてもらいます。奥さんはトイレの点で通路側希望です・・・
いつも膝に一眼レフを抱きながらエコノミー席で眠ります。
いつ、感動の景色と出会うか分からないからです。
ほらね・・・

2008/12/26 2:48*CanonEos5DMk2*EF24-105mmF4LUSM*32mm*F5.6*1/60*ISO1000
高画質・撮影位置はこちらです→ http://www.panoramio.com/photo/17547675

日本時間で深夜2:48の朝焼けです。
不思議な美しさでした。


2008/12/26 3:52*CanonEos5DMk2*EF24-105mmF4LUSM*24mm*F10*1/200*ISO200

オアフの前にお目見えするニイハウ島です。
海と空がクリアーな青で透明度が高いです!

このあと、無事ホノルル空港へ着陸。
レンタカーの窓口へシャトルバスに拾ってもらって行きます。
この時はバジェットでした。
日本から一番安いエコノミーカーを予約してましたが、車が余ってたのか
一日$10上乗せでRV車にアップグレードしませんか?と言われ
黄色いジープがあればイエスと答えたら、「OK-OK-」と即答でした。
ということで、二人とも大好きな黄色いジープを今回の旅のお供に出来たのでした。
で、恒例の右側通行慣らし適当ドライブへ!
適当といっても大体、タンタラスの丘へ行ってますが・・・


2008/12/25*CanonEos5DMk2*Sigma12-24mmF4.5-5.6HSM*12mm*F14*1/250*ISO200

夜景ツアーのポイントへ到着。夜景もいいけど、昼間もめちゃきれいです。
さらに日没くらいまではさらに上の展望台へ上がれますから
夜景だけしかここへ来ないのはもったいないです。


2008/12/25*CanonEos5DMk2*Sigma12-24mmF4.5-5.6HSM*12mm*F14*1/250*ISO200
高画質・地図はこちらです→ http://www.panoramio.com/photo/17703810



2008/12/25*CanonEos5DMk2*Sigma12-24mmF4.5-5.6HSM*12mm*F10*1/250*ISO200



2008/12/25*CanonEos5DMk2*Sigma12-24mmF4.5-5.6HSM*12mm*F10*1/400*ISO200

オアフ島は僕の知る限り日本より路面は荒いです。
ジープは馬力もあり視点が高く見切りが良いので運転しやすいですが
サスペンションが硬いので日本車に慣れていると
ガタガタをよく感じます。でもそこが四駆らしくていいんですけどね・・


2008/12/25*CanonEos5DMk2*EF24-105mmF4LUSM*105mm*F14*1/160*ISO200

一番上の展望台です。最初は分かりにくいところかも知れませんが
てっぺんまで登って更に奥の奥まで行った行き止まりの駐車場に停めます。

天気が良い時は最高に気持ちが良いです。
僕は時差ボケとエコノミー席の疲れをここで癒してもらいます。


2008/12/25*CanonEos5DMk2*EF24-105mmF4LUSM*24mm*F11*1/500*ISO200



2008/12/25*CanonEos5DMk2*EF24-105mmF4LUSM*24mm*F11*1/500*ISO200



2008/12/25*CanonEos5DMk2*EF24-105mmF4LUSM*60mm*F11*1/250*ISO200

ホノルル空港方面、ヤシの木と同じ高さの右端に丸い緑地帯が見えます。
パンチボウルです。地図を見ながら眺めると非常に面白いです。


2008/12/25*CanonEos5DMk2*Sigma12-24mmF4.5-5.6HSM*12mm*F14*1/320*ISO200
高画質・地図はこちらです→ 
http://www.panoramio.com/photo/17547697

そろそろ昼飯時ですつづく・・・

  ←ぽちっとして頂くとランキングが上がります

コメント
この記事をはてなブックマークに追加