続・旅するデジカメ 我が人生

デジカメ片手に 美しい自然を求めて今日も

萱葺民家4棟しか残っていない板取宿 in 福井・南越前町

2016年10月01日 00時00分00秒 | 歴史的建造物

 萱葺民家4棟しか残っていない板取宿

-日本の秘境100選-

福井・南越前町

 

福井県の板取から滋賀県の木之本に向かう県境の小道、

天正6年(1578年)柴田勝家によって

栃ノ木峠の小道を大改修して整備された北国街道。

その街道の入口にあり

近江と越前を結ぶ要の宿場として。

初代福井藩主 結城秀康以来、

関所を設け、旅人を取り締まる 重要な場所となりました。

江戸後期から明治の中頃までに建てられた茅葺き妻入りの民家や

現存する民家の茅葺の屋根は

屋根のすそを切り上げた甲造り(かぶと)で珍しいものです。

 

 

 

 

 入ったらすぐ倒れ掛かった民家が目につきました。

 

 

 まるで廃墟の宿場町

 

残っているのは
萱葺屋根の4棟のみ

 

 

 

 

 

 

 今日も

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

明日も皆様のお越しをお待ちしております。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書院庭園の美しい 西福寺 in ... | トップ | 名勝 養浩舘庭園 in 福井市 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (FREUDE)
2016-10-01 08:20:14
道路が石で固められていなければ
時代劇のロケに使えそうな光景ですね

結城秀康の息子、忠直の暴れっぷりを先日、
読んだところです
Unknown (ワンちゃん)
2016-10-01 14:53:30
7枚目が良いです。
紅葉しているようにも見えますが…なんていう木なんでしょうね ?
茅葺民家とのバランスが最高です ♪~
^^ (あとり)
2016-10-01 16:25:47
こんにちは。

こんなにも廃屋があるなんて。。ちょっとびっくりしました。

早いもので、今日から10月です。

今月もよろしくお願いいたします。

歴史的建造物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL