風に吹かれて

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

小秀山

2017年09月04日 | 登山

今週は5月に通行止めで断念した小秀山に再トライ。

今回は長野県側から舗装された白川林道ですんなり登山口到着。

ほぼ12時頃スタートで最初は暑かったけど登るにしたがって涼しい風が

吹いてきました。もう山は秋の足音

途中笹藪が行く手を阻みましたが道ははっきりわかるので

耐えるだけ。昼なので朝露に悩まされることもありません

笹藪を抜けて巨岩地帯では気持ちいい風が疲れを癒してくれました。

天気が良ければ頂上から御嶽山が良く見えるようですが

今日は雲に隠れて裾野だけ。山は雨が降らなければめっけもんです

お弁当食べて途中道の駅で買った焼き栗もおいしくいただきました。

休憩込みで往復3時間程度なのであまり疲れも無く4時頃には本日の宿到着。

この辺は冷鉱泉が多くこちらもそうでした。

民営の国民宿舎ということですが1泊2食付いて8千円以下!

夜はバーベキューと生ビールで今日もぐっすりでした。

翌日は晴れた木曽路を観光して会社で一仕事。

夕方から恒例秋の地ビール祭りを愉しんできました。

お勧めは今年から参加の地元の地ビール。

でもどれもおいしかった。味がわかるのは最初だけですが。。。

何とか帰ってきましたがそのまま布団に倒れこんでブログ更新は

1日遅れとなってしまいました。

200名山も残り6つ。 今年はあといくつ行けるかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペテガリ岳

2017年08月25日 | 登山

今年も北海道200名山最後の2山に挑戦。 去年はどっちも登れませんでした

久々の大洗港を深夜便で出発。 航路が長いので時間も掛かります

19日の1:30に出発して19:30に苫小牧に到着。

船の中では海を眺めながらお風呂に入ってサウナで汗かいて飲んで寝るだけ。これがいい~

到着後千歳空港の健康ランドでお泊りの予定でしたが満室で入場制限、急遽札幌まで。プラス30分

予定通りにならないのも旅の醍醐味。

翌日は30分早く出発して十勝の神威山荘に向かいました。

この日は神威山荘からペテガリ山荘まで歩き。

途中渡渉と聞いていいましたが水嵩も無く飛び石で登山靴のまま進めました。

道もピンクリボンに従って進めば明瞭で迷うことはありません。

2時間半ほどで立派なペテガリ山荘に到着。

ここは水場もあります。 快適

ペテガリ山荘側にも林道はあるのですがなぜか通れなので裏山歩いて来なければなりません。

川で冷やしたビールとレトルトの親子丼がここでは御馳走。

鹿の親子が人目も気にせず元気にかっぽしてました。 お友達になれるかも。。。 

やることないので日没とともに就寝。なおこの日降りてきた2人組も一緒でした

翌朝は4時起きでおにぎり食べて4時半出発。

途中までは笹は刈られていて歩きやすかったけど途中からは

朝露に濡れた笹の中を進みアップダウンを繰り返してやっと頂上目の前。

ずーっと元気でしたがここでエネルギー切れて足が止まってしまいました。

最近は便利なものがあってビターインゼリーで復活して何とか登頂。

久々に晴天で十勝の山が一望でした。

帰りもアップダウンで苦労しましたが無事山荘到着。

ここで寝床と荷物を片付け水分補給して13時頃出発。

途中オーバーペースでバテテ日陰で休憩。 ここでは救急車は呼べません

あとはゆっくり昨日来た道を帰りました。

途中水も切れて沢の水をおいしくいただきました。 けっこうお腹は丈夫

休養していたおかげで遅くなったので宿まで急ぎます。 ここから峠越えて90km

なお帰りはゲートが閉まっていましたがバイクは何とか通れました。 これは想定通り

でも木を切り倒すのはやめて! 汗。。 林の中を走りました

お宿は毎年お世話になっているナウマン温泉ホテル

途中虫まみれになりながら19:30に到着。

お風呂に入って20時食事。 遅くまで食事出してくれるので助かります

料理はおいしそうなのですが完全脱水状態でビールもおいしく感じられませんでした。

ペテガリは大変!

ついに残り1山ですが翌日は朝から小雨。 天気予報が当たっちゃいました 

行って行けないこともなく、いざとなれば翌日の日帰りも考えられましたが体が無理。

この日は足寄経由で屈斜路湖畔の宿で湖を眺めながらのんびり。

雨も最初だけで後半は曇り空の中のツーリング。

神対応で有名な松山家にも寄り道、

翌日ゆっくり朝飯食べて摩周湖経由して北海道100名山の西別岳でプチ登山。

標高は低いけどキレイな山で稜線歩きも気持ちよく晴れた摩周湖も見えました。

思えば霧の摩周湖見たことありません。  やっぱり!

13時頃下山してこの日苫小牧まで気持ちよくツーリング。

汗は屈斜路湖の野営の露天風呂で流しました。 無料です

行きの便と同様1:30出港で19:30大洗着、20時部屋に到着。 ぐっすり。。。

残るは1山。 また来年も続きます  なんかうれしそう。。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金剛堂山

2017年08月06日 | 登山

先週はずーっと風邪を引きずっていたので湯治に行こうかと思いましたが

富山に登山。 おとなしくできない性格ですから

土曜日に北陸自動車道走って高岡の健康ランド泊。 

度々利用しますがいつもは到着遅いので露天風呂入ったの初めて

微熱と鼻水ズルズルだけど飲んで朝までに治す!

翌朝やっぱり鼻水ズルズル。

暑さだけは避けたいので登山口を6時に出発。

いつもの登山口は先日の雨で橋が流されたとのことで

スキー場の脇から登りました。

いつもの登山道ではないので結構急登。

汗と鼻水いっぱい出ました。

登りのコースタイム4時間位ですが2時間ほどで霧の前金剛(1,630m)到着。

途中葉っぱも濡れていてびっしょり。

晴れていれば連なった山と遊歩道がきれいに見えるのでしょうが

見えるのは真っ白な景色。

ここに荷物置いて頂上の中金剛(1,650m)まで歩く間、花や池やきれいな歩道が見えました。

頂上も霧の中でした。 さらにびっしょり。。。

最近下山晴れ男でしたが今回は前金剛で食事してたら晴れてきました。

さっき登った中金剛まで山並みが確認できました。やっぱ景色が見えるとうれしい!

帰りも途中、葉っぱで鼻かみながら下山。 お蔭で耳抜きできていない

さすがに帰りは晴れて暑かったけど下山なら何とかなります。

到着10時と早かったので麓で温泉入っておそばを食べて36度越えの

北陸自動車道を帰ってきました。

35度越えるとビートルのクーラーほとんど効かない。無いよりはましですが。。。

今日は早く寝て風邪治します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鋸岳

2017年07月18日 | 登山

世間は3連休のようですがわが社は土曜日出勤の日,月が休日。

今週は海の日なので山に行ってきました。 基本ひねくれてます

今回の鋸岳はゲートから登山口まで8kmもあるので途中で1泊することにしました。

15時ゲートにバイクを置いてテクテク林道を歩きます。

夕方下りてくる人に3組逢いました。

恐らくこの人は朝から日帰り登山客。

弱い登りですが今日は荷物が重いので堪えます。

9.6km歩いたところで小屋みたいなものが見えました。

小屋は立ち入り禁止ですが軒先が登山者に開放になっているので

ここにテントを張ることにしました。

ときより雨も降る天気なので助かります。

夕飯は即席の親子丼とかぼちゃスープ。

旅館の御馳走が懐かしい。 ここではこれも御馳走です

日が暮れたら寝るだけ。

夜中雨音で目を覚ましましたが5時半まで熟睡。 寝過ごしました

朝飯は途中で食べることにしてテントもそのままで登山開始。

途中富士川の源水でのどを潤しひたすらのぼり。

途中雨がぱらついて葉っぱが濡れているのでカッパ着用。

上は寒くカッパ着てちょうどいいくらい。

頂上はガスで展望今一でしたがその分涼しく、恐怖感もなく登頂。

眺望は無くてもお花が癒してくれます。 普段は花なんて目もくれないのに

下りでこの日出会ったのは一人だけ。

結構大変な山なので登る人も少ないようです。

時間かけて慎重に登れば日帰りもそんなに苦にならないと思います。

下りてテント片付けまた延々長い道のりを歩いて帰っていきました。

いつものことですが私が下りてくると天気が良くなります。

下山晴れ男。 この時期涼しいことも大切 ←負け惜しみ

帰りのバイクも水分補給しながらも暑さでフラフラ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

池口岳

2017年06月25日 | 登山

金曜日、わが社はお休みで恒例の付合いコンペ。結果はBB

夕方から車検の車を迎えに行ってそのまま飯田のホテルへ。

先週もお風呂に寄って自家製のどぶろくがあるのを知って泊りました。

翌日登山なのでほどほど。 本当かな?

温泉もぬる湯があって暑い時期はいいですよ。

翌朝は5時に起きてお風呂に浸かり池口岳に向かいます。 

途中土砂崩れで回り道をして登山口に着いたのは8時。

コースタイム11時間程なので後は頑張るしかない。

黒薙 利検沢の頭 ザラナギと経て4時間で池口岳北峰へ到着。

途中天気は良かったけど涼しい風でバテることなく歩けました。

頂上ではガスが出てきて眺望ありませんでしたが雨は免れました。

ガスも出ており時間も無いので南峰はあきらめて下山。

南アルプスの光岳は雲の合間からちょっとだけ見えていました。

帰りは3時間で15時ちょっと過ぎに登山口へ到着。

本日のお宿辰野に17時頃到着。

温泉とおいしい食事で疲れた体を癒してくれました。

辰野と言えば昔も来ましたがホタルが有名。

ほたる祭りは終わっていますがホテルからホタル公園までバスを出してくれます。

この日は7,678匹だそうです。昔来た時より多かったみたい。

真っ暗な中誰が数えているのでしょう。 数えている姿は見えません

入場者も同じくらいだとと思います。バスで良かった

人もホタルもパラパラの方が風情があっていいですね。

翌朝は雨と地震で帰って仕事してました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加