めぐみ

10年以上にわたる犯罪被害者の日々の記録です。

悪質低轟音周波の脳攻撃の続く中で、変造変形の一夜から攻撃へ

2017-04-20 06:12:13 | 日記
 遅い夜に、思い切ってかけた県警本部への電話が(直通)相談に繋がりました。

受付でなく相談に直接繋がったのは数年ぶりかと思います。

話せるはずもなく瞬時に切られました。(相変わらず、あちら側の方が担当されて

いらしたようで残念でした。)

 これから難しい局面に入った場合、普通の日本人が警察からの助けを得られる

可能性がかなり低いことを改めて知りました。

 火病を起こしたおかしな方たちによる犯罪から身を守るための備えを、各自が

意識為されることと、その地域によっては警察が機能している所もあるでしょう

から、それを見極めることが肝要かと。。。(その差は天国と地獄ほどかと、、、)

 もし、これをご覧の方がいらしたら、純粋な日本人ということが理由で、有り得

ない事由の犯罪被害者となってしまい、助けのないまま十数年の間、24時間危害を

加えられ続けている者の声をお心にとめて、御身にご留意いただけたらと願って。。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加熱と悪質低周波の中での変... | トップ | 加熱と悪質轟音低周波の中で/... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。