手焼きせんべい処相模原風林堂のおせんべい日記

神奈川県相模原市の手焼きせんべい屋風林堂店主が、おせんべい作りとその周辺について日々のよしなごと書いて参ります。

ちょっと忙しい年度末

2012年03月30日 | おせんべい日記

おはようございます。手焼きせんべい風林堂 酒井浩です。

今日は3月最後の週末、年度末と週末が重なりますから、一般的に慌ただしい一日になるのではと思いますが、風林堂でも少し仕事が押してきました。

そんな中、今朝は短冊形と大判四角の焼きのり、海老小丸、もみ海苔掛け、そして今週末名古屋のホテルへ納品するロゴ入りノベルティプリント煎餅用の醤油丸をたくさん焼きました。

大判煎餅というのは、写真のような仕上がりになります。袋の大きさは、縦11cm横13cmほど、それにほぼ一杯になる大きさのおせんべいが15種類ほどあります。 個包装で乾燥剤入りですから、3ヵ月ほどおいしく召し上がれます。少人数ご家族へのパーソナルギフトにもなり、定番且つ人気商品ですね。

いろいろちょっとずつ召し上がりたいという消費者のニーズにもお応えできますが、実は小さなおせんべい屋にはずっと昔からある商品、一枚からでもお求めいただけるコンビニエンスなおせんべいです。


手焼きせんべい風林堂のオフィシャルホームページ
●店長酒井浩の私的興味事を中心に書いているブログ相模原徒然
「ぷりんたぶるせんべい」へのご注文お問い合わせ先

 手焼き煎餅(有)風林堂製菓
〒252-0335 神奈川県相模原市南区下溝536-24
TEL 042-777-4501
FAX 042-777-4502

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の仕事

2012年03月28日 | おせんべい日記

おはようございます。手焼きせんべい風林堂 酒井浩です。

明るい朝です。気温も順調に上がる見込みで、開花の便りが一気に増えそうですね。

今朝焼いたのは、丸と角のお醤油せんべい、すべて今週末から来週初めのにかけて納品予定のメッセージ印刷、「ぷりんたぶるせんべい」に使う予定です。

この時期は、勤務先の移動や退職などで、同僚や上司にご挨拶をされる方が感謝の言葉やお礼をお入れになるご注文が多くなり、年度末までに仕上げてという急なご要望も入りますので、結構忙しくなります。

こんがりと焼かれたお醤油煎餅は、それだけでも良いプレゼントになますが、そこにお礼の言葉やメッセージが書かれていたら、インパクトも強くなりますね。

今週で平成23年度も終わり、新たな環境に踏み出す方も多いでしょう。新年度を秋にという議論も注目されているようですが、やはり四季は春から始まるというイメージが定着していますから、私は今のままがしっくり来るような気がします。皆様いかがでしょうか?


手焼きせんべい風林堂のオフィシャルホームページ
●店長酒井浩の私的興味事を中心に書いているブログ相模原徒然
「ぷりんたぶるせんべい」へのご注文お問い合わせ先

 手焼き煎餅(有)風林堂製菓
〒252-0335 神奈川県相模原市南区下溝536-24
TEL 042-777-4501
FAX 042-777-4502

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老舗の醤油

2012年03月27日 | おせんべい日記

おはようございます。手焼きせんべい風林堂 酒井浩です。

急に春めいてきました。そろそろ桜の便りも届きそうな暖かさですね。今朝は、醤油堅焼き、カレーを二種、塩味海老サラダ、大判小型の黒ごまなどを焼きました。

風林堂で使っているお醤油は、こんな風に届きます。醸造元は醤油処として名高い、千葉県野田市、そこで180年以上の歴史を誇る老舗キノエネ醤油からの直送です。

野田市には国内外で最も有名になったナショナルブランドのメーカーもありますが、売り上げ規模からいうとキノエネ醤油はその1/10くらいだそうですが、風林堂の味を支えるおいしい醤油を作り続けてくれています。創業した父の代から、一度も変えていない味、基本中の基本、風林堂味の秘密でした。


手焼きせんべい風林堂のオフィシャルホームページ
●店長酒井浩の私的興味事を中心に書いているブログ相模原徒然
「ぷりんたぶるせんべい」へのご注文お問い合わせ先

 手焼き煎餅(有)風林堂製菓
〒252-0335 神奈川県相模原市南区下溝536-24
TEL 042-777-4501
FAX 042-777-4502

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小惑星探査機「はやぶさ」のおせんべい

2012年03月26日 | ぷりんたぶるせんべい

おはようございます。手焼きせんべい風林堂 酒井浩です。

気持ちの良い朝ですが、空気は冬に戻った冷たさです。今朝は、名入れ印刷に使う醤油と白醤油の丸せんべい、大判の焼きのり、小型の醤油煎餅、七味、ザラメ、梅付きザラメなどを焼きました。

写真はこのところ映画のモチーフとして立て続けに製作されたことで、再びクローズアップされている小惑星イトカワから軌跡の帰還を果たした探査機「はやぶさ」を描いたおせんべいです。

一昨年の夏、はやぶさが持ち帰ったイトカワの微粒子が入ったカプセルが、地元相模原市にある生まれ故郷のJAXA研究所で一般公開されました。その際にちなんだ商品をというご提案をいただき、製作したのが上記のおせんべいです。他におしょうゆ味もあります。

イベント終了後は一時製作をやめていましたが、地元のお客様を中心に、再度お求めになりたいというご要望を頂戴したのと、このところの映画製作を機に、はやぶさの快挙がクローズアップされているのを商機と考えたのが理由です。

おかげさまで、売れ行きは好調で、遠方への手みやげにとか、イベントのノベルティーになどにというお申し出を多く頂いております。地元の顔として、定着してもらえるとありがたいですね。


手焼きせんべい風林堂のオフィシャルホームページ
●店長酒井浩の私的興味事を中心に書いているブログ相模原徒然
「ぷりんたぶるせんべい」へのご注文お問い合わせ先

はやぶさせんべいはこちら

 手焼き煎餅(有)風林堂製菓
〒252-0335 神奈川県相模原市南区下溝536-24
TEL 042-777-4501
FAX 042-777-4502

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の仕事

2012年03月24日 | おせんべい日記

おはようございます。手焼きせんべい風林堂 酒井浩です。

昨日の雨が残り、湿っぽい朝です。 選抜高校野球の試合は行われているようなので、これから晴れてくるのを期待したいですね。

今朝は、醤油丸せんべい、小粒海苔巻き、小粒金胡麻、大判の海苔、揚げせんなどを作っています。

写真は、小粒の金胡麻せんべいを味付けしているところです。大きいサイズのおせんべいは、棚式乾燥機のコンベアに乗せて、自動感乾燥させますが、これくらい小さいものはタレの粘度のために、お互いがくっついてしまい、乾燥中に固まってしまいます。

乾いてからそれを剥がすと、表面が欠けてしまい商品として使えなくなりますから、半乾きの状態のときに、手作業ですべて剥がさねばなりません。

軽くて小粒のあられ専門のメーカーでしたら、それに対応した設備をお持ちでしょうけれど、大きいサイズの煎餅を主体に作っている風林堂では、規格外のものには臨機応変の対応で乗り切っているというところですね。 香ばしい金胡麻せんべい作りには、こういった努力も隠れていました。


手焼きせんべい風林堂のオフィシャルホームページ
●店長酒井浩の私的興味事を中心に書いているブログ相模原徒然
「ぷりんたぶるせんべい」へのご注文お問い合わせ先

 手焼き煎餅(有)風林堂製菓
〒252-0335 神奈川県相模原市南区下溝536-24
TEL 042-777-4501
FAX 042-777-4502

コメント
この記事をはてなブックマークに追加