団塊世代の人生時計

 団塊世代として生きてきた「過去」、「現在」、そして「未来」を、自分自身の人生時計と共に綴り、「自分史」にしてみたい。

墓参り 2017

2017-08-31 13:13:10 | 家族

墓参り 2017

2017年8月31日(木)

 正直言うと、私は、不信人者であります。それでも数年に一度程度は墓参りに行きます。3年程度行っていなかったのですが、車で行くこととが出来る環境になりましたので、参ったのであります。

・2017年8月16日。

 これ、我家の墓地であります。昔(と言っても何時までだったか定かな記憶がありません。)は、この近くの小高い丘の頂上にありました。祖母が私を連れてよくお参りをしていました。その丘を崩し更地にすることに伴って移転したのです。袋地になっていて、遠回りをする必要があり、不便といえば不便です。

 左端が両親の墓、その右が祖父母の墓、右端が次兄の墓です。

 祖父母の墓の刻印は見え難くなっています。

 父は、平成11年(1999年)11月27日死亡。母は平成6年(1994年)2月12日死亡。長兄は、平成28年(2016年)2月24日死亡。

 これは、先祖代々の墓です。もはや、誰の墓かわかりませぬ。

 

 墓の近くに住む方から、義理の叔母が入院していることを聞き、見舞いました。肛門の辺りに何かできて手術を2回したということですが、それ以上の詳しいことは要領を得ませんでした。確か92歳と言ったと思いますけど、歩くことが困難になっていますので、退院は施設ということになりそうです。

 

 今や、誰も住んでいない、我家です。売るに売れぬ負動産となっています。

 私が物心付いた時からあった仏壇です。祖母と毎日お参りをしていました。子どもの頃、毎日仏さんにお参りしていても、不信人者になるんですね。罰当たりであります。

 

 仏壇の中から香典帳が出てきました。父方の祖父のものです。昭和32年(1957年)2月15日死亡。私が9歳の時ですね。祖父にはよく可愛がってもらいました。

 収入31,134円、支出11,403円、残金19,731円也。

 死亡診断書100円。釘、板、たる木とありますので、棺桶は手作りだったんですね。2級酒2升980円、合成2級酒3升1,110円、お布施(3人)1,800円とあります。現在の金銭価値だと、10倍といったところでしょうか。

 

 

 続いて、祖母のものも出てきました。昭和47年(1973年)1月12日死亡とあります。私が24歳の時です。この時は、臨終に立ち会いました。看護師がリンゲルを注射しようとしたのですが、医師が制止しました。寿命だったんですね。

 

 収入・支出額は分かりませんが、残が307,525円とあります。死亡診断書・諸手続料1,000円、御布施(2人)8,000円、酒・ビール15,000円也。

 

 

 

 これは、真っすぐに停まったつもりなんです。随分と駐車が下手になってしまいました。

 墓に除草剤を撒いてくれた方がいて、そのお土産に文明堂のカステーラを買って行くことにしました。

 このスタッフが包装してくれたのですが、短時間に見事な出来栄えでした。

 カープは今年もセリーグ優勝は間違いないところですが、昨年のようなフィーバーはあるのでしょうか・・。

 

 スーパーで食材を購入いたしました。藤三という中堅スーパーです。

 おむすび74円は最安ではないでしょうか。

 鱧の湯引きがありgetいたしました。

 

 ・・で、今日のブログの結論ですが、私は墓はつくりません。収骨も行いません。墓も何代か後には厄介な代物になるだけです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大福

2017-08-30 05:31:45 | 食べること

大福

2017年8月30日(水)

 焼肉店へ行きました。よく行く店が休日だったため、車で走りながら探したのですが、かなり遠いところへ行ってしましました。

・広島市西区マリナホップ内「大福」。

 

 こう賑々しく飾ってありますと、目移りがしますです。

 店内はゆったりした感じです。

 壁一面にも賑々しく貼ってあります。

 部位の説明です。脚のところの説明がないです。

 サラダバーって何だろう?

 ・・と、スタッフが来て、この端末で注文して欲しいと言います。理解に苦しみますです。スタッフが来ているのですから、その場で注文を聞けば良いではないですか! 小池百合子東京都知事流だと、staff firstの店になりますね。画面左上の大皿盛り合わせを注文いたしました。(勿論スタッフへ言いました。)

 ・・と、こんなのを見つけました。写真では分からないのですが、65歳以上は、2,980→2,480円とbargainになります。senior firstですか?! 

 これを見て美味しそうと感じるのですが、これが嵩じると、牛を見て美味しそうと思うようになるのでしょうか・・。残酷であります。と思いつつも、美味しかったのであります。

 野菜を注文すると、鰹節が沢山かけてありました。

 冷麺であります。

 右はカープの田中選手、真ん中は同福井選手です。

 クジラもいろんな部位を食してみたいです。人類の一部は、食用捕鯨に反対しています。彼らは、牛とか豚を食さないのかと思います。人間、何を食べても、残酷なのであります。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラヴェルソ

2017-08-29 18:13:13 | 音楽

トラヴェルソ

2017年8月29日(火)

 神戸市在住の楽友が、トラヴェルソなる楽器を持って、我家に来たのであります。多分、私が少しは関心を示すという予想のもとに、わざわざ持ってきてくれたのだろうと思います。

 

 これ、トラヴェルソなる楽器です。フルートの前身です。4本持っておられるということです。結構な道楽でございます。多分ですが、もう次に狙っているヤツがあると思います。

 広島市南区で一番高い山「黄金山」の山頂で吹いていただきました。

 8月18日、暑い日でございました。

 

 翌19日は、下蒲刈島の蘭島閣美術館へ、フルート演奏を聴きに行きました。

http://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/e/ac054cb2ddfcd4db3d31cea5ffc17139

 

 

 

 松濤園という、朝鮮通信使が泊まったところでしょうか。立派な建物です。

 

 下蒲刈島と蒲刈島を繋ぐ蒲刈大橋です。

 お土産処ですが、少し規模がちっちゃいです。

 

 フルート演奏終了と食事をすることに。

 最近開店したようです。

 これ、CDプレーヤーなんです。

 店の名前ですが、海浪満と書いて「うみろまん」でしょうか。

 海鮮丼です。新鮮なネタでgoodでありました。ただ、惜しむらしくは、魚種が2種類と寂しいのであります。

 指定どおり、わさび醤油をかけて食すと、少し刺激がありますが、美味でありました。

 楽友にご馳走になったのであります。many thanks!

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

生活保護者に「顔写真カード」

2017-08-24 18:08:55 | 行政

生活保護者に「顔写真カード」

2017年8月24日(木)

 大阪市は、生活保護行政において、平気で違法的考えで行政を行う常習犯であります。10年以上前でしたか、生活保護に「有期」を持ち込もうとしました。生活保護は、老齢、障害、傷病等により、生活困窮になった場合に、憲法25条で定める健康で文化的な最低限度の生活を保障するものです。その期間(病気が治って自ら働いて自立できるまで)なんて、誰にも分かりっこありません。それをどうして1年or2年って期限を切ることができるの?ってことです。→明確に憲法違反であります。

 

 今回は、「顔写真カード」発行ときました。

 

 23日の朝日新聞です。

 

 これ、一見して、合理的理由はありませんです。本人確認を迅速にするためと称していますが、確かにないよりか迅速になるかも知れませんが、それは行政側の一方的な都合です。他に本人確認する方法はあります。例えば、保護の決定調書を確認するとか。また、免許証他公的機関が発行する証明書であるとか。

 また、「同意」を得ていると言っていますが、それでなくても、生活保護を受けることに肩身の狭い思いをしている訳で、本心から同意しているかどうかは甚だ疑問です。行政は権力ですから!→権力に楯突くことのできる人間なんて一握りの少数です。

 

 また、記事中見過ごすことができないことが書いてあります。生活保護を申請した際(つまり保護決定されていない)に「ちょっといいですか?」と職員に写真を撮られたと言います。こりゃ、もう犯罪としか言いようがありません。違法的思考常習犯の大阪市でも、さすがに、公式には、保護の申請段階での写真撮影は、仮に「同意」が得られたとしても、不適当と言わざるを得ないでしょう。

 

 まぁ、要するに、大阪市は人権意識の欠片もないということですワ。しかも、権力を嵩にしてですから、極めて悪質であります。

 

 この問題、続報が出ると思いますので、注視することにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶴乃や本店

2017-08-23 17:21:17 | 食べること

鶴乃や本店

2017年8月23日(水)

 かつての職場の仲間が集まりました。

・2017年8月8日、広島市中区「鶴乃や本店」。

 

 門構えからすると中々感じのよさそうな店でありました。

 瀬戸内海の季節感のある料理が並んでいます。いずれも食したいと思いましたが、「とうもろこしの天婦羅」とはこれ如何に?

 6人集まりました。グループ名は「団塊」と言い、結成(大袈裟)は約35年前です。勉強会だったのですが、直ぐに飲み会に変わり、それで長続きしています。

 これ、お土産です。メンバーの一人が船で105日間世界一周をしてきたのです。24か国回ったと言いますから、陸地に上がった時間もあるのですが、105日間旅を想像しただけで、私ゃ、うんざりしてきます。夫婦で行って経費が約600万円と聞き、余計うんざりいたしましたです。お土産サンキュウであります。

 

 お通しです。里芋の煮っ転がしがありました。好物なんです。

 

 割烹のコース料理です。鱧の湯引きがあります。

 

 焼き物は、鮎の塩焼きです。熱いうちに出して欲しいですね。

 パソコンを持ってきていて、世界一周のお話を聞きました。うらやましいご身分であります。

 ストリートミュージシャンです。

 温泉の湯けむりということでした。

 この方、仏教徒でありまして、船内で講義をしたそうであります。

 鯛の兜煮です。少々塩辛でした。

 

 蒸し物は、夏らしく冷やしたものでした。

 揚げ物ですが、小魚でしたが、魚種までは分かりません。

 穴子ですね。

 デザート。

 21時頃、お開きになったのですが、一階のカウンターは誰も居ません。商売やっていけるの~?と心配に。

 

 忘れてはいけないことがあります。毎年8月6日の原爆記念式典に小学生男女が言葉を述べるのですが、男児の方は、メンバーのお孫さんということでした。TVで観ていましたが、boy sopranoというのでしょうか・・、凄く澄み切った声で、大変魅力的でした。今のうちに、録音しておくことをお勧めいたしました。

 

 今日は、特に気の置けない仲間との飲食で、満腹・満足でありました。日本酒に換算して5合は飲んだようであります。(ウィ~)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民進党代表選挙

2017-08-22 18:23:52 | 政治

民進党代表選挙

2017年8月22日(火)

 民進党の代表選挙が始まりました。

 前川氏と枝野氏が立候補しました。政策の違いが何点か挙げられていますが、私が一番大きいと考えるのは、共産党との選挙協力の問題です。

 前川氏は「見直し」と言っています。枝野氏は「維持」と言っていますが、私はそんなに積極的とは感じていません。どうも、民進党は共産党と選挙協力をすると、自らの支持勢力が共産党の影響を受けると感じているフシがあります。(明確に根拠がないので、「フシ」としました。)

 先の都議会議員選挙では、共産党が19議席だったのに対して民進党は5議席と惨敗しました。東京では、既にというか、共産党以下の政党になっていますので、これ以上共産党の影響が強くなることをとても警戒していると思います。

 

 共産党と選挙協力をすれば、選挙区当たり数万票の上積みが期待できますので、当選の可能性はそれだけ高くなります。しかし、否定的な前川氏が代表になった場合、どうでしょうか・・? 小池百合子東京都知事人気で風が吹いている日本ファーストの会に、雪崩を打って駆け込む議員が出るのではないでしょうか。東京都議会議員選挙がそうであったように。

 

 一方、選挙協力に肯定的な枝野氏が代表になった場合は、対立がくすぶり、これまた、日本ファーストの会へ駆け込む議員が相当出ると思われます。

 

 いずれにしても、民進党は、日本ファーストの会からすれば、格好の草刈り場となるのではないでしょうか。

 

 政策・理念の違う者同士が、選挙互助会的な政党集団を作っても上手くいくことはできません。いくら少数になっても、基本的な理念・政策をブレなく国民に訴えることができれば、少しは将来が見えてくると思いますが、その可能性は限りなくゼロに近いと感じます。種々矛盾を抱え、分裂の道へ進むことになるのではないでしょうか。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蘭島閣ギャラリーコンサート

2017-08-22 15:00:44 | 音楽

蘭島閣ギャラリーコンサート

2017年8月22日(火)

 楽友から演奏会の情報を得たのは、半年くらい前だったと思います。瀬戸内海に浮かぶ下蒲刈島の蘭島閣美術館であるといいます。美術館でコンサートを行うというのも珍らしいし、何より下蒲刈島という小さな島でコンサートがあるというのも不思議でした。

 ・・で、一緒に行くことになりました。楽友は、フルートを趣味にしていて、演奏者ともSNSで繋がっているのです。

 

・2017年8月19日、広島県呉市下蒲刈島町「蘭島閣美術館」。

 

 圧巻は、バッハのシャコンヌでした。聞き始めて、率直に言って、フルート編曲では、この曲の厳しさは出せないと思い、期待外れと感じました。ところが、聴き進めていくうちに、何度も同じ繰り返しの部分があるのですが、演奏者の高木綾子さんが、少々の破綻をものともせず、鬼気迫る演奏になり、深淵に引きずり込まれるようになりました。落涙したのであります。

 クーラウという作曲家は、ベートーヴェンの16歳下ということで、ロマン派の音楽ということははっきり分かりました。ただ、私には面白さは感じませんでした。

 ピアソラは、最近よく耳にします。何か捉えどころがない感じが受けているのでしょうか・・。私にはよく分かりません。

 もうひとつのバッハのトリオ・ソナタですが、出だし直ぐからもう音楽を感じちゃいます。バッハの奥深さを感じさせてくれました。ブラーヴォ!バッハ! ハッハッハッ!

 

 野外から、蝉の鳴き声が聞こえるんです。蝉って、一匹が鳴きだすと、段々合唱が増えてきて、クライマックスに達して、一斉に鳴き止むというパターンが多いです。不思議にも演奏と共振していましたよ。

 会場の蘭島閣美術館です。せっかくですので、美術展示も観ることにしました。(500円)横山大観や、黒田清輝といったビッグネイムもありました。小林和作の水彩画もありました。屏風のようなものに描いていました。

 月一回の開催です。

 私達が並んだのは、開場1時間以上も前でした。10人程度先に並んでいました。

 この女性スタッフが配っているのは冷凍おしぼりです。一服の涼をいただきました。

 チケットは当日発売のみ。1500円也でした。安いは安いのですが、広島からだとちょくちょく行くという訳には中々まいりません。

 200回記念ということで、バックをいただきました。thanksです。月1回ですから、17年近く続けてきたということです。よほど熱心な方がおられるのですね。

 216名の入場と発表されました。盛況であります。

 これまで尽力された方への表彰です。

 演奏終了後のサイン会です。こちらは高木綾子さんです。我楽友は握手をしていますですね。

 こちらは、中村めぐみさんです。広島交響楽団員です。

 高木さんと中村さんのドュエットがありましたが、音色が違いますね。高木さんは音が膨らむような感じなのですが、中村さんは鋭く尖ったような感じでした。楽器の違いなのか演奏スタイルの違いなのか・・、私には分かりません。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

たかや鮨 2017.8

2017-08-20 12:13:41 | 食べること

たかや鮨 2017.8

2017年8月20日(日)

 神戸市に在住する楽友と一緒に行きました。

 

・2018年8月18日、広島市南区「たかや鮨」

 

 

 以上2枚は、これまで使った写真の使い回しです。季節感が違うかも~。

 最初の写真は電気が点いていますが、夏のこの時期17時頃は点いていません。

 こく旨ビールでありました。黒ビールを1割程度混ぜたような、味でした。

 まずは、瀬戸内の刺身です。タイ、アジ、カンパチ、イカとあります。いずれも新鮮でgoodでありました。

 これは、タコの天ぷらです。熱々のホックホックが美味しさを倍増させます。

 

 野菜サラダです。ワカメが入っています。流石漁師店であります。「漁師店」とは、この店の板さんは、漁にでかけ、それを出すのであります。

 アジの尾頭付きの活造りであります。小ぶりですが、生きがよいので、コリコリとこりゃたまらんですわい。

 生さんまの塩焼き300円也。近年サンマが獲れなくなっていると言われています。台湾、中国籍の船が三陸沖で大量に捕獲するんですとさ。国際的に資源保護の観点から規制が必要ですね。

 

 ジャンボ巻と称する巻きずしです。二人でもこれだけ食すことは難儀です。ご心配なく、持ち帰りができるのが、この店の良いところです。店によると、保健所の指導で、持ち帰りはできません、なんて言っていますが、保健所はそんな指導はしていません。食料難が間違いなく来る時代です。大いに持ち帰り文化を育てたいと思います。

 ・・で、この楽友が何故広島へ来たかというと、明日19日、下蒲刈島でコンサートがあり、それに行くためです。フルート奏者2人&ピアノの演奏会なんですが、フルート演奏お二人とはSNSで繋がっており、応援も兼ねて行くのだと推察しております。神戸からわざわざ広島まで、2泊もして来るなんて、大したものです。

 上の写真は、タイです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

単純なトランプと北朝鮮のボンボン

2017-08-18 07:25:20 | 政治

単純なトランプと北朝鮮のボンボン

2017年8月18日(金)

 日本時間12日6:02、アメリカ在住の従姉から、メイルがありました。

・こちらでは、単純なトランプと北朝鮮のボンボンとの事で、暑いのもあまり感じません。大変な事にならなければよいのだけれど、、、、、

 

 それに対して、私は次のようにレスしました。

・どちらも共通なのは、内弁慶タイプですね。でも、このお二人が直接話し合うのが一番の解決策になるような気がします。案外、意気投合したりして! というのは冗談ですが・・。水面下では交渉しているという話がありますので、それに期待しましょう。

 

 水面下の交渉がどのような展開になっているか、私ごときに分かりようがありません。ただ、このところの株式市場の動向を見ていると、破局に向かっているという感じはいたしません。「危機」の割には、極めて堅調でありました。昨日のニューヨーク市場が大きく値を下げていますが、これは、トランプの白人至上主義を嫌気したものと思われます。

 

 話は逸れましたが、北朝鮮問題では、対話・交流を深めて、北朝鮮を国際社会へ組み込むことが一番有効だと思います。アメリカがその力により、核とミサイルの開発を止めることができると考えているとしたら、とんだ戦略ミスです。いくらなんでも、アメリカの軍事他戦略家がそんなミスをするとは思えませんが・・。

 

 北朝鮮を変えることができるのは、唯一北朝鮮の市民です。我々国際社会は、北朝鮮市民にエール及び支援をいたしましょう。具体的には、あらゆる分野での交流ですね。スポーツ、文化交流事業なんて、非常に良いと思います。北朝鮮市民が国際社会を知ったら、体制変換の大きな原動力になることは間違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政界のガラクタ

2017-08-16 08:15:45 | 政治

政界のガラクタ

2017年8月16日(水)

・ガラクタ→ねうちのない、雑多な品物。(広辞苑)

 小池百合子東京都知事の影武者的存在の、若狭衆議院議員が、日本ファーストの会という政治団体を立ち上げました。新党を目指すということです。

 また、ぞろ、ガラクタ集団が出来上るのか・・、という印象であります。

 政党というと議員が5人以上必要ということで、色んな方の名前が挙がっています。

 元みんなの党の渡辺氏、元民進党の細野氏、元神奈川県知事の松沢氏、(あと誰か一人挙がっていたようですが、失念いたしました。どうせ、ガラクタですから大した問題ではありません。)

 渡辺氏といえば、維新の党から参議院議員に当選し、その後除名されたお方です。細野氏はつい最近民進党を離党いたしました。肝心の若狭氏は、自民党員でありながら、小池氏を応援するという反党行為を行いました。

 私は、こういった方の政治的身の処し方は、議員辞職がスジと思います。政党の看板を掲げて選挙に当選した訳で、その党員だから投票したという有権者を裏切った訳です。かつ、政党の公認を受けなかったら当選していない可能性大と思われるのですから、仕切り直しが当然であります。

 

 あっ、ここで、「ガラクタ」とは、これらの方の人格を表しているのではありません。節操のない政治心情及び行動を比喩して言っているのであります。(私のオリジナルであります。)

 

 民進党が政界の受け皿になる見込みがない状況もあり、新党に期待する有権者も一定いると思います。また、そういう政治情勢を敏感に感じて、新党になだれ込もうとしている議員あるいはその予備軍も一定程度いると思います。小池氏がその人気を背景にブームを呼び可能性はかなりあると思います。

 

 ただ、大局的にはその役割は何か?ということですね。私ゃ、自民党に対する不満の受け皿として、反自民ではなく半自民的な、いわばガス抜き役として、権力に上手く利用されるだけと思います。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インプレッサ 1カ月点検

2017-08-14 08:00:56 | 

インプレッサ 1カ月点検

2017年8月14日(月)

 7月28日、インプレッサの1カ月点検に出しました。納車は6月2日ですので、1カ月は7月初めということになりますが、その時点では500㎞も走行していませんでしたんで、1000㎞走行を目途に出そうと思っていたのです。結果916㎞走行でした。

 スバルの凄いのは、oil交換をすることです。これまでの経験では半年点検での交換でした。ただ、私は、500㎞走行でoil交換を行っていました。何故かと言いますと、その昔、新車のoil交換をした時金属の削りかすが混ざっていたという話を聞いたことがあるからです。最近は、素材も工作精度も向上したので、金属片が混ざることはないとの説明ですが、私ゃ、信じておりませんでした。

 スバル=旧中嶋飛行機は流石であります。やっぱ、私の考えの方が正しいのだと確信した次第であります。

 oilは合成油ということですが、単価が553円也とは安いですね。

 7月25日に、「リコールのご案内」というのが来ました。

 すわ何事!と思ったのですが、取扱説明書に誤りがあったということです。・・で、リコール(取扱説明書の無償交換)となった訳です。

 余談ですが、この文書に日付が入っていません。通常このような文書に日付を入れないというのは、有り得ません。このことで、スバルは不利になる場合があると思いますですね。

 

 チャイルドシートの「・・座席適合一覧表」が記載されていないため、とさ。こんなことでも、リコールになっちゃうんだ。何か、えらく、恐ろしい世界になったような気がします。もっと大事はことで、大した扱いになってないことが山のようにある気がします。

 これも、大層に、取扱説明書交換の納品書なるものです。

 スタッフによると、リコールの責任は販売店にあるとのことでした。そりゃ、分かります。ただ、車ですから、転売しますね。その結果販売店は現所有者が分からなくなるのです。それでも、販売店に責任が負わされる仕組みになっていると言うのであります。私ゃ、俄かには信じられませんでしたが、仮にそれが事実とすると、国交省の責任逃れの仕組みですわな。

 6月10日に、変な文書が来ました。私が買ったスバル店の本社から、契約の内容が「間違い」がないか問い合わせたものです。実は、ありました。「支払い方法」がクレジットとなっていますが、現金が正しいです。

 それはともかくとして、支店を疑うようなこんな調査をするなんて、私ゃ、スバルという会社(販売店)の管理能力を疑いますです。支店を管理できてないということですからね。変な会社!

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウルトラ反動

2017-08-12 16:12:56 | 政治

ウルトラ反動

2017年8月12日(土)

 南スーダンの日報問題で、閉会中審査なる茶番が行われました。稲田核好子前防衛大臣が隠蔽に関与した蓋然性が極めて高いにも関わらず、自民党は稲田氏が委員会に出席するとどんなボロを出すかを恐れて、出席を拒否したのであります。

 11日の朝日新聞です。

  

 疑惑の張本人が出席しなければ、何の意味もありません。正に茶番であります。

 

 我が安倍晋三内閣総理大臣閣下は、しおらしく、「丁寧に説明」なる言葉をオーム返しのように口にしていますが、まったくもって、虚偽であります。一応、言い訳の言葉を用意していますですね。「委員会への出席は、院が決めることです」。院が決めるったって、実質的には自民党が決める訳ですね。安倍氏は自民党の総裁ですから、国会対策委員長に指示をすればすぐに「出席」となる訳であります。手は混んでいますが、見えすいたこれも虚偽であります。

 

 稲田氏は、自民党の中でもウルトラ反動と言って差し支えないでしょう。何せ、教育勅語礼賛、核武装論者ですから。これだけでも「気持ち悪~」なのに、防衛大臣を辞任した後の、付き物がとれたような、あの薄ら笑いって、何でしょうか・・。私は、ウルトラ気持ち悪~と感じたのであります。多分ですが、恐らく、これからは思い切って、言いたいことが言えるワ、って現れではないかと思います。にしても、あの薄ら笑いは、繰り返しになりますが、気持ち悪~を通り越して、ゾッ!としますです。教育勅語礼賛論者が核武装したら一体どうなるの?戦前よかもっと悲惨なことになりますです。

 

 稲田氏は、防衛大臣の時は、一応、言いたいことをある程度封印していた訳ですが、その縛りがなくなり、これからは気兼ねなく、問題発言をいたしますですよ。乞うご期待でございます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スカイアクティヴX

2017-08-12 08:00:36 | 

スカイアクティヴX

2017年8月12日(土)

 8日、マツダが技術開発長期ビジョンを発表しました。トピックは、スカイアクティヴXとネイミングされたエンジンを2019年に導入するということです。私はスカイアクティヴ「Ⅱ」かと思っていたのですが、マツダとしては従来エンジンのヴァージョンupではなく、究極のエンジンという思いでXと名付けたのだと思います。

 Xは、分かり易くいうと、ガソリンを燃料としたディーゼルサイクルエンジンのことです。ただ、一部回転域では点火プラグを残すので、「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」と名付けています。

 マツダのアナウンスによると、燃費が20~30%改善するということです。多分ですが、エンジン単体での熱効率は50%程度だと思います。

 

 このエンジンがどれだけ凄いのか、私には分かりませんが、世界中のメーカーが開発していて、マツダが最初にモノにしたということは、マツダが凄いということは言えると思います。

 

 もっとも、エンジンに求められるのは、燃費だけではなく、総合的なドライバビリティ、コストなので、実際に製品化されてみなければ分からない部分が多いです。燃費もパワーもあるが、コストが高いというのであれば、これはモノにはなりません。

 

 私の関心は、ディーゼルサイクルエンジンということは、振動とか音がうるさいの?、何回転回るの?という疑問があるということです。

 振動、音は従来のガソリンエンジン並、パワーは1.5ℓで2.0ℓ並、コストはガソリンとディーゼルの中間辺り、となれば、当たると思います。

 さて、最初に搭載される車種ですが、アクセラと予想しておきます。→次の買い替え候補になりますね。

 

 トヨタとマツダは合弁で、米国で工場を建設するということです。これ、いきなり、半同棲生活になっちゃたという感じですね。部品の共用化は必至になりますし、順次車体の共通化という方向にもなる可能性があります。この工場では、EV車の生産の可能性も示唆されていますので、EV車となったら、多分同じ車になるんじゃないでしょうか。ユーザーにとっては面白くない展開になりそうです。

 9日の朝日新聞です。

 気になるのが、安全技術に関してのものがないことです。これ、問題ですね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和宣言 2017

2017-08-11 18:18:26 | 社会

平和宣言 2017

2017年8月11日(金)

 今年の核兵器禁止条約が採択された時の国連での、オーストリア代表の言葉です。

 「核兵器が安全保障にとって有益なら、多くの国が核兵器を持てばより安全な世界になるということになる。全部の国が持てば、一番安全ということになる。」

 余談ですが、合成の誤謬というやつでしょうか・・。

 

 日本国政府は、アメリカの核の傘で日本の安全を守っているという認識を示しています。なら、上の論理によると、傘ではなく自身で持った方がより安全になるということになります。

 私は、核抑止論は、一定の理はあると考えています。核を持つ国を攻撃することに一定の抑止はかかりますから。問題なのは、全ての国がそのように考え全ての国が核を持ったらどうなるか?ということです。→その帰結がどうなるか想像するまでもないでしょう。

 

 核抑止論の考えを乗り越えて、核廃絶の道に進まなければならないのです、と思います。核兵器禁止条約はその一歩であると、確信しているのであります。

 

 広島平和宣言です。次はその一部です。

 「今年7月、国連では、核保有国の核の傘の下にある国々を除く122カ国の賛同を得て、核兵器禁止条約を採択し、核兵器廃絶に向かう明確な決意が示されました。こうした中、各国政府は、『核兵器のない世界」に向けた取り組みを更に前進させなければなりません。

 特に日本政府には、『日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理念と目的を達成することを誓う』と明記している日本国憲法が掲げる平和主義を体現するためにも、核兵器禁止条約の締結促進を目指して核保有国と非核保有国との橋渡しに本気で取り組んでいただきたい。」

 

 広島市長は、安倍晋三内閣総理大臣閣下に対して、「橋渡し役」を求めたのであります。

 

 広島市長の問いかけに対して、無表情で聞いていた安倍氏ですが、次のように応えました。

 「真に『核兵器のない世界』を実現するためには、核兵器保有国と非核兵器保有国双方の参画が必要です。我が国は、非核三原則を堅持し、双方に働きかけを行うことを通じて、国際社会を主導していく決意です。」

 

 えっー!「核兵器保有国と非核兵器保有国双方に働きかけを行う」って、一体具体的に何?と思いました。核兵器禁止条約の会議に参加し、正に核兵器非保有国に働きかけを行うチャンスだったのではないの?日本国政府は、会議そのものにすら参加しませんでした。「働きかけ」を行うなんて、真っ赤なウソッパチであります。

 

 長崎の平和宣言です。田上市長って、素晴らしですね。

 「日本政府に訴えます。

 核兵器のない世界を目指してリーダーシップをとり、核兵器を持つ国々と持たない国々の橋渡し役を務めると明言しているにも関わらず、核兵器禁止条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を、被爆地は到底理解できません。唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約への一日も早い参加を目指し、核の傘に依存する政策の見直しを進めてください。日本の参加を国際社会は待っています。」

 

 田上市長は、日本の核の傘に依存する政策を、安倍氏の目の前で批判したのであります。

 

 これまた、無表情で聞いていた、安倍氏ですが、広島の時と同じ内容の「言葉」でした。このお方、批判されるとむきになって「反論」するのが常ではなかったでしょうか・・。この方に確たる核に対しての理念なんてあるの?と感じました。

 

 私ゃ、唯一の被爆国として、核兵器の廃絶を世界の先頭に立って主導しなければならない立場にありながら、核兵器にしがみついている姿勢は、世界の嗤いものになっているのではないかと思いますです。

 

 核兵器禁止条約に背を向ける安倍内閣 打倒!

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藤 2017.6

2017-08-11 07:37:26 | 食べること

藤 2017.6

2017年8月11日(金)

 6月26日18:34、広島空港に到着し、車で、広島市街へ。姉夫婦の家近くで食事をすることにしました。姉夫婦がよく利用する店です・

・広島中区「藤」

 20:13 店に到着

 この看板をよく見ずに入ったのですが、魅力的なメニューがあります。鱧湯引き、柳川鍋、たいらぎ貝柱、手長だこと甘煮、他

 お通しは、手長だこの旨煮です。絶品ですね。

 これ、ジャガイモの田楽風味です。イマイチでした。肉じゃがの方が良いです。

 これ、スズキの刺身だったと思います。

 なすの田楽。夏美味しいのは茄子でなす。

 かさごの煮付です。

 これ、鱧だったような気がします。

 アサリの酒蒸し。

 最後にムスビをいただきました。美味しい米でした。日本人に生まれて良かったを感じました。

 今日の会計は、姉夫婦が持ってくれました。姉を持って良かったと感じました。北海道旅行で、私がレンタカーを運転しましたので、そのお礼ということです。853㎞走行しました。会計が私達夫婦分が7,000円くらいでしたので、1km当たり、8.2円のお礼ということになります。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加