団塊世代の人生時計

 団塊世代として生きてきた「過去」、「現在」、そして「未来」を、自分自身の人生時計と共に綴り、「自分史」にしてみたい。

炭火和食SO

2010-10-31 08:34:20 | 食べること
                          炭火和食SO

                                               2010年10月31日(日)

 綺麗で雰囲気も良く、スタッフも好感が持てる店です。
 ランチが680円からというのもリーズナブルです。
 でも、何か物足りないものが・・。

 創作料理が多く、見た目もきれいで工夫しているのは分かるのですが、率直に言って、味がイマイチです。

 若いカップルのデイトスポットとしては良いと思います。



2010年10月10日、広島市中区小町「炭火和食SO」。




 ビルの4階にあります。



 店外メニュー。






 ディナーコースは3500円也から。









 穴子の白焼、980円也。



 店内はゆったりした空間にしています。



 山芋バター醤油、480円也。



 広島菜のピリ辛そぼろ巻き、780円也。



・設備              ★★★★★
・雰囲気             ★★★★★
・料理              ★★★☆☆
・バリューフォーマネー      ★★★☆☆
・総合店   70点
 (私の独断と偏見です。)
 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アクセス10万IP突破

2010-10-30 09:22:36 | その他
                           アクセス10万IP突破

                                                      2010年10月30日(土)

 ブログ開設から1,202日目の昨日、これまでのアクセスの累計が100,125IPとなり、10万件を突破しました。PVは262,894件。
 昨日のアクセスは、208IP、539PV、アクセスランキングは5,114/1,486,472と出ました。

 これまでのアクセスの最高は、2009年10月5日で、510IP、926PV、1,220/1,304,614でした。この時は広島県福山市鞆町の「鞆港の埋立」の問題を書きました。マスコミで取り上げられた時期であり、多くヒットしたのでしょう。

 開設最初の1週間は41IP、55PVでしたから、定期的に読んでくれている人が増えたことは間違いないようです。

 ブログの内容は、当初「自分史」といったものを目指していたのですが、挫折状態で、さながら「食べ歩きブログ」になってしまいました。まぁ、これが私が一番特色を出せることなのでしょう。


 今までで一番驚いたのは、2008年5月18日の「この男の子をさがしてください」に寄せられたコメントです。
 6歳の男の子が海で行方不明になり、そのことを情報発信したものですが、関係者の方からお礼のコメントが寄せられたのです。
 その方がどのような方法で私のブログにヒットしたのか分かりませんが、私の情報なんて僅かなものですから、信じれない思いでした。


 後悔しているのは、ブログをしていることを友人に知らせたことです。10人くらいいるでしょうか。ブログの特色は匿名性にあると思いますので、公開するべきではなかったと後悔してます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰ってきたエクシリム

2010-10-29 18:41:12 | その他
                         帰ってきたエクシリム

                                                      2010年10月29日(金)

 一つ物を持つとそれまで持っていた物を持つのを忘れる、という習性。これはもう修正がききません。
 土産物店で羊羹を買い、それを手に持ったものだから、カメラを持つのを忘れてしまった。
 「しまった」と気が付いた時は、既に家に帰った後。

 新幹線の車内に忘れたと思い、JRに電話したが、「ない」という。それが10月15日(金)。
 翌週18日、もしかしてJR岡山駅ビルでいろいろと買い物をしたので、その店に忘れた可能性があると思い、和菓子店へ電話すると、それからはスピーディに事が進む。
 既に物は岡山中央警察署へ行ってましたが、忘れ物のスタッフが親切というより人なつっこい。「私もエクシルムなんですが、これ(私のエクシリム)は明るくて色が綺麗ですね」等と雑談をしだし、私もカメラが見つかって嬉しかったのでつい付き合ってしまって、℡カード60度数くらい使ってしまいました。

 23日には我が家に届くというスピード解決でした。
 中身は大した写真が入っている訳ではないのですが、私にとっては必要なもの。メデタシといったところですが、最新のカメラのカタログを見ると、魅力的な機能が付いているではないですか・・。見つからなかった方が良かったかもー・・。




 この見るからに美味しそうな羊羹を買った和菓子店で忘れてしまったのです。うっとりし過ぎたのかも・・。



 このピオーネも買いました。これが2000円とは超安いです。
 味は糖分が少なめでしたが、私には十分です。



 隣の店では、ほぼ倍でした。



 忘れ物の通知文。



 着払です。「携帯電話」と書いてありますが、カメラです。
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道旅行

2010-10-28 18:45:45 | 食べること
                           北海道旅行

                                                      2010年10月28日(木)

・9月24日(金)17:00広島出発
 大洗から苫小牧行きのフェリーが台風の影響で欠航になり、25日(土)出発の予定を繰上げ。
 25日までには青森に着いていたい。

・9月25日(土)2:00頃、東名高速富士川SA着 車内で仮眠。
 5:00頃青森へ向けて出発。
 ナビの操作を誤ったのか?、東京都内で一般道に誘導される。
 17:00頃青森着。900㎞以上の行程で、少し疲れる。
 ホテルは3軒目でやっと確保。何やら全国スポーツ大会があり、混んでいたようで・・。

・9月26日(日)津軽海峡フェリーで函館へ。函館の朝市で昼食。
 この日は、岩内高原ホテル泊。
 この温泉は、もったいないくらい源泉かけ流し。

・9月27日(月)8:00頃ホテル発。何としてでも利尻島に渡りたい。ほとんど休憩せずに、なんとか最終フェリーに間に合う。
 利尻富士観光ホテル泊。しゃれたレストランで食事。

・9月28日(火)今回のメインは利尻島観光で期待していたが、朝から大雨警報。観光どころではなくなり、朝一番のフェリーで稚内へ。旭川のシティホテル泊。
 後日分かったことだが、29日は利尻←→稚内のフェリーは欠航になったということだ。

・9月29日(水)大洗行きのフェリーに乗るため、苫小牧へ。途中、富良野でメロンを買う。安い!
 18:45発のさんふらわあふらのに乗船。

・9月30日(木)14:00大洗着。高田の馬場の二男宅で、二男家族及びその妻のご両親と食事をする。ワインを4本空ける。
 池袋のホテル泊。

・10月1日(金)西船橋の長男宅へ行く。夜駅近くの「よっちゃん」という串焼きの店に行く。吉田類の「酒場放浪記」で紹介された店だが、期待外れ。
 長男宅泊。

・10月2日(土)リンゴを買うため、長野へ向け出発。リンゴ農家と知合いになり、今回行くのは2回目。ちょうど「早生ふじ」の収穫がOKになった時期だった。一袋15個位入り1500円。安い!



 松本市内のホテル泊。


・10月3日(日)早朝妻に内緒で「美ヶ原」へ行く。標高2000mに突然現れる台地。眼下に見下ろす雲海が絶景。



 17:00頃広島着。

 
 全走行距離3995㎞、燃費18.8㎞/ℓ。(高速を含む郊外路95%)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さんふらわーふらの

2010-10-27 18:11:03 | 
                         さんふらわーふらの

                                                      2010年10月27日(水)

 2010年9月29日18:45、苫小牧発 → 9月30日14:00、大洗着

 料金は、プラチナ割引(60歳以上25%引き)があり、二人と車で49,280円也と思いのほか安く済みました。津軽海峡フェリーでも25,000円するのですから。




 巨大すぎて全てをカメラで捉えることができません。



 全長192m、乗用車100台、トラック180台。



 乗船開始17:42。


 乗船し終わると、すっかり夜の帳が・・。











 部屋はデラックスルーム。
 私達がいつも泊るホテルより大分広かったです。



 レストランは1800円のバイキングで、率直に言って不満でした。船という限られた条件があるので、メニューを色々という訳にはいかないのでしょうが・・。今度行くとしたら、持ち込みが良いですね。



 反対に、と言っては失礼ですが、このトカップは良かったです。まぁ、熟成がどうのこうのというレベルではありませんが・・。





 赤丸の点が航行位置です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トヨタ、軽自動車市場参入へ

2010-10-23 08:52:52 | 
                        トヨタ、軽自動車市場参入へ

                                                      2010年10月23日(土)

 トヨタ自動車が軽自動車市場へ参入することを発表したのが、先月の28日。自動車雑誌にも記事が掲載されだし、私にも少しずつ詳しいことが分かってきました。

 それでも分からないのが、ダイハツのデーラーにどのようなメリットがあるのかということです。ウィンウィンの関係でなければ、ダイハツのデーラーが「うん」というはずがないからです。

 トヨタのデーラーは一番メリットがあると思います。自動車市場が縮小するなかでも軽自動車の販売比率は増加しているので、売れる車を持つということです。
 トヨタにとってのメリットは、トヨタのデーラーの経営健全化ということでしょう。デーラーがしっかりしていないと、車を売ることはできませんから。
 ダイハツにとっては生産台数の増加によるメリットがあります。

 私は、ダイハツのデーラーでトヨタが来年秋に発売するヴィッツクラスのコンパクトハイブリッドをOEMにより販売するのではないかと予想しています。ハイブリッドという売れ筋の車を持つというのは、ダイハツのデーラーにとってすごく魅力的なことと思います。

 このハイブリッド車は雑誌等の情報によると、燃費44㎞/ℓで150万円を切る価格設定だと言います。戦闘力は相当高そうですが、トヨタとしてはコストを削減して儲けを出すためには、売って売って売りまくる必要があります。

 この車はトヨタの全デーラーで売ることが発表されていますし、ダイハツのデーラーでも、もしかしてスバルにも供給するかもしれませんので、そうなれば、トータルで月販2万台は売れる可能性があります。

 自走車市場が縮小しているのですから、生き残りのためには、シェァを増やすしかありません。トヨタとしてはグループ総力でシェァ拡大の戦略に打って出たというのが、「トヨタ、軽自動車市場参入へ」の真相ではないでしょうか・・。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ホッピー

2010-10-21 17:45:44 | 
                            ホッピー

                                                      2010年10月16日(土)

 「hoppy飲んで、あぁhappy」とは、私のジャレ語かと思いきや、このメーカーのサイトURLが「www.hoppy-happy.com」。
 それはともかく、今ホッピーにハマってます。

 最初に知ったのは、吉田類の「酒場放浪記」。
 この方は、酒類ならどんな種類のものでも飲まれるようで・・。ホッピーをうまそうに飲む姿を見て、小生も飲んでみたという訳です。

 いろいろ試行錯誤した結果、甲類25°の焼酎を5倍で割って飲んでいます。私的には「喉越しの爽快感」がたまりません。
 不思議なことに、上等の乙類の焼酎だと、美味しくないのです。

 ビールよりずっと経済的です。希望小売価格133円ですが、24本入りのケースで買うと一本当たり100円。焼酎は4ℓ2,000円程度のものですから、一本に割る分70ccで約35円!合計135円也。


 おまけに、LOW糖質、LOWカロリー、ZEROプリン体ですので、飲兵衛には安心して飲めます。(バカ)

 是非、350ml缶で出して欲しいものです。(瓶だと、ひと箱14㎏と重い。)

 
 ホッピービバレッジ株式会社が造っていますが、この会社「大化け」する可能性があると思います。株式公開していれば、お金を貯めて買ってみたい。



 
 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォード、マツダ株売却へ

2010-10-19 17:58:53 | 
                          フォード、マツダ株売却へ

                                                      2010年10月18日(月)

 17日付の朝日新聞によると、フォードがマツダ株を売却するそうです。円高で高く売れるということも背景にあるのかも知れません。
 マツダは否定しているようですが、この手の情報は大抵当たっていますので、いずれ詳しいことの続報があるでしょう。

 私はこの報道に接して、一番感じたのは、マツダが中国のメーカーの餌食になって欲しくないということです。
 なにせ、中国は近代国家とは言えませんので、何をするか分かりません。大事な日本のブランドがいつの間にか中国固有のブランドになったりして・・。魚のマークが付いて、魚釣島というブランドになるかも知れませんよ。(これは冗談)
 冗談ではなく、中国のメーカーの餌食になると、国内工場は縮小→閉鎖という方向になると思います。

 不気味なことには、中国のメーカーがマツダに関心があることは事実です。(数か月前ネットで報じられていました。)
 
 フォードはマツダ株を売却後も提携関係は続けると言っていますが、そう都合よく行くとは思えません。株を持たないということはマツダのリスクを負わないということですから、やはり本気度が違ってきます。

 マツダは小型車に強いので、欲しいという欧米のメーカーは数多くあるでしょうが、一体どこになるのでしょうか?

 日本ではトヨタが本気で欲しいと思えば、すんなり資本提携になると思いますが、トヨタにとってメリットはあまりなさそうです。マツダにあってトヨタにない車種と言えば、ロードスターくらいですから。
 技術面では、ロータリーエンジンは燃費が悪く、これからの時代には「?」。ロータリーエンジンで水素自動車を開発していますが、危険な水素を燃料にするなんて、これも「?」です。最近は、スカイGエンジン(デミオクラスで30㎞/ℓの燃費)が注目されていますが、これが本物ならトヨタの買いの可能性も有か・・。

 いずれにしても、生き残りをかけた再編劇が近いうちに起こりそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和利館

2010-10-16 08:22:44 | 食べること
                             和利館

                                                      2010年10月14日(木)

 信州松本の店です。山奥ですので、生魚のメニューは少なく、代わりに、馬肉、川魚。
 知らない土地ですので、店探しに30分程度かかりました。雰囲気を見て入店、ほぼ予想通りの店で、満足しました。 



2010年10月2日、長野県松本市「和利館」。

 






 食べたいメニューば沢山。



 信州の酒のレーベルですが、我が広島県の方が多いです。



 馬白もつ煮込み、787円也。
 牛豚に比べると、脂分が少なく、へエルシーという感じ。


 しめじバターおろし鍋、600円也。
 バターを入れ風味を出しているのが特色か・・。


 岩魚の塩焼き、819円也。
 私は、岩魚とアユの味の違いが分かりませんが、焼き立てのアツアツはともかく、美味しいです。



 信州はコメ処ですので、酒も当然美味しいです。味が濃く、比較的辛口。



 この店、流行っているのでしょう。満席になりました。



 蜂の子、609円也を注文。甘さも勿論ありますが、香ばしいです。


 ねぎ焼、367円也。妻が注文しました。



・設備           ★★★★☆
・雰囲気          ★★★★☆
・料理           ★★★★☆
・バリューフォーマネー   ★★★★☆
・総合点    85点

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒浜

2010-10-15 16:11:00 | 食べること
                        黒浜

                                              2010年10月9日(土)

 このレストランは、ロケイションが良いです。大芝島と本土を結ぶ斜張橋がよく見えます。夕暮れあたりに行くと、日没による陰影の移ろいが楽しめそうです。




2010年9月23日、広島市呉市「黒浜」。







 煮つけ定食2000円也を注文すると、本日のお魚のメニューが示されます。
 「アブラメ」という魚を選んでみました。



 これが「アブラメ」の煮つけ定食。
 魚の大きいのにびっくり。



 店内から外がよく見えます。




 









・設備           ★★★★★
・雰囲気          ★★★★★
・料理           ★★★☆☆
・バリューフォーマネー   ★★★★☆
・総合点          80点


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沼隈のぶどう 2010

2010-10-14 16:52:38 | 産直市場
                   沼隈のぶどう

                                   2010年9月21日(火)

 今年は、暑さの異常気象で、果物や野菜が軒並み値上がりしているといいます。

 ところがです・・。ここ沼隈のぶどうは全体的に昨年より下がっているのです。
 例えば、瀬戸ジャイアン    4300円(前年4200円)
     ピオーネ       2300円(同 3000円)
     ベリーA        1600円(同1800円)
 まぁ、格付けがありますので、いちがいには言えませんのでしょうが・・。



2010年9月20日、広島県福山市沼隈。







 最近の異常気象により、輸送中に粒が房からはずれることがある旨のお詫び文です。














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SEIKOの時計

2010-10-12 17:25:55 | その他
                  SEIKOの時計

                               2010年9月11日(土)

 SEIKOの時計を買ったことにより、消費者として賢くなりました。

・モデル  SBQK019   パーペチュアルカレンダーと電池寿命が10年というのが特徴
・2002年7月7日購入
・2004年5月
 時刻表示板(12時)が剥れる。
・2005年2月
 時刻表示板(6時)が剥れる。
 リューズが硬くて針を廻すことが困難になる。
・2005年5月
 本体とベルトを止める金具「ピン」が外れる。
 日付けが正しく変わらない。
 リューズで日付修正ができない。
・2005年9月
 秒針が2秒単位で動き出し、暫くして動かなくなる。
・2006年7月
 本体とベルトを止める金具「ピン」が外れる。
 (以上は5年保証で無料。)

・2010年6月
 電池寿命10年というのがウリだったが、購入後約8年で電池が消耗。
 電池交換及び注油・清掃で3940円也。
・2010年8月
 動かなくなる。
 修理見積もり11000円。業者の説明によると、故障の原因は「電気的な特性ずれ」という ことでした。
・2010年9月
 11000円かけて修理しても、これまでこんなに故障をしているので、新しく購入する方が 得策と思い、故障の状態で返品してもらいました。何故か、3940円返金してくれました。


 ところが、ところがです。日本堂という時計職人の店で見てもらうと、動きだしたではないですか! その職人さんは、何もしていないと言われるのですが、何らかのショックで動き出したのかも知れません。
 名医に腕をとってもらうと、病が治るというアレでしょうか。


 セイコーという会社は、誠意がありません。
 私が、こんなに短期間に故障を繰返すことについて、責任者からの説明を求めたのですが、回答がないのです。

 セイコーはかつて、圧倒的なシェァを誇っていましたが、最近はシチズンに抜かれています。むべなるかな、です。この会社、「驕り」があるのではないでしょうか。


 今後、SEIKOの時計を買うことはありません。









916PV,443IP
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

フィットハイブリッド発売

2010-10-10 09:02:47 | 環境車
                         フィットハイブリッド発売

                                                      2010年10月10日(日)

 ホンダは8日、フィットのハイブリッド車(HV)を発売しました。最も安いモデルが159万円で、ホンダの伊東社長によると、「頑張った値段」ということです。

 HVのキモは燃費ですが、30㎞/ℓで、非HVの24.5㎞/ℓに対して、約22%の改善となっています。

 実際のガソリン代で比較してどうでしょうか?
 ガソリン代125円/ℓ、実用燃費を10・15モード燃費の7割と想定して10万キロ走行で計算すると、
・HV    595,238円
・非HV   728,863円
となり、差額は133,625円となります。

 つまり、燃費だけで考慮すると、約13万強のメリットということになり、これを消費者がどう考えるかです。

 ホンダによると、現在フィット全体で1.4万台の予約がありうち約1万台をHVが占めるといいます。そして、今後は6割がHVと予測しています。

 問題はHVがフィットの販売台数をどれだけ押し上げるかということですが、私は率直に言って、あまり多くないとみています。
・燃費22%の改善ではあまりに少なすぎます。
・159万円という値段は高すぎます。あと10万円安くないと・・。

 来年末にはトヨタが44㎞前後/ℓの小型HVを150万円を切る値段で発売すると予想されています。そうなると、フィットHVは3千台も売れなくなるのではないでしょうか。

 ホンダの急務は、もっと燃費を改善(少なくとも50%)したHVを投入することです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラ・クァルティーナ

2010-10-08 17:20:39 | 音楽
                   ラ・クァルティーナ

                                     2010年9月19日(日)

 チェロという楽器の奥深さを知ることができた演奏でした。
 チェロは人間の声の音域に一番近い楽器といわれていて、そのためか、音が体に自然に入って共鳴します。

 カザルスの鳥の歌では、正に鳥のさえずりのような音色です。
 タンゴでは、バンドネオンで演奏しているかのような錯覚を起こさせる音がでます。

 また、特色のある音色があり、方やいぶし銀、方や艶やかな音を奏でます。

 N響のチェロ奏者のクァルテットですが、一糸乱れぬというのはこのことでしょう。実に見事なアンサンブルです。


 バッハのシャコンヌは色んな楽器で演奏されますが、チェロの四重奏というのは、この曲の精神性の深さを表現するにはピッタリだと思いました。やっぱり、バッハは神に一番近い音楽です。この曲を聴けただけで、もう満足です。


 とは言うものの、バルトークやショズタコービッチを聴いてみたい気がしました。
 


(プログラムの一部を紹介)
・バッハ      アリア
・バッハ      シャコンヌ
・カザルス     鳥の歌
・ラブ・ミー・テンダー
・シェルブールの雨傘
・タンゴ



2010年8月30日、広島市中区「広島県民文化センター」。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

次郎丸

2010-10-05 16:49:17 | 食べること
                     次郎丸

                                   2010年9月20日(月)

 建物は、江戸時代末期に建築された旧財満邸(庄屋)を改装したものです。なかなかの風情です。




2010年9月5日、広島県東広島市西条町「次郎丸」。






 玄関入ってすぐの待合です。樽は何を入れるのでしょう?



 私達が注文したのは、「美酒鍋」(びしょなべ)二人前3000円也。(コースもありますが、これは二人6000円。)
 ポイントは、「四つ足を使わない」、「砂糖を使わない」。鶏肉を使用し、ふんだんに鍋屋野菜を入れ、日本酒と塩コショウで味付けする。



 料理が出るまでに、館内を散策。
 これは、西条の酒蔵を詠んだ書画です。



 広島の酒銘柄のラベルです。



 この階段箪笥は色が好いですね。



 何せ大きな屋敷ですので、色んな部屋があります。甲冑が置いてあります。



 美酒鍋の具材がでてきました。多い!



 まず、ニンニクを炒めます。香ばしいかおりで、食欲戦闘モードに入ります。



 スタッフが付きっきりで作ってくれます。妻が途中「もういい」とか口出しをするのです。つまらないことは言うな!


 鶏肉を炒めたところで、酒(二合弱)を入れます。思わず、心の中で「もったいない」。その後塩コショウ。



 野菜ですが、少しずつゆっくり入れます。



 最終形。まぁ、すき焼きですね。家庭で簡単に作れます。具材は好みで何を入れても良いでしょうし、酒の量も好みでしょう。
 味は塩味で、砂糖を入れなくても、酒で甘みは出ます。
 後、出汁でご飯とかうどんを入れるのも有とのことでした。
 鶏肉と野菜たっぷりで健康食ですね。



 ひつまぶし、800円也。







・設備            ★★★★★
・雰囲気           ★★★★★
・料理            ★★★★★
・バリューフォーマネー    ★★★★★
・リピータイ度(また行ってみたい度)
               ★★★★★
・総合点     95点
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加