団塊世代の人生時計

 団塊世代として生きてきた「過去」、「現在」、そして「未来」を、自分自身の人生時計と共に綴り、「自分史」にしてみたい。

商談

2017-03-13 12:55:11 | 

商談

2017年3月11日(土)

 約4か月に及ぶ自動車選びも収束に向かいつつあります。いやー、この間多くのデーラーを回りました。延べ20箇所位でしょうか。試乗も延べ10数回はしました。

 当初は、スバルインプレッサ、マツダアクセラ、ホンダフィット、スズキバレーノ、日産ノート等を比較していましたが、最終的にはインプレッサとアクセラ(ディーゼル)に絞られました。それぞれ長所、短所があり、難しい選択でしたが、アクセラにニーエアバックが付いていないこと、ナヴィの社外品が付けられないことが決め手になりました。ニーエアバックを付けないなんて、マツダの見識を疑いますね。

 

 9日、スバルのディーラーを訪れました。最後の確認ということです。

 

 

 1.6と2.0両方ありましたので、両方試乗させてもらいました。

 

 最初は1.6です。約10㌔の信号の少ない郊外路というコースで、15.1を記録しました。AWDでしたので、2WDだと16.0程度と思います。スバルは燃費はあまり良くありません。

 CVTの設定が発進の際エンジンを2000回転まで回すようになっています。そのせいで飛び出すような挙動をします。いやー、エンジン音も高くなりますし、下手な設定と思います。どうして、アクセル開度とエンジン回転をリニアになるよう設定しないのでしょうか。疑問です。

 この2眼メータは見やすいです。100㌔走行時のエンジン回転は2000でした。静粛性は十分で16インチのタイヤで乗り心地も良好でした。

 

 車内は広いです。特に後席の前後空間はアクセラより10cm多広いくらいです。

 

 続いて2.0の試乗です。これもAWDでした。1.6ほど飛び出すような挙動ではありませんでしたが、やはり2000回転まで回します。しかし、1.6ほど静粛性は損なわれていません。

 全く同じコースで、1.6より良い15.5と出ました。まぁ、誤差の範囲内ということでしょう。18インチタイヤでしたので、ゴツゴツ感がありました。

 マイクが付いていますが、ナヴィ用でしょうか。

 

 当初1.6を考えていたのですが、2.0の方が値引きが多く、さして違いがないこともあり、2.0に傾いてきました。

 

 約3時間の商談で、終わったのが15時過ぎ、近くのおんまく寿司で昼食です。

 この回転寿司店はネタが新鮮です。以上4品で540円也でした。

 

 商談って、疲れましたですよ。

 

 

ジャンル:
購入
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 訂正申告 | トップ | 便移植 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL