団塊世代の人生時計

 団塊世代として生きてきた「過去」、「現在」、そして「未来」を、自分自身の人生時計と共に綴り、「自分史」にしてみたい。

墓参り 2017

2017-08-31 13:13:10 | 家族

墓参り 2017

2017年8月31日(木)

 正直言うと、私は、不信人者であります。それでも数年に一度程度は墓参りに行きます。3年程度行っていなかったのですが、車で行くこととが出来る環境になりましたので、参ったのであります。

・2017年8月16日。

 これ、我家の墓地であります。昔(と言っても何時までだったか定かな記憶がありません。)は、この近くの小高い丘の頂上にありました。祖母が私を連れてよくお参りをしていました。その丘を崩し更地にすることに伴って移転したのです。袋地になっていて、遠回りをする必要があり、不便といえば不便です。

 左端が両親の墓、その右が祖父母の墓、右端が次兄の墓です。

 祖父母の墓の刻印は見え難くなっています。

 父は、平成11年(1999年)11月27日死亡。母は平成6年(1994年)2月12日死亡。長兄は、平成28年(2016年)2月24日死亡。

 これは、先祖代々の墓です。もはや、誰の墓かわかりませぬ。

 

 墓の近くに住む方から、義理の叔母が入院していることを聞き、見舞いました。肛門の辺りに何かできて手術を2回したということですが、それ以上の詳しいことは要領を得ませんでした。確か92歳と言ったと思いますけど、歩くことが困難になっていますので、退院は施設ということになりそうです。

 

 今や、誰も住んでいない、我家です。売るに売れぬ負動産となっています。

 私が物心付いた時からあった仏壇です。祖母と毎日お参りをしていました。子どもの頃、毎日仏さんにお参りしていても、不信人者になるんですね。罰当たりであります。

 

 仏壇の中から香典帳が出てきました。父方の祖父のものです。昭和32年(1957年)2月15日死亡。私が9歳の時ですね。祖父にはよく可愛がってもらいました。

 収入31,134円、支出11,403円、残金19,731円也。

 死亡診断書100円。釘、板、たる木とありますので、棺桶は手作りだったんですね。2級酒2升980円、合成2級酒3升1,110円、お布施(3人)1,800円とあります。現在の金銭価値だと、10倍といったところでしょうか。

 

 

 続いて、祖母のものも出てきました。昭和47年(1973年)1月12日死亡とあります。私が24歳の時です。この時は、臨終に立ち会いました。看護師がリンゲルを注射しようとしたのですが、医師が制止しました。寿命だったんですね。

 

 収入・支出額は分かりませんが、残が307,525円とあります。死亡診断書・諸手続料1,000円、御布施(2人)8,000円、酒・ビール15,000円也。

 

 

 

 これは、真っすぐに停まったつもりなんです。随分と駐車が下手になってしまいました。

 墓に除草剤を撒いてくれた方がいて、そのお土産に文明堂のカステーラを買って行くことにしました。

 このスタッフが包装してくれたのですが、短時間に見事な出来栄えでした。

 カープは今年もセリーグ優勝は間違いないところですが、昨年のようなフィーバーはあるのでしょうか・・。

 

 スーパーで食材を購入いたしました。藤三という中堅スーパーです。

 おむすび74円は最安ではないでしょうか。

 鱧の湯引きがありgetいたしました。

 

 ・・で、今日のブログの結論ですが、私は墓はつくりません。収骨も行いません。墓も何代か後には厄介な代物になるだけです。

『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大福 | トップ | 写真(虚偽、決定的、記念、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家族」カテゴリの最新記事