団塊世代の人生時計

 団塊世代として生きてきた「過去」、「現在」、そして「未来」を、自分自身の人生時計と共に綴り、「自分史」にしてみたい。

萩生田官房副長官がドジ踏んだ!?

2017-06-16 10:44:11 | 政治

萩生田官房副長官がドジ踏んだ!?

2017年6月16日(金)

 加計学園疑惑の焦点は、安倍総理が働きかけをしたかどうかです。しかしながら、その証拠を掴むことは至難と思います。何せ、「働きかけ」をしていたら、総理どころか議員も辞めると啖呵を切ったほどの大事ですから。

 ただ、私は、仮に、安倍総理が、「働きかけ」を行っていないとしても、「働きかけ」を行ったと同じ筋書きで事が運ばれていることの方が、実は、恐ろしいことだと思います。(日本の社会にとってです。)

 安倍総理も人間ですから、一日24時間しか持っていません。もっと多くのことで国政の私物化をするためには、240時間も欲しいでしょう。そして、あらゆる分野で、指示を出したいと思うでしょう。しかしそれは、物理的に叶わない訳ですから、分身というか、忖度のシステムを作りたいと思うのは、人情として、私ゃ、分かりますです。

 その分身がドジを、どうやら踏んだようであります。萩生田官房副長官が、どうやら指示をしていたようであります。↓

 「広域的に」、「存在し」、「限り」を加えることで、事実上、加計学園に獣医学部の新設を認める方向性を決めちゃったんです。ね~!

 萩生田氏は、「事実ではない」と否定していますが、これだけ物証が出て否定というのはいかにも苦しい。ただ、嘘をつきとおすその方法は一つあります。内閣府の藤原審議官を嘘つきにしてしまうことですね。

 内閣府は、今日16日に、内閣府内での調査結果を公表すると言っています。どんな嘘の上塗りをしてくるか見ものであります。

 

 余談ですが、文科省から、このメールが公表されたということは、これまで散々文科省が攻撃の対象になっていたことに関する、反撃と言えるでしょう。攻撃の対象は内閣府ですよ!と内閣府に対して喧嘩を吹っ掛けたとも思えます。いわば、内部抗争ですわな。官邸にとって都合の悪いメールですが、総理が「徹底的に調査をするよう」指示した訳ですから、表向き叱責する訳に行きません。→報復人事ですね。国会が終わると霞が関の人事が行われますが、文科省の役人には厳しいことになりそうです。→当然、反発が起こりますので、内部リークが行われることになると思います。

 

 

 

 

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビァガーデン 2017 | トップ | 嘘の上塗り »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-06-16 17:34:21
特区に関係ないフォルダーから出てきたという事は、特区のフォルダーでは保存できない内容だった。それは何故か、文部省が特区による規制改革に反対している省益重視(行政は官僚主導で行うもの)であったという事の証拠だね。 そういうところだから、自分たちの法律解釈の下、天下り斡旋をずっと続けていたわけだ。 天下りがいけないわけではないが、あくまで、個別の人物と採用企業の問題として、行われねばならないだろう。
Unknownさんへ (windy)
2017-06-18 04:18:39
Unknownさん、こんにちは。

 いつも、ブログを読んでいただき、有難うございます。

 天下り禁止の規制緩和ですか・・。甘い汁を吸いたい企業には、この上ない良い話です。
Unknown (Unknown)
2017-06-22 16:15:21
甘い汁を吸いたい企業が、甘い汁を吸えるかどうかが問題で、天下り=退職職員の民間企業再就職がいけないとか言うほうがおかしいでしょ。 
Unknown (Unknown (Unknown)さん)
2017-07-06 16:57:34
Unknown (Unknown)さん、こんにちは。

 天下りの弊害は、天下りした者の口利き等により、税金が無駄あるいは不正に使われていた実態があったことですね。こういうことがなければ、民間企業再就職は大いに結構ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL