団塊世代の人生時計

 団塊世代として生きてきた「過去」、「現在」、そして「未来」を、自分自身の人生時計と共に綴り、「自分史」にしてみたい。

嘘の上塗り

2017-06-17 16:59:50 | 政治

嘘の上塗り

2017年6月17日(土)

 萩生田官房副長官が修正を指示したという文書及びそれに関するメールですが、山本幸三地方創生大臣によると、「文科省出身で、陰で隠れて本省の方にご注進したというメールであります。」!!

 よくもこんな大嘘(と思います。)を主権者である国民に対してつけるものだと、関心いたします。その歓心の向きは、官邸であります。

 

 山本氏は、メールをした担当者が、「課内で飛び交っているような話を聞いて、確認しないままに書いた」とも述べています。文科省から内閣府に出向している職員は、文科省を代表しているという自負があり、本省が判断を誤るようなメールは、省益を何よりも優先するという官僚の立場として有り得ませんワ。また、国家戦略特区に関係のない萩生田氏の名前が、「飛びかう」の?→指示をしたからに他なりません。

 

 岩盤のような秘密の要塞に囲われて、内部で口裏合わせを行えば、秘密は守れると思っているのかも知れませんが、歴史だけは誤魔化すことはできません。いずれボロが出ることになるでしょう。

 

 今回の件では、文科省の官僚は義憤にかられている方が多いと思いますので。しかも、前前川次官に私淑している職員が多いと言われています。前川氏の敵を取ってやろうという動機ですわ。→否、官邸による国政の私物化を阻止するという高邁な正義ですわ。

 

 

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 萩生田官房副長官がドジ踏ん... | トップ | 辻井伸行×服部百音 究極の協... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL