団塊世代の人生時計

 団塊世代として生きてきた「過去」、「現在」、そして「未来」を、自分自身の人生時計と共に綴り、「自分史」にしてみたい。

マルカ木工

2009-05-18 07:05:25 | その他
                 マルカ木工

                              2009年5月17日

 安い長椅子を探していたら、本格的な家具木工ショールームに迷い込んでしまった。


2009年5月9日、広島市商工センター8-2-52 マルカ木工。


 WOODY MARUKA と表示がある。マルニ木工というのは知っていたが・・。


 三角テーブル。材質は栗で45万円。我家の座卓も栗だが、随分風合いが違う。もちろん、こちらの方が上質だ。


 楢の223cmの一枚板。さすがに値段も108万円。


 松で、250cmもある。80万円。割れ目も上手くデザインに取り込んでいるので気にならない。ここの家具は、木に合わせて作るので規格品はない。


 栃で200×110cm。重量感に圧倒された。68万円。


 桜のテーブルがあります、と案内してくれたのが、これ。180cm、45万円。角度を変えると水が流れているように見える模様に目を見張る。


 去り難くいると、惜しげもなく、テーブルの上にコーヒーを置いて、勧めてくれた。恐る恐るごちそうになった。
 去り難かったのは、美しい水目模様もあるが、水目桜の座卓を持っていたことがあるからだ。


 2006年5月5日、岡山県奈義町、奈義町現代美術館で見つけた、水目桜のテーブル。
 その美しさに一目ぼれし、直ぐに、作者に座卓を注文した。
 とても気に入っていたが、1年も経たないうちに、ひび割れと反りが生じた。作者に言うと、栗の座卓と交換してくれた。
 そういう訳で、水目桜には、哀愁がある。


 この木工ショールームに1年前から住みついた、ノラちゃん。人懐っこい。家具の上に鎮座し、ポーズをとる。


 これ以上安楽なポーズは無いといわんばかりだ。
『インテリア』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 華てまり | トップ | プリウスモデルチェンジ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
買っては損 (大工)
2009-08-01 00:03:25
買うと高いものですね 自分は近所の山で気に入った栗、桜、栃や、切り倒された欅などの原木を貰ったり安く買ったりして、十分に乾燥してから知り合いの材木屋に持ち込んで製材してもらって自分で磨きをかけてテーブルにしてます。 木はタダ同然なので製材代金の数千円のみで十尺クラスの一枚板テーブルをかなり作りました。
大工さんへ (windy)
2009-08-02 18:20:46
大工さん、こんにちは。

 自分で材料を調達できるなんて、羨ましいです。
 また、製材代金が数千円とは「安い」ですね。
Unknown (大工)
2009-08-04 18:47:39
こんにちは。 はい自分の住まいは新潟の山の方なので割と安く原木は手に入りますね。持ち込みの賃引き(製材)代金は一分で300円ですから長くても30分もあれば製材できますよ。
大工さんへ (windy)
2009-08-06 08:36:51
大工さん、こんにちは。

 製材代は、時間単位ですか・・。
 そういう世界を知らないもので、初めて知りました。
 
 新潟市に、息子が単身赴任していますので、先日行ってきました。二泊しただけです。
 
Unknown (大工)
2009-08-06 20:29:21
そうですか それは息子さんも大変ですね。 自分は新潟とは言っても新潟沖の離島の佐渡ケ島という島で大工をしております。 佐渡の島民からみれば新潟市は大都会です。すいません最初にはっきりと地名を言わなくて。機会があれば一度島に遊びに来て下さい。
大工さんへ (windy)
2009-08-08 08:02:56
大工さん、こんにちは。

 佐渡ですか・・。佐渡には以前から行って見たいと思っているのですが、なかなかチャンスがなくて・・。
 でも、大工さんを知り、どうしても行きたくなりました。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事