団塊世代の人生時計

 団塊世代として生きてきた「過去」、「現在」、そして「未来」を、自分自身の人生時計と共に綴り、「自分史」にしてみたい。

籠池泰典氏証人喚問

2017-03-24 18:10:00 | 政治

籠池泰典氏証人喚問

2017年3月24日(金)

 中学校の恩師が、「人間、失うものが無くなったほど強いことはない。」と教訓を教えてくれました。

 森友学園の籠池氏の証人喚問をTVで観て、正にその通りと思いました。今、籠池氏は失うものはありません。あっ、借金は失おうにも失うことはできないですが・・。(笑い)

 

 ・・にしても籠池氏の堂々とした様は、千両役者とも言えるものです。この点に関しては、私ゃ実に羨まし限りであります。ペテン師詐欺師の必要条件ですな。

 

 籠池氏は、ペテン師詐欺師ですので、基本的に物証の無い発言については、嘘と考えています。100万円の寄附を安倍アキレルデ恵さんから受け取ったという証言は、私は嘘と思っています。ただ、アキレルデ恵さんの説明も100%信じる訳にはなりません。何故なら、寄附をする動機があるからです。森友学園の教育勅語を「教育」方針とすることに共感していた訳ですから。証人として国会で証言すれば、私はアキレルデ恵さんを信じることにします。籠池氏のように「前科」がありませんのでね。

 

 今回の証人喚問のトピックは、ファックスが出たことですね。アキレルデ恵さんのお付のお方が、土地の取引に関して財務省に働きかけた内容が記されているものです。勿論、アキレルデ恵さんの命を受けてのものと推察されます。

 私は、今回の森友事件に関して、職場の先輩に、次のようなメイルを書きました。「今後の展開は、一にも二にも物証と思いますが、誰かドジを踏んで物証を残していることを期待しています。」正に官僚が残したドジな「物証」であります。

  ヤベー首相の権力側は、何とか誤魔化して、働きかけではなく、単なる問い合わせだと主張するでしょうが、今回ばかりは苦しいです。ヤベー首相は、自身及び妻が土地の払い下げに関与していたら総理は勿論国会議員も辞職すると断言しています。ヤベー首相の人間性なんて私は信じていませんので、この言葉も反故にするでしょう。まぁ、これ以上ないという醜悪さを見せてくれるものと期待しています。

 

 ペテン師詐欺師は、嘘を言って人を欺く訳ですが、その話の中には真実も紛れ込んでいるのであります。一部国会議員が尋問内容を「籠池氏は信用のならない嘘つきの人物である」という心象を与えるような証言をいくら引きだしても、無駄なのであります。ペテン師が言おうが真実は真実なのであります。→これが、今回の私の教訓なのであります。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京都議会百条委員会

2017-03-22 08:35:58 | 政治

東京都議会百条委員会

2017年3月22日(水)

 3月20日、東京都議会において、豊洲問題で、百条委員会が開催されました。

 石原珍太郎元東京都知事が証人喚問されたんですね。冒頭、脳梗塞により、ひらかなまで忘れたという発言がありました。ただ、石原氏は、昨年、田中角栄に関する本を書いています。文字を忘れた人が本を書くなんて不思議ですが、まぁ、口述筆記という方法もありますので、それは可能なのでしょう。

 しかし、私は、以後連発する「記憶にない」という言い訳のexcuseの同情を得るためのようで、往年の石原氏とは思えない、哀れな姿を見ました。

 肝心のことは、「記憶にない」、「部下に一任した」では、なんの解明にもなりませんでした。かつて、東京都という組織のピラミッドの頂点に居た人としての矜持も感じられませんでしたね。「部下に一任した。しかし、一切の責任は自分にある。」と何故言えないのでしょうか・・。

 「部下に一任した」ということですが、これ、冷静に考えて、組織人としては、モノによっては、やってはいけないことですよね。極端なことを言うようですが、知事が課長に知事の仕事を一任するってことは有り得ないでしょう。でも、知事の仕事は莫大あって、全部知事がすることは物理的に不可能では?という疑問が出ます。それはもっともなことで、その場合は、知事として判断する材料を部下に集めさせ、その判断材料により、自ら判断するということなんですね。石原氏のように、部下に判断まで「一任」というのは、知事としての職務を果たしていないことになるのですね。

 都議会議員の尋問も要領を得ないものが多かったですね。主眼は言質をとることですね。そして、他の証人との矛盾を集めることです。石原氏の見解・意見を求めても仕方ありません。委員長もお粗末でしたね。石原氏が小池知事の現在の対応を批判する内容を喋りましたが、喚問を受けた人間は問われたこと以外のことを述べる立場ではありません。委員長は即刻発言を停止すべきでしょう。お粗末の極めは、自民党の議員です。石原氏の在任中の功績を讃えていました。こりゃもう、犯罪的と言って良いと思います。石原氏は体調を理由に3時間→1時間に減じられた訳で、その貴重な時間を浪費した訳ですから。

 なかなか真相の究明が行われない進行となっていますが、それでも、他の証人同士の発言で矛盾点も出て来ており、今後の議員の追及次第では、明らかになる部分が出そうで、それを期待いたしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国民健康保険料

2017-03-19 13:06:24 | 健康・病気

国民健康保険料

2017年3月19日(日)

 私事ですが、来年度(2017年4月から)の国民健康保険料(以下「国保料」)が大幅に上がることが分かりました。何と約29%のアップです。年金収入が、僅か数千円増加になっているだけでです。こりゃ、生活があっぷあっぷしますですワ。

 なぜ、このようなことになるのか、市役所の窓口へ行って聞いてきました。その複雑な仕組み及び詳細な説明は私の頭脳では十分理解できませんでしたが、概略は分かりました。

 

①市役所は、平成26年度(2014年度)から、国保料の算定方式を変えました、とさ。

②どのように変えたかと言うと、「市民税方式」から「所得方式」とさ。

③その違いですが、市民税方式では、wifeは扶養家族(不要家族とも言います。)ですので、扶養控除33万円があるのに対して、所得方式では、自分自身の基礎控除33万円しか認められないというのです。

④所得方式による具体的な算定は、仮に年金が200万円とすると、公的年金控除120万円と基礎控除33万円を控除した47万円(200-120-33=47)が(国保料の)賦課基準額になりその額に料率を乗じることになります。

⑤更にややこしい話しになるのですが、所得方式にすると、国保料が大幅にアップするケースがありますので、2014年度から2017年度まで4年間で段階的に国保料を引き上げる経過措置を設けています。

⑥経過措置の仕組みは、私は十分説明することができませんので、省略せざるを得ません。ただ、結論から言うと、2018年度からはこの経過措置がなくなりますので、私の国保料は来年度は2017年度に較べて約25%程度上がる可能性があります。

⑦「⑥」で「可能性」と言ったのは、④の料率が変わる場合があるからです。

 

 いずれにしても、国保財政は苦しいので、今後国保料が上がる傾向は続くことになりそうです。

 問題は、年金という老後の生活保障という観点からこの国保料等公租公課をどのように考えるかということです。年金制度の仕組みとしては消費者物価が上昇すれば、その分年金もupする仕組みになっています。ところが、国保料や介護保険料、更には税がupしても、年金額がupすることになっていないということです。→こりゃ、大矛盾であります。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤベー首相から100万円!?

2017-03-17 11:49:59 | 政治

ヤベー首相から100万円!?

2017年3月17日(金)

 森友学園の籠池理事長がヤベー首相から100万円の寄付を受けたと言い出しました。ペテン師の籠池氏の発言ですので、物証がなければ基本的には信用できません。昨日野党が籠池氏から直接話を聞き、TV報道を見る限り色めき立っているように見えましたが、現時点では、冷静であるべきです。

 この発言で、これまで一貫して参考人招致に反対していた自民党が、証人喚問をすると言い出しました。その言い分を聞き、私ゃ嗤っちゃいました。自民党の竹下国会対策委員長は、籠池氏の発言が総理を侮辱するものだと言うのです。まだ真相が分からない段階で、決めつけるのは、理性的人間ではできません。真相を究明するのが目的ではなく、総理を侮辱するから証人喚問をするという動機は、更に承認できません。こんないい加減な人物が国会対策委員長という要職を担っているということは、自民党の他の議員の質も推して知るべし、です。

 更に嗤っちゃたのは、TVのテロップで、自民党の関係者の発言として、(総理は)そんなに気前良くないよ、というのがありました。→まぁ、こんなことはどうでも良いことです。私の方がもっと、気前良くないですよ。

 

 ヤベー首相自身は直ぐに否定しましたが、一方、ワーストレイディの安倍アキレルデ恵さんは、どうでしょうか?森友学園へ何回も講演に足を運び、その教育に涙を流す程感激を示していましたので、ご主人より気前がよければ、あり得るのかな~と考えたりもします。まずは、23日の国会での証人喚問が焦点になったのであります。

 

 最悪のシナリオは、籠池氏の発言に信憑性がないことが明らかになり、この森友学園事件が一機に萎んでしまうことです。誰か、このようなシナリオを書いているやも知れずと勘繰りたくなるのであります。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

権力構造

2017-03-16 17:04:23 | 政治

権力構造

2017年3月16日(木)

 森友学園事件は、ペテン師籠池氏の「爆弾発言」により、揺れに揺れている感じがします。ペテン師の言うことですので、物証がなければ、根拠にならないというのが残念なところではあります。

 

 私は、今回の森友学園事件を見て、日本における闇の権力構造が、誰かがドジを踏んだために、垣間見えたということではないかと思います。私が考える「権力構造」とは、次のようなものです。

 我がヤベー首相が本質的な意味で我が国の権力を握っているとは、到底考えられません。「子どもを産んで国家に貢献して欲しい。」というアナクロニズム的国家観を披歴したスゲー官房長官でも勿論ありません。私はヌエのような存在だと思っていて、それは資本家分けても死の商人と言われている連中、資本と結びついて吸血鬼のように利権を吸い上げる一部政治家、政治家に入れ知恵をし姿を見せようとしない一部高級官僚、思想的には皇国史観を持っている極右翼潮流等々が、時には合体し、時には一部利益の相反によりいがみ合いながらも、対国民からの収奪では一致する、そういう集団だと感じています。ヤベー首相は、所詮彼らの捨て駒です。

 

 ・・で、誰がドジを踏んだかというと、ペテン師籠池氏でもなく、官僚ではないかと思います。何故なら、「書類を破棄した」等という見えすいた嘘を言わざるをえないからです。

 

 また、ここにきて怪しげなジャーナリストなる者も出現してきました。TVを見る限り売名行為的な演出過多のような気がします。今後の展開は、一にも二にも物証と思いますが、誰かドジを踏んで物証を残していることを期待しています。

注 「権力構造」に関する部分は、内橋克人氏の著書を参考としました。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

便移植

2017-03-15 11:49:30 | 政治

便移植

2017年3月15日(水)

 稲田嘘つき子防衛大臣が、虚偽答弁をしました。それも、国権の最高機関である国会においてであります。国会は主権者の代表の集まりですので、主権者に対して嘘をついたということになります。

 その嘘とは、森友学園の訴訟には係わっていなかったと言っていたのに、事実は係わっていたということです。国会の答弁で、無いと「断言」していたのに、民進党の議員に出廷記録という証拠を突きつけられて「白状」した訳で、悪質と言わざるを得ません。自ら事実関係を調査して自主的に公表した訳でもありませんので、真摯さの欠片もないとも言えます。また、バレたから仕方ないかというのがミエミエで謝罪しましたが、全く誠意も感じられません。

 

 このような人物が引き続き大臣の職に留まる資格がないのは勿論ですが、ヤベー首相は任命権者として、引き続き誠意をもって職務に当たってもらいたいと、かばっています。嘘つきの人に対して「引き続き誠意をもって」とは、ブラックジョーク如きものと思いますが、ヤベー首相そのものも任命権者としての資格がなく、総理大臣失格と言って良いでしょう。

 

 最近のTV番組を観て知ったことですが、①マウスでの実験ですが、腸内細菌がマウスの行動に影響を与えていると考えられているということです。②腸のまわりには神経細胞が集中していて、脳の神経細胞とネットワークで繋がっていて相互に影響しあっているということです。(脳には神経細胞が1000億個。腸には100億個)

 途中説明は省略しますが(というか、説明能力が十分ないのであります。)、①稲田氏の腸内細菌は悪玉菌が多く、②その悪玉菌が腸管神経細胞に悪い影響を与え、③その超管神経細胞が脳細胞へストレートに伝わっていき、先の虚偽答弁になったのではないかと考えた訳であります。私ゃ、稲田氏が悪いのではなく、稲田氏の腸内細菌が悪いのだと思っています。是非、だれか善玉菌の多い方からの便移植をお勧めいたします。

 

 話は、飛躍しますが、仮に私に対する拷問で一番怖いことは何かと問われた場合、そゃ、「稲田大臣の便を移植するぞ」と脅かされることであります。多分その言葉を聞いた途端に、私ゃ、あまりの恐怖に失神すると思います。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

商談

2017-03-13 12:55:11 | 

商談

2017年3月11日(土)

 約4か月に及ぶ自動車選びも収束に向かいつつあります。いやー、この間多くのデーラーを回りました。延べ20箇所位でしょうか。試乗も延べ10数回はしました。

 当初は、スバルインプレッサ、マツダアクセラ、ホンダフィット、スズキバレーノ、日産ノート等を比較していましたが、最終的にはインプレッサとアクセラ(ディーゼル)に絞られました。それぞれ長所、短所があり、難しい選択でしたが、アクセラにニーエアバックが付いていないこと、ナヴィの社外品が付けられないことが決め手になりました。ニーエアバックを付けないなんて、マツダの見識を疑いますね。

 

 9日、スバルのディーラーを訪れました。最後の確認ということです。

 

 

 1.6と2.0両方ありましたので、両方試乗させてもらいました。

 

 最初は1.6です。約10㌔の信号の少ない郊外路というコースで、15.1を記録しました。AWDでしたので、2WDだと16.0程度と思います。スバルは燃費はあまり良くありません。

 CVTの設定が発進の際エンジンを2000回転まで回すようになっています。そのせいで飛び出すような挙動をします。いやー、エンジン音も高くなりますし、下手な設定と思います。どうして、アクセル開度とエンジン回転をリニアになるよう設定しないのでしょうか。疑問です。

 この2眼メータは見やすいです。100㌔走行時のエンジン回転は2000でした。静粛性は十分で16インチのタイヤで乗り心地も良好でした。

 

 車内は広いです。特に後席の前後空間はアクセラより10cm多広いくらいです。

 

 続いて2.0の試乗です。これもAWDでした。1.6ほど飛び出すような挙動ではありませんでしたが、やはり2000回転まで回します。しかし、1.6ほど静粛性は損なわれていません。

 全く同じコースで、1.6より良い15.5と出ました。まぁ、誤差の範囲内ということでしょう。18インチタイヤでしたので、ゴツゴツ感がありました。

 マイクが付いていますが、ナヴィ用でしょうか。

 

 当初1.6を考えていたのですが、2.0の方が値引きが多く、さして違いがないこともあり、2.0に傾いてきました。

 

 約3時間の商談で、終わったのが15時過ぎ、近くのおんまく寿司で昼食です。

 この回転寿司店はネタが新鮮です。以上4品で540円也でした。

 

 商談って、疲れましたですよ。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

訂正申告

2017-03-12 12:41:59 | 経済

訂正申告

2017年3月11日(土)

 年金収入が入るようになり、毎年確定申告をしています。酷税がご親切に多めに税を源泉徴収しているからです。したがって、毎年還付金があります。(僅かではありますが・・。)この申告を行わないと、市県民税や、国保料、介護保険料に影響がでる(多額になる)恐れがあり、深刻な事態になる場合があるのです。

 今年は、訂正申告なるものも行いました。確定申告後帰る途上、損益通算について説明を求めるため税務署へ立ち寄りました。済んだばかりの申告書と関係書類を見せると、いきなり、「申し訳ありませんでした。」と来ました。先ほどの確定申告会場のスタッフが誤った説明をし、私が誤った申告をしていたのです。このスタッフは臨時職員で税の知識はありません。→如何なものかと思います。

 その影響たるや、還付金に7,249円の差が生じていました。市税の担当が会場に出張していましたので確認すると、訂正申告前と後とでは、市県民税で年約6万円の税額の差が生じるということでした。この訂正申告なるものは、申告期限までに行わないと、訂正ができないということですので、運が良かったというべきか・・。いや、今の税務行政が分かり難いというのが難なんでしょう。

 さらに、国保料や介護保険料にも影響が出ていたはずですので、年間10数万円の損害が出ていた可能性があります。あぶないあぶない。→教訓。公務所の言うことは基本的に信用してはいけない。

 

 

 3月8日。

 この日628番目でした。

 

 100分待ちです。

 

 

 約2時間の所要時間後、松屋の牛丼です。290円也はどう考えても安すぎます。還付額33,431円で何と115杯も食べることができます。

 

 家電量販店のエディオンが閉店セールをしていました。20%offということで、BD-Rを仕込みました。1枚63円でした。還付額33,431円で何と530枚も買うことができます。5年は十分にありますね。

 ちょっと分かり難いのですが、右の中段辺りに還付金33431円とあります。訂正申告前は26182円だったのです。

 

注 修正申告というものがあります。今回の私の訂正申告の内容は、修正申告できないというものでした。どういうことかと言うと、税の申告を選択するものがあるのです。例えば、源泉分離or総合課税。そういった選択をするものについては訂正申告でしか出来ません。一方修正申告の場合は、そもそも金額に誤りがあったようなものができます。例えば、医療費控除の金額が領収書の付け忘れにより10万円違っていたというような場合です。詳しくは、税務署に要確認です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペテン師

2017-03-11 07:24:37 | 社会

ペテン師

2017年3月11日(土)

 ペテン師。広辞苑では次のようにあります。

 「詐欺師」。

 詐欺師とは、広辞苑では次のようにあります。

 「巧みに人をあざむいて財物をかたりとる人。詐欺を常習とする者。かたり。」

 森友学園の籠池康典氏が、ペテン師ということは疑いのないところでしょう。小学校の建設費について3通りの見積書を出しています。同日付で勿論同じ業者です。こんなことはあり得ません。動機は、国交省には多い金額の見積りで補助金を多く受けようとし、大阪府には少ない金額で小学校の認可を受けやすくしようとした蓋然性が極めて高いと言えましょう。他にも、妻が保育園の補助金を不正に受け取っていたということ等があり、こりゃ、立派な詐欺師ですわな。

 その詐欺師籠池氏が、これまであれだけ執拗に執念を燃やしていた小学校の認可申請を取り下げました。詐欺師ですので、何らかの企みがあると考えるのが自然です。

 今回の籠池氏の問題で、一番困っているのは、当の本人ではなく、ヤベー首相であることは論を待ちません。不明朗な行政の決定で、政権の支持が揺るぎかねないからです。勿論、総理ご夫妻自らの問題もあります。立派な教育方針と天まで持ち上げていたからです。その立派な中身は教育勅語を幼稚園児に唱和させるというアナクロニズム的な軍国主義教育ですから。ところが、国会での追及で不利になると見るや、一転して立場を変えました。詐欺師的行為ですね。

 

 次から次へと出る疑惑で、更に何が出るやら分からず、これまでの国会の答弁が虚偽だったというようなことになると、先にも書きましたが、支持率急落にもなりかねません。何とか、終止符を打ちたいと考えるのが当然であります。

 私ゃ、闇の世界の強大な力が働いているのではないかと感じています。ヤベー首相側と籠池氏が繋がっているのは、日本会議だと私は憶測しています。この中で、闇の取引が行われたのではないかと推察しているのであります。

 

 しかし、詐欺師の詐欺はいずれバレるのであります。籠池氏って、ペラペラしゅべり過ぎますよね。稲田核好き子防衛大臣は籠池氏と10年会っていないと国会で答弁しました。ところが、籠池氏は名前は言いませんが稲田氏と分かるような言い回しで、2年位前に会ったと言っています。しゃべらないと気が済まない性格のお方なんですね。仮に、一時収束したように見えても、マスコミの執拗な取材に何時か何かしゃべりだすのであります。ヤベー首相側がそれを恐れて、籠池氏側に何を提示したか、疑惑が起こるところであります。この闇の部分は見えそうもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石原珍太郎氏の記者会見

2017-03-04 16:13:08 | 社会

石原珍太郎氏の記者会見

2017年3月4日(土)

 石原珍太郎元東京都知事が「記者」会見を行いました。

 

 

石原氏と言えば、人を馬鹿にした強圧的な言動をするお方ですが、さすがにそれは鳴りを潜めていました。自ら不利な立場にあるということは、さすがにお分かりのようでありました。

 さて、その「記者」会見ですが、私ゃ、石原氏というのは、知事としての資質も資格も能力も持ち合わせていなかったということがはっきした記者会見だと思いました。

 

 自ら決定したことを、①部下に任せていた、②専門的知見はない、③議会も承認していた、あげくは、④部下のいうままに裁可した!→さすがこの場面では笑っちゃいました。

 まず、部下に任せていたということに関してですが、自ら行使しなければならない権限を部下に任すということは許されません。例えば、課長が決済しなければならないことを部下の係長に決済させるなんてことは有り得ません。つまりは、石原氏は知事としての仕事をしていなかったということです。

 専門的知見はないということに関してですが、それはその通りと思います。しかし、知事というのは、専門的知見は専門の人の意見を聞くととしても、それらを含めた総合的な判断をしなければならない立場です。じゃ、聞きますが、専門的知見を持った方に判断を任せられますか?ということです。例えば、石原氏は豊洲の安全は専門家が保障していると言います。しかし、豊洲への移転は、安全性の問題だけではなく、生鮮食品を扱う市場として汚染された場所が相応しいのかどうかという問題が問われているのです。安全性に関しての専門的知見を持っている方であっても、その判断はすることができません。

 

 議会も承認していた。笑止千万です。議会に正しい情報を提供していたとは到底考えられません。そもそも未だに情報が十分開示されていないではないですか。浜渦なる副知事の「水面下の交渉」って一体何ですか?こういったことを全てオープンにしていて議会が承認したというなら兎も角として、重大な情報を議会に隠していた責任は重大です。

 

 部下のいうままに裁可していた。石原氏はそもそも人の考え意見を聞くような人物ではありません。都合の良いときだけ、部下が大丈夫といったから信用して裁可したなんて、とぼけるにもいい加減にすべきです。仮に、部下を信用して裁可して、その部下が誤った判断を知事にさせても、最大の責任は自らにあるということを知るべきです。それが知事としての「知見」というべきものです。

 

 

 まぁ、このような人物を知事として選んだ東京都民が愚かとしか言いようがありません。

 

 百条委員会でも、知らぬ存ぜぬで通すでしょう。こりゃ、司法の場で決着を付ける以外にありませんです、と思います。

 

 

http://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/e/19b734e4b640e794bd230c9e288d67b9

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キーワードは日本会議

2017-03-02 15:52:17 | 政治

キーワードは日本会議

2017年3月2日(木)

 ヤベー首相の奥様の安倍アキレルデ恵内閣総理大臣夫人が、森友学園で講演した際に講演料をもらったかどうか?民進党の舟山康江氏が、ヤベー首相に尋ねたところ、「貰っていない。」と否定しました。一方、同幼稚園のPTA決算書には、アキレルデ恵氏に講演料を払ったかのような記載があります。いずれ、国会で明らかにされるものと思いますが、仮に貰っていたとしたら、総理大臣の答弁って、一体どれほどのものかと思います。政府の最高責任者が国会で虚偽の答弁を行ったということですから、私ゃ、即刻辞任に値すると思いますが、なんとかかんとか屁理屈をつけて居続けるのではないでしょうか。

 私はそれはそれで楽しみです。それは、おおっぴらに、ヤベー首相をペテン師と言うことができるからです。

 今日の自由党の山本太郎氏の質問に対する答弁で驚愕することがありました。何と、アキレルデ恵氏に国からスタッフを派遣しているというのです。常勤2人、非常勤3人ということでした。一体何をやるのでしょうか。ここらあたりも国会で明らかにして欲しいと思いますが、公けの私物化がかなり行われているのではないかと推察されます。(民主党時代は1人ということでした。)それらの人の人件費だけで、数千万円はかかっているでしょう。残念ながら山本議員の持ち時間が少ないため、十分な追及が行われていませんでした。アキレルデ氏の国会参考人招致が必要です。

 

 森友学園の小学校認可・土地取得の問題で、政治家の口利きが暴露されました。共産党の小池書記局長が明らかにしたもので、鴻池元防災大臣です。鴻池氏は否定していますが、十分な説明を行ったとは思えません。同学園の理事長は他の政治家にも働きかけている可能性があり、今後の解明が求められるところです。

 

 ところで、今回の登場人物の共通項は、「日本会議」という同じ穴の貉であります。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百条委員会・石原珍太郎氏証人喚問

2017-03-01 17:39:28 | 政治

百条委員会・石原珍太郎元東京都知事証人喚問

2017年3月1日(火)

 東京都議会が百条委員会に石原珍太郎元東京都知事を証人として呼ぶということです。この百条委員会の設置については、共産党はかねてより主張していましたが、他の会派は反対でした。この期に及んで賛成に回ったには訳があります。「選挙」ですね。政治信条ではなく、選挙目当て当選目当てで行動する「議員」が何と多いことか。

 それは兎も角として、私は、石原氏の最大の「功績」は、知事としてまともに働いていなかったことが、今回の問題が起きた最大の要因だということを明らかにしたということです。何せ、週に2日か3日の登庁で、しかも数時間しか滞在していなかったということですから。こりゃ、知らぬ存ぜぬという訳がわかります。極端なことを言って、1か月間登庁しなければその間の事情なんか分かりっこありませんので、「知らない」、「部下に任せていた」、「記憶がない」、とこのようになるのです。知事という職務は激務で、1日48時間あっても足りないくらいです。それを週十数時間「仕事」をやったからと言って重要事項を知り得ることはできないでしょう。→まともな判断もできないということです。

 

 実質的に都知事が不在の場合どのようになるでしょうか?それは、役人のやりたい放題になります。役人からしたら、知事に案件を上げようにも不在ですから、仕方ないという理由を与えてしまいます。つまり、本来なら知事が決定しなければならないことを役人が決定してしまうということです。知事の仕事は都という組織を経営することが最大の仕事ですから、その点からしたら、満足に仕事をしていなかったと同じことです。

 でも、石原氏はディーゼル規制とか、東京マラソンとか、東京新銀行とか、いろいろやったじゃないの、という人もいるかも知れません。私も全くしていないと言っている訳ではありません。知事として自らの能力の100%を都民のために捧げる必要があるのに、その半分も発揮していなかったということを問うているのです。→私は、万死に値することだと思います。他の道府県知事で、石原氏のような勤務形態の方は間違いなくおられないでしょう。

 

 さて、豊洲問題で石原氏が何を語るか?ですが、先のような事情ですので、目新しことは出ないのではないかと私は予想しています。万一、新しいことが出たとしたら、他者に責任を預けるような話しでしょう。仮に、石原氏が人格者(とは到底思えませんが・・。)部下に任せたとしても、「全ての責任は全部自分にあります。」と逃げ隠れせずに言うでしょうが、到底期待できません。

 

 百条委員会に先立ち、今週の金曜日に記者会見を行うということですが、石原氏から自らに責任があるとの発言はないと予想しています。仮にあったとしても、それは損害賠償を想定したものではなく、口先だけになるでしょう。どんな珍太郎弁明が行われるか楽しみです。

 

 以上、石原氏に相当の責任があるとの前提で述べたもので、その点に関して異論がある人もいるでしょう。最終的には司法の判断ということになりますので、仮に司法において石原氏に責任がないとの決定がなされた場合は、石原氏を好き放題にこき下ろした全責任は私にあります。もし石原氏が私のブログで名誉を傷つけられたとして訴訟を起こし、司法の判断で認められたら、私は当然損害賠償に応じる覚悟であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島交響楽団第366回定期演奏会

2017-02-28 11:56:35 | 音楽

 広島交響楽団第366回定期演奏会

2017年2月27日(月)

 コバケンの演奏会が広島であれば必ず行きます。コバケンの演奏会を何回聴いたか思いだすのは難解です。容易に思い出すこともあります。第九の演奏会で私自身が合唱団の一員としてコバケンの指揮で歌ったことがあります。その当時は、「コバケン」という愛称はありませんでした。35年位前だったと思います。

 

 

 チャイコフスキーの3番の交響曲を聴くのは初めてです。知っているメロディでしたので、再生音楽としては良く聴いていたのだと思います。チャイコフスキーらしく圧倒的にダイナミックな楽曲です。コバケンは、燃焼しきりました。私自身も燃焼させられました。

 

 

 

 

 ピンクリボンって、検診を受けましょうという運動のようです。

 クッキーを500円で売っていました。検診とどのような関係がるのか、クッキリと示してくださ~い。

 スタッフが「触ってみてください。」というので考えなしに触ってみました。乳房なんですね。それを先に言ってくださいよ。勿論人間のものとは感触は大きく違っていました。

 

 アンコールのユーモレスクは、ユーモア溢れる演奏でした。楽団員が笑いながら演奏していました。

 

 最後に、安保さんの👠の裏の色ですが、本日は黒でしたよ。

 

http://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/e/337bda2e28122e5d1b501fd1106d923b

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽の花束 2017.2.19

2017-02-27 07:43:20 | 音楽

音楽の花束 2017.2.19

2017年2月27日(月)

 wifeと演奏会へ行くというのは久しぶりです。以前は大概ペァで行っていたのですが、ある時、「一人で行ったら・・」とそっけなく言われたことがあり、かつ生活のダウンサイジングをするため、シングルで行くようになったのです。ところが、今回の演奏会はペァ券がbargainなんです。一人だと4200円のところ、ペァだと6400円也。実は、一人で行くと帰りがなんとなく億劫になるということもあり・・。

 

 前橋汀子さんのメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲がメインのプログラムです。出だしから、「あっ、ハズレまくってるじゃん」と感じました。ここで、注釈です。私ゃ、小学校の音楽の時間で和音の聴き比べがあり、全く分からなかったという経歴の持ち主であります。私の耳の方がハズレまくっていたに違いありません。しかも、不遜なことに途中寝ちゃいました。この日法事からの直行で、法事の際一杯入ったのが罪深いことになったのであります。演奏者の皆さまには深謝です。

 ということで、音楽の印象はあまり残っていません。アンコールもあったのですが、前橋さんは確かバッハだったような気がします。

 

 しっかり覚えていたのは、ホールの残響のことです。凄くデッドに感じました。このホールは共鳴板を動かすことにより、残響を調整することができるのですが、残響が一番少ない設定にしていたのです。

 帰る際、広響の井形事務局長に出会ったものですから、「デッドでしたね」と言ったら、演奏者は残響が多いと演奏し難いと言うのです、ということでした。そういうことは、初めて知りました。

 

 広島国際会議場フェニックスホール。丹下健三氏による設計です。迷路のようなホールです。

 本郷新さん作の「嵐の中の母子」です。原爆投下後逃げ惑う母子を描いたものです。写真では分かり難いのですが、背中にも小っちゃな子どもをおぶっています。母親のたくましさに感動です。

 

 前橋さんは御年74歳だそうです。とてもそんなには見えない若々しさですね。

 

 本日のコンマスは、キュートな蔵川瑠美さんでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイエットは味噌がミソ!?

2017-02-26 12:13:49 | 健康・病気

ダイエットは味噌がミソ!?

2017年2月26日(日)

 Dietに関心のある方は多いでしょう。「ダイエット」とは、「(規定食の意)美容・健康保持のために食事の量・種類を制限すること」(広辞苑)とあります。しかし、一般にはむしろ体重を減らすことを「ダイエットする」として使うことが多いように思います。私は肥満による体重増は文明病と思っていますが、それに立ち向かいたいと思っている人も文明人なのであります。・・と、何が何やら、訳の分からない導入になったのでありますが・・、以下は、NHKのTV番組の一部を私が要約したものです。味噌が肥満を防ぐ効果があるというのが結論なのですが、その説明もご確認ください。(「→」は私が付けたものです。)

 次は、微生物研究の福島県立医科大学教授の錫谷達夫さんの話です。

 私達の腸の中には、様々な種類の細菌が住んでいて100兆個とも言われています。これは、腸内フローラ(→「腸内細菌生態系」)と呼ばれています。腸内細菌はその働きに応じて3つに分類されます。①乳酸菌など健康に役立つ善玉菌、②食中毒を起こすウェルス菌など体に害を与える悪玉菌、③そして優勢な方に同調して善にも悪にもなる日和見菌です。(→「日和見菌」って小池百合子東京都知事に俄か同調する都議のようですね。)ある菌が増えれば別の菌は減るということになって、そのバランスは、私達が何を食べるかということによって大きく変わってきます。発酵したものを食べると私達の体がそれを吸収するし、さらにお腹の中の菌の餌にもなります。菌自体が私達の健康を変えることになり、悪玉菌が優勢になると免疫力が落ちたり毒素が増えたりして生活習慣病のリスクが高まります。健康のためには、善玉菌が優勢な状態を保つ必要があります。

 味噌が腸内フローラに与える影響を調べるために2匹のマウスで実験しました。善玉菌である乳酸菌の割合を、味噌汁を与える前と与えた後で比較してみると、味噌汁を与えた後は23ポイント増えていました。味噌を食べると乳酸菌が増えますが、それは味噌にあるオリゴ糖にあると考えています。腸の中のオリゴ糖が増えるとそれを栄養にしている乳酸菌も増えていきます。こうして腸内フローラは善玉菌が優勢になるのです。

 さらに、味噌は、脂肪の蓄積を抑える効果があります。肥満というのは血液中の余分な糖分が脂肪細胞に入り込み細胞が大きくなることで起こります。味噌を食べると、腸内の乳酸菌が増えてより多くの食物繊維が分解されます。そして短鎖脂肪酸が多く生み出されます。短鎖脂肪酸は脂肪細胞に働きかけて糖の取り込みが止まり細胞は肥大しなくなります。こうして肥満が防げると考えています。→ここはちょっと専門的で難しいのですが、要は「味噌を食べると肥満を防ぐ」というそこがミソなんですね。(^_^;) 

 

 以下は、私のコメントです。

 長野県は長寿日本一の県です。また、味噌の生産量も日本一の県です。味噌が長寿に良いことは上記のことから容易に想像できます。しかし、昔から長寿だった訳ではありません。長寿に変えたのは、1945年に長野県に赴任した若月俊一先生の取組みが大きかったと言われています。

 「長野が長寿の県として注目されてきたのは、ここ2~3年ですが、そのきっかけは50年ほど前にさかのぼります。当時、脳卒中の死亡率がトップクラスだったのは、長野県民の塩分摂取量の多さが大きな原因でした。長野は海に面しておらず、冬が厳しいため、食物を保存するために塩辛い食べものが多かった。それが高血圧を引き起こし、脳卒中につながっていたわけです。これをなんとかするために、昭和20年に長野に赴任した若月俊一先生という医師が、『予防医学』の考え方を広めていったのです」(白澤卓二順天堂大学大学院教授)

 3年位前、私がある人に若月俊一先生の話をしたら、その方は直ぐに先生の著書を読み、大学受験前に知っていたら自分の人生は変わっていただろうと言いました。実は私は先生の本を読んだことはありません。ミソをつけました。(^_^;)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加