パフィンの生態

映画と美術好きなパフィンの感想を記録。香港映画が一番好き!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クラッシュ

2006年02月21日 23時15分09秒 | 映画全般
ポール・ハギス監督、2005年作品。
ロサンゼルス、一つの自動車衝突(crash)から始まる物語。
10名近い人物の”衝突”の連鎖と内面を絶妙な匙加減で描いた作品。

大上段に構えて人種差別を批判するのではなく、誰もが他人を傷つけ、
傷つけられ、それでも誰かとつながっていることを暗示している。
脚本と編集が上手い映画。

登場人物たちは何かに不満を抱いたり、不安を感じたり、
理不尽な被害にあったりする。
この映画の素晴らしさは、被害者が同時に加害者になったり、
加害者が善人の側面をもっている点。

悪を戒めるような単純な構図ではなく、言葉の障害や先入観が
人々に苛立ちや誤解を与える様子を描き、
白人、黒人、ヒスパニック、アラブといった括りだけではなく、
親子や男女の関係でも同様な衝突が起きることを示唆している。

ペルシア系なのに、アラブと決めつけられた雑貨店店主と
店の鍵を修理にきた黒人、二人の逸話に胸がしめつけられる。
「天使の町」であってほしいという監督の願い?

正義の警官だったライアン・フィリップが不憫だ。
母親に理解されないドン・チードルだが、恋人との絆が深まったのが救い。
安易にハッピーエンドにしていないラストに感心した。
好き嫌いはあると思いますが、映画として素晴らしい出来ばえだと
思います。私は好きです
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徳永英明 アルバム&ツアー | トップ | SPIRIT 試写会報告 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2006-02-22 01:30:04
正義を貫こうとした若き警官、ライアンフィリップは

本当に可愛そうな事に、、、

欲を言うならサンドラ&ブレンダンを

もう少し出して欲しかったな



キャストたちと脚本、そして演出がとても優れた作品、

こういう後々まで残る映画が

今のハリウッドには少ないなー、なんて思います。。。



ライアンくんには妻のリース共々、今後も頑張って色々出てもらいたいな
ライアン・フィリップ★ (パフィン)
2006-02-22 21:47:34
>migさま、



ライアン・フィリップの逸話は可哀想なんだけど

黒人の上司との関係や親切が報われないなど

色々な側面を見せてくれました



サンドラ&ブレンダンは白人の富裕層カップル、

他の登場人物から見たら恵まれているから、

少なめなのかも



「プリティ・ヘレン」「ブロークン・フラワー」の

公開がとっても楽しみです。

紹介記事ありがとう
こんにちは (chikat)
2006-02-23 17:27:08
ライアン・フィリップって、インパクトのある役がないでしょ?

何やってもキレイな男の子で真面目で良い子なのね。(私のイメージだけかしら?)

そろそろガツンとやってほしいと思います。

この役も思い出すとかわいそうで涙がうるるです。
優等生★ (パフィン)
2006-02-23 20:30:27
>chikatさま、



典型的な白人ハンサム青年って感じ?

私はティム・ロスと対決する青年を

演じた「サベイランス」(Antitrust)と

ロバート・アルトマン監督の群像劇

「ゴスフォード・パーク」のちょい役が

印象に残っています。



「クラッシュ」はロスアンゼルスならではの

逸話が並んでいるんだけど、日本人でも共感できる普遍性を持ってましたね
こんにちは (ノラネコ)
2006-02-25 19:32:54
TBありがとうございました。

脚本は本当に素晴らしいですよね。

今年はブローバックマウンテンという強敵がいますが、せめて脚本はオスカーとってもらいたいものです。
脚本★ (パフィン)
2006-02-25 23:56:02
>ノラネコさま、



コメントとTBありがとう

ございます



あえて台詞なしにして登場人物の心中を

察する余地を与えていたり、短い台詞で

登場人物の生い立ちなど説明したり・・

「大人向けの映画」

脚本賞に値すると思います!



ノラネコさんのレヴュー深い考察ですね。

他の映画も楽しみにしてます
神様のサイコロ (にゃんこ)
2006-02-26 08:00:26
こんにちは~

この映画、地味だけど、心に染みる映画でしたね。

神様のサイコロはほんっとに気まぐれで

人の運命はあっという間に変わってしまう。

日常にありそうな、いろいろなエピソードが、あとからあとから

じわじわきました(笑)

でも、最近まで結構大きな勘違いもしてましたけどね~

<アクション映画じゃなかったんだ^^;
ハート型のカイロ (パフィン)
2006-02-26 15:36:18
にゃんこさん、ライブ楽しめて

よかったですね!ポンタさん私も好き!



>日常にありそうな、いろいろなエピソード



そうなんですよね~観終わった後は、

「天使の羽」の逸話や人種差別の余韻が

あるんですが、家に帰る頃になると、夫婦や親子のすれ違いも織り込んであったことに

気づいて、じわじわと(笑)

前売り券についてたカイロ型の

意味がわかりました~



サンドラも真面目な映画に出演したかったの

でしょうね
はじめまして (カオリ)
2006-03-17 23:13:58
ロスに降る雪が、最後を締めてくれたような気がします。乾いた現代社会において、敢えてクラッシュすること。現代日本でも同じですね。TBさせていただきます。

>カオリさま (パフィン)
2006-03-18 00:10:47
TBとコメントありがとうございます!

感想、共感する点が多かったです。



衝突して「素」を見せたとき初めて

生まれる愛情もあると私も思います。



ライアン・フィリップの悲劇は

テレンス・ハワードが「素」を取り戻す

「衝突」の結果、偶然、生じてしまった。



現実を「綺麗ごと」にしなかったために

重い映画になりましたが、現実味を残せたと

思いました。オスカーに値する作品だと。
返TB&コメント、ありがとうございました! (honu)
2006-03-18 15:57:05
こんにちは!

今回のオスカー受賞は、みんな納得!!だったのではないでしょうか(*^_^*)

特に脚本が秀逸でしたね。

脚本賞 (パフィン)
2006-03-19 23:07:44
honuさま、こんにちわ。

良い映画でしたよね~。

群像劇なのに、誰もが一人か二人の逸話には

共感できるように整理されていたと感じます。

脚本賞は、本当に納得いきます。



でも、作品賞は「ブロークバック・マウンテン」と

甲乙つけがたいと感じました。昨日、後者を鑑賞し、

不覚にも涙を流していたのです。同性愛の映画は

苦手だと思っていたのに
Unknown (baoh)
2006-10-14 01:07:14
こんばんは~。



内容としては個人的にもうひとつといったところだったんですけど、脚本が素晴らしいですよね。こういう群像劇タイプの作品で、いくつものエピソードがキレイに収束していく本を書く人って一体どういう頭してるんだろうって思ってしまいます(笑)
脚本家☆ (パフィン)
2006-10-14 23:33:24
>baohさま、



こんばんは~♪

最近、続けてご覧になっていますね^^

baohさんの感想は本音そのままなので、会話を

盗み聞きしているような感覚が楽しいです☆



本当に上手くまとまっていきましたね!

でも、baohさんが何気なく書いている文章

好きですよ~!勢いがあり、説得力があります!

(本音を書けない臆病者

あわせて読む