パフィンの生態

映画と美術好きなパフィンの感想を記録。香港映画が一番好き!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SPIRIT ( 霍元甲)

2006年02月28日 22時06分09秒 | 香港・中国映画
中国の伝説的な武道家、霍元甲(フォ・ユァンジャ)をリー・リンチェイ
(ジェット・リー)が演じ、相手を倒すことではなく己に克つことの
大切さを訴えた映画。リーが自らのマーシャルアートの集大成と位置づけ、
武術精神を伝えようとした作品。鋭く美しい動きを堪能できます!!

幼いフォは喘息を患い、武術家の父から学問を学ぶよう指示されていたが、
父の試合を見て「誰にも負けないこと」を目標に掲げる。
やがて天津一の名声を手にしたフォだが悲劇が待っていた。
(以下ネタばれ含みます)

少年時代の霍元甲を演じた子役が可愛かった。
クンフーの型も決まってたし、
なぜ強くなりたいと願ったのか、動機がわかる。

やがて、リンチェが登場。強い、強い!
闘っては、酒を飲み、弟子を増やす。
勝つことにのみ執着した霍元甲に失望し親友は去っていく。
この友人との関係も味があるし、両親の台詞も心に残る。
リンチェは「自身最後のマーシャルアート映画」
「中国人を励ます映画」になるよう脚本を何人にもチェックさせたという。

傷ついた霍元甲を癒したのは自然の中で生きる山村の人々。
「のどかな絵とリンチェの組み合わせ」は珍しかったが、
この場所こそ真の武術家、霍元甲が生まれた大切な場所。

故郷に戻った彼は、列強に荒らされた町、武術大会で外国人が連勝する記事を
見て決心。上海に出向き、精武門(精武体育会)を開く。

この霍元甲の道場を舞台に「ドラゴン 怒りの鉄挙」で
ブルース・リーが弟子として主演。
リメイク「フィスト・オブ・レジェンド」では、
ブルース・リーの役をリンチェが担当。
二人が霍元甲を尊敬していたことは間違いない。
武術精神をリンチェがどう解釈しているかが映画の見所。

3本とも日本人が悪役なのだが、「SPIRIT」では、
中村獅童扮する日本の武術家田中の侍魂が描かれており、
感動的なラストになっている。
獅童さんの存在感はさすがで、ファンも満足できるだろう。

ただ、クライマックスであるはずの「霍元甲対4人」の闘いは、
映画の冒頭で3人と闘い、映画の最後に突然獅童が登場するので、
わかりにくい。
迫力あるシーンなので、冒頭から集中してくださいね!

リンチェ渾身の格闘シーン、美しいクンフーの型、
そして演技をお楽しみください!

映画を楽しんだ方は、台湾の人気歌手ジェイ・チョウが歌う
映画の主題歌「霍元甲」も是非、聞いてみてください。
残念ながら日本上映では、曲が差し替えられています。
リンチェの「若い世代に映画を見て欲しい」との願いを
受けて作られた曲なのに


ジャンル:
ウェブログ
コメント (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SPIRIT 試写会報告 | トップ | プリティ・へレン »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
久々に・・・ (RIN)
2006-02-28 22:58:06
ストレートな中国映画を観た!って感じがしますよね!

コレ、曲差し替え事件がなかったら、絶賛してました。

田舎で再生をはかり、もう一度自主トレ(?)する場面は

ホントに美しかったですよ。

そーなんですよね!

外国商会4人相手の対戦は、冒頭で3人を倒し、ラストで

獅童と戦うんですけど、一瞬わかりにくいですよね?

「アレ?獅童と最初に戦うの?」って一瞬思いませんでした?

獅童と戦う前に、冒頭の3人との戦いをもう少し短いバージョンで

再生した方がわかりやすいですよね?

見所あるシーンなので、2回流してもダレないと思います。

冒頭3人と戦うシーンのくり返し短縮バージョンはもちろん

ジェイの曲をBGMで・・・

そしたら、今年の最優秀作品に推奨しますよ、間違いなく・・・

ワーナーさん、気を変えてくれないかしら・・・
究極の映画★ (パフィン)
2006-03-01 18:46:48
>RINさま、



お忙しい時期にコメントありがとうございます。ジェイ君もRINさまも腰痛お大事に。



曲については、座席の周辺でもロビーでも

話題にしている方がいましたよ~。

中国映画を好きな人は、ジェイの主題歌を

絶対に目にしているはずですものね!



>冒頭3人と戦うシーンのくり返し短縮バージョンはもちろんジェイの曲をBGMで・・・



あ~予告編はまさに

似合っていましたよね~。



リンチェが若者に映画を見て欲しいから、ジェイに曲を依頼したのはメッセージがこめられた映画だから。自分のため、中国人のための映画。リンチェの集大成映画。



「報復は報復を生む」「武術によって友好も築ける」など台詞も良かったです!ジェイの歌が差し替えられるのは日本だけ?
Unknown (JTブラジャーズ)
2006-03-02 14:44:33
こんにちは。

初めて書き込みをさせていただきます。

みなさん見られたんですね。



「以武会友」の言葉もよかったですし、

最後の中村獅童と李連杰のやりとりには

感動しました。



他にもお墓で詫びるシーンにも感動をしました。

この映画は、全体的に見所満載でしたね。
初めまして★ (パフィン)
2006-03-02 16:45:58
>JTブラジャーズさま、



私も見所満載の映画だと思います

二人の武術家の心が通い合うラストは

本当に感動的でしたね!



お墓で李連杰は再生を誓い、伝説の武術家に

なった。脚本が練れていました。



RINさまは大阪で、私は東京で観たのですが、JTブラジャーズさまも試写会ですか?

とても良い作品なので、多くの人に劇場で観てほしいです
Unknown (JTブラジャーズ)
2006-03-02 20:58:04
こんにちは。

私は一足先に出張中に上海で見ました。

この作品は、序々に盛り上がっていきますよね。



日本でも大ヒットを期待しています。
拡大上映★ (パフィン)
2006-03-03 01:07:24
>JTブラジャーズさま、



あら上海で鑑賞なんて、臨場感が

味わえたことでしょう。



ジャッキー映画の公開(3月18日~)と

かぶるので心配してたんですが、シネコンで

2作品とも上映するとこもあるみたいで、

ひとまず安心。鑑賞が楽しみです
TBありがとう (chikat)
2006-03-08 19:58:11
私の方から先にお邪魔しなければと思っていましたが、早速にTB、コメントありがとうございました。



中国の作品なのでジェト・リーなんて名前は全然無くてリ・リンチェなんですね。

以前の作品はとっても無表情な感じでしたが前作辺りから表情がとても豊かになってやわらかくなったなと思いました。

子供に対するお父さんの愛情が伝わってきました。

最後は悲しくなって泣くかと思いました。
こちらこそ★ (パフィン)
2006-03-08 23:48:42
>chikatさま、



寝る前にブログめぐりしていましたら

紹介記事があり、しかも★4評価なので

とても嬉しくて



これは香港とアメリカ製作映画なので

ジェット・リー主演と表記すべきなんです。

でも、香港時代のリンチェのアクションが

大好きな私はリンチェと呼ばせてもらって

います(笑)



ワイヤーやCGによって、派手なアクションシーンを撮影できる時代です。演技に磨きをかけているのかもしれません。



真の武術家の姿を父に見出したようなラストシーン、再度観たら泣きそう
TBさせていただきました。 (sabunori)
2006-03-19 18:48:02
こんにちは!

2時間以内ながら中身の濃い作品でしたね。

これを観てやっぱり彼はジェット・リーというよりはリー・リンチェイだ!と思いました。

・・・それにしてもエンディングテーマ曲と最後にドーン!と出る歌手名&曲名は一体何だったんでしょうか。
ありがとうございます! (パフィン)
2006-03-19 23:16:29
>sabunoriさま、



やっぱりリー・リンチェイの方が感情移入しやすい

ですよね

フォユンジャを演じることで、リンチェイの技が

見せられる上、言いたいこともストレートに

伝わってきました。中味が濃い映画!



そうですか、やっぱりエンドロールを最後まで

見ると違和感ありなんですね。

映画の権利とジェイの曲を使う権利は

別だったから?
こんばんは (ノラネコ)
2006-03-21 00:25:45
自分のブログにも書いたけど、主題歌はひどいですよね。

カバー版とかならともかく、全く関係ない楽曲を神聖なエンドクレジットにのっけるとは。

まあ余韻をぶち壊されましたけど、リーの魂のアクションは堪能いたしました。

本当に見納めなんて事は無いと思うけど、やっぱり続けて欲しいですね。
同感~★ (パフィン)
2006-03-21 18:05:12
>ノラネコさま、

コメントとTBありがとうございます。

丁寧な感想、私も見習わなくては!

リンチェイのアクションに見惚れてましたが、

確かに1910年ごろの中国を知らない人には

フォの決意の根拠がわかりにくいかもしれません。



>全く関係ない楽曲を神聖なエンドクレジットにのっけるとは



よくぞ、書いてくださいました。

監督やリーが真剣に作った映画なのに
コメントありがとうございます (ロイ from 週末に!この映画!)
2006-03-22 14:32:32
コメントありがとうございました。

「霍元甲」は聞けないのですね・・・残念。日本では日本語の主題歌があるのでしょうか?多分、主題歌なしって事はないと思っているのですが。

ジェット・リーは演技だけでなく、本当に強かったんですねー。それを知るとなんか、映画の演技にも説得力が出る気がします。

また、TB&リンクさせてもらうかもしれませんがよろしくお願いします。
Unknown (mig)
2006-03-23 00:39:30
あのラストの曲はっ!

やっぱり日本用なのよね、、、、

あれ、ヒドイっ



ほんと、台無しよぉー!
お返事★ (パフィン)
2006-03-23 01:02:34
>ロイさま、



初めまして。せっかくブログを紹介して

くださったのに、説明不足ですみませんでした。

訂正させてもらいました。



日本人のグループの歌が流れます。

人気はあるグループですが、似合ってないのです。

ご覧になって、楽しめたら感想を読みたいです!

武術の技があるアクション俳優は、リーと

ドニー・イェンが有名です。



>migさま、



あ、ご覧になりましたか。

曲差し替えは、余韻を壊しますよね!

migさんは楽しめたかしら、

今から遊びに行きます。
りんちぇ(T_T) (tomozo)
2006-03-23 21:30:43
素晴らしかったよね~。りんちぇ。

もう涙ナミダでしたよ~。

もちろん、全盛期に比べたらちょっと重そうだったけど、年齢を重ねた分、この物語の精神性に説得力があって、フォ・ユァンジャ=リー・リンチェでしたよね



エンドロールの曲、ホントは曲名も書きたくないけど「罪」だって。いきなり日本語でテーマ曲って事でど~んと!まさしく「罪」だっての
さすが~★ (パフィン)
2006-03-24 16:26:01
>tomozoさま、



りんちぇも素晴らしかったけど、

tomozoさんの感想も良かったわ~



りんちぇの人生とフォ・ユァンジャの物語を

重ねながら、私も観てしまいました。

どんなB級作品でも手を抜かなかった、

どの作品でも怪我をし、それでも笑顔を見せていた

りんちぇ・・



「グリーン・デスティニー」「英雄」ヒット後、

自分を見つめなおさずにはいられなかったでしょう。

だから、tomozoさんの感想は私の気持ちを代弁して

くれているように感じました。

嬉しいわ、同士がいて
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2006-03-26 05:24:57
これは、李連杰の最高傑作だと思いました。

獅童クンも、おいしい役でしたね。

またよろしくお願いしますね。
唄の差し替えーー; (A・C・O)
2006-03-26 17:53:17
こんにちは!

TBかえし&コメントありがとうございます。



>台湾の人気歌手ジェイ・チョウが歌う映画の主題歌「霍元甲」



この主題歌の差し替えはホント~に怒ってしまいます。あんな日本語でも意味不明なボーカルを流すセンスが泣けます。中国系映画ファンの気持ちが分からない配給会社は今からでも差し替えて欲しい;;と思いました。カットした映像ももとにもどした完全版でDVD発売したら良いですね~。またお邪魔します。
お返事★ (パフィン)
2006-03-27 00:16:56
>猫姫少佐現品限りさま



楽しんでいただけて嬉しいです!

中国を舞台にして、伝説の武術家を演じることで

武術に対する想いを伝えると同時に

娯楽映画としても楽しめましたよね~。



李連杰のアクションは香港時代の作品にも

切れ味鋭いものがありますので、この映画が

お気に召しましたら、「ワンス・アポン・ァ・

タイム・イン・チャイナ 大地大乱」をお奨め

いたします。孫文まで登場するけど、香港映画

らしい怪しい展開に、迫力あるアクションが

似合っております。



>A.C.Oさま、



詳しい感想と、挙法の解説まで読み応えが

ありました。

<南派拳法は急所を打つために、技が決まれば、命に関わる>から、お父上は負けることを選んだ。

それを知ってみると、ラストシーンの感動が深くなるんですよね!(3回観ました!)



ジェイの主題歌は現代的なのですが、フォの名前を

連呼するところが映画の格闘大会の中国人たちに

被りますし、裏声の部分が昔風で良いですよね。



大手の配給会社だったおかげで多くの人に

作品を観てもらえたことは嬉しいです。だから、

DVDで「必ず」オリジナル曲をセットして

販売してもらいたいです



主題歌 (iku:)
2006-03-28 23:46:17
日本版の最後の曲で、がっくりしてしまいました。

ちゃんと主題歌「霍元甲」が聞いてみたいです。

ブルース・リーの作品をほとんど観てないので、こんどチャレンジしてみます。

いっぱい参考にさせていただきました~。ありがとうございます。



TBさせてくださいね。
やっと・・・ (RIN)
2006-03-29 10:43:32
映画の感想記事書けたので、TBしますねー!

曲差し替えは、ブーイングの嵐ですね。

差し替えた担当者、カワイそうに青くなってそうな予感しますね・・・。
お返事★ (パフィン)
2006-03-30 00:02:18
>iku:さま、



最後の曲は聞かずに席をたって抵抗して

おりました。台湾の歌手、ジェイくんの曲だから、

政治的な意味もあるのかな~と深読みしたり。



>ちゃんと主題歌「霍元甲」が聞いてみたいです



RINさまのブログをご覧になってください!

ジェイ・チョウの写真も、「霍元甲」のMVも

リンクしてありますよ~



ブルース・リーは男性に人気があるけど、

ちと怖いです、アクションも表情も



>RINさま、



「一日限りの金城武映画祭」お疲れ様

報告を読ませていただきましたが、

あのポスター、見ごたえありましたよ~

ジェイとリンチェを合体させて・・



「冒険王」のポスターは初めて見ました。

この作品のリンチェイはコミカルな演技でしたね。

私はリンチェイの「精神力」と人柄が好きです、

武くんは癒し系の魅力ですよね~
こんばんは♪ (武田)
2006-03-30 21:44:37
パフィンさま、こんばんは♪

TB&コメントありがとうございました。早速TBさせていただきました。



やはり、曲差し替え事件(?)は大事になっていたのですね。

映画を愛していたら、そういうことはなかなかできませんものね・・・。ほんと、DVD発売の折は、オリジナルのジェイ君の曲を入れてほしいです!!

リンチェもハリウッドで成功しながらも、思うところが色々とあったのでしょうね。

それをきちんと形にしているところ、素晴らしい人だなと思いました。
TB&コメントありがとうございましたー! (白髭)
2006-03-30 21:51:27
最高の李 連杰でした!

「努力し、向上せよ!」という観衆をバックに

吐血まみれでなお戦うフォの姿に鳥肌っ!!

少林寺三十六房よろしく、冗談みたいな決闘舞台には爆笑!

早いけど、でたらめな田植えには微笑みv

いろんな連杰が楽しめましたが、やっぱ功夫が1番!!

お返事★ (パフィン)
2006-03-31 22:49:55
>武田さま、



こんばんわ、リンチェイの映画、

深く味わっていただけたようで嬉しいです!

西洋に向けて何かメッセージ・・も考えられますが

ブランドものを買いあさる風潮、貧富の差を

見て、「精神性」を伝えたかったのかも・・

ジェイの歌の意味、知りたいですね。



>白髭さま、



功夫映画がお好きなのですね!

迫力ある感想、楽しく読ませていただきました。



>最高の李 連杰でした!



年齢を重ねて、なお本物の切れ味を失わない

彼に乾杯~
魅了されちゃった(笑) (にゃんこ)
2006-04-03 22:46:55
弁髪に・・・うーーん とは(笑)思いましたが

だんだん慣れました。

カンフーものって苦手かなぁ?とも若かりし頃は思ってたんですけど

なんか最初から惹きこまれるように観てました。

単純なんだけど、丁寧な作りこみ

押さえるとこ押さえてて、スルーしなくって正解でした(笑)

ジャッキーはねぇ・・・DVDでも(ぉ

ごめんなさーーい(笑)ジャッキー・ファンのみなさまー
安心~★ (パフィン)
2006-04-04 20:58:03
>にゃんこさま、



カンフー映画で、こんなに丁寧に

物語が練られた作品は少ないと思います。

だから、リンチェイのためにも(笑)

一人でも多くの人に劇場で観てほしかったんです。

ジャッキーは十分に有名なので・・ネ。



子役のつぶらな瞳・・確かに本人に似てました。

楽しんでいただけて嬉しいです
差し替えその後 (hatena)
2006-05-06 21:53:53
こんにちは。まえにかかれていたスピリットの差し替えの件ですが、ネットを探していたら差し替えについてサイトを作っている方がいましたのでお知らせしますね。

http://spirit-jaychou.hp.infoseek.co.jp/

すごく映画についても、差し替えで問題になった曲についても詳しいので一度見てみてくださいね。私もこの話題にはまだ胸の中がすっきりしないので協力できたらとおもってかきましたが、ご迷惑でしたら失礼します。

ジェイくんの曲★ (パフィン)
2006-05-07 21:34:21
>hatenaさま、



2月から活動を始めた方たちの熱意の

おかげで、日本発売のDVDにはジェイ君の曲が

収録されることが決定したのですね



「SPIRIT」日本上映版が欧米向けと同じだったとは

知りませんでした。複雑なんですね、配給側も。



「無極 PROMISE」も日本で公開されたのとは

違うものが存在するんじゃないかと思います。

歌舞伎町の映画館で、「本日無極北京語上映」と

書いてあるのを見て、真田さんやドンゴンの台詞

吹きかえられている大陸版があるのかな・・と。

あわせて読む