Windows8.1 Professiona 日本語 ダウンロード版 プロダクトキー購入した正規品をネット最安値で販売

ウィンドウズ8.1ダウンロード版¥5,900税込このバージョン向けに、Windows 10の無償アップグレードを提供する

Windows8でお悩みの方のための使い方入門講座2

2016-07-14 01:21:56 | 日記
Windows8でお悩みの方のための使い方入門講座2
最初にWindows 8を起動させると、これまでのWindowsとは異なり新たな画面を表示する場合があります。この画面のことを「ロック画面」と言います。
「ロック画面」は、パスワードがかかっていたり、アカウントを複数設定している場合に表示します。(最初にパソコンをセットアップした時の設定に依ります)
「ロック画面」は現れずいきなり「スタート画面」が現れる場合もあります。パスワードがかかっておらず、アカウントも一つしかない場合には、Windows 8を起動させると、最初に「スタート画面」が現れます
ロック画面」が現れたら、キーを何か押すか、画面をクリックすると、次の画面が現れます。この画面を「サインイン画面」と言います。
これまでのWindowsでは、ログオン/ログアウトと呼びましたが、Windows 8ではサインイン/サインアウトと呼びます。
パスワードを入力してエンターキーを押します。
アカウントが一つでパスワードがかかっていない場合は表示しません。また、アカウントが複数ある場合は、アイコンのアカウント画像が複数表示します。
サインインするとスタート画面を表示します。
サインアウトするには、スタート画面の右上にあるユーザーアイコンをクリックするとメニューが現れ、「サインアウト」をクリックするとサインアウト出来、ロック画面に戻ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Windows8でお悩みの方のための使い方入門講座1

2016-07-14 01:20:20 | 日記
Windows8でお悩みの方のための使い方入門講座1
Windows8で困っている方、Windows8使い方入門講座で悩みを解決しましょう
パソコンを取り巻く環境は、Windows7が2009年10月に発売され3年が経過し、スマートフォンやタブレット端末などの飛躍的な普及や、これまで法人向けサービスであったクラウドサービスが個人でも利用出来るようになるなど、著しく変化し続けています。

Windows8では、それらの新たな環境に対応し、古いWindowsであるWindows3.1やWindows95の時代まで遡っても大きく変貌しました。その最大の特徴とは、2つのユーザーインターフェース(画面)があることです。これまでの歴代のWindowsには1つのユーザーインターフェース(画面)しかありませんでした。

IT歴29年の管理人もWindows8のパソコンを購入して、使い始めた当初は戸惑いがありましたが、これまでのWindowsとはあまりに操作方法が異なっていたからです。シャットダウンの仕方が分からず焦ったりしました。書籍を何冊も購入しましたが、実際にはあまり利用しない機能や使い方まで説明されていたりして、初心者の方には無駄があるのではと思いました。
長年使ったWindows XPの期限が切れ、Windows8を買った方も使い勝手が異なり困惑されているのではないでしょうか。
そこで、「Windows8 使い方入門講座」では、初心者の方を対象に、基本的な使い方や、良く使われる機能の説明に専念するよう心がけてみました。わかりやすいように、5つの章にまとめました。
Windows 8はWindows 7と比較してユーザーインターフェースが大規模に変更されました。また、機能の追加及び無くなった機能もあります。
タッチパネルが採用されたのも特徴ですが、この機能はタッチパネル対応のノートパソコンやタブレットのみの機能です。

Windowsの起動は明らかにWindows 7に比較して相当早くなっています。Windows 8にSSDは必要あるのか、とする思います。シャットダウン時間も短くなっていることを実感出来ます。
管理人のPC(7、8共にCorei7、メモリ16G)では起動、シャットダウンと共に相当の早さを実感出来ました。
また、32ビット版の最大メモリはWindows 7でもWindows 8でも4GBですが、64ビット版の最大メモリはWindows 7では16GBでしたが、Windows 8では通常のエディションでも128GBまで増設可能になりました。

2つの画面Modern UIとDesktop UI

Windows 8の最大の特徴は、2つの画面Modern UIとDesktop UIがあることです。
Windows 8のスタート画面のことを「Modern UI」(モダンUI)と呼び、従来の画面のことを「Desktop UI」(デスクトップUI)と呼びます。

Windows 8のアプリ

Windows 8のアプリとは、Windows 8で動作する新しい種類のアプリケーションです。
Windows 8のアプリはこれまでのWindowsの単なるアイコンとは異なり、インターネットを経由して情報を収集出来るような仕様になっていて、アプリの一つであるWindows ストアからダウンロード出来ます。アプリには有料のものと無料のものがあります。


シャットダウン方法

Windows 8にはスタートボタンが無いため、これまでのWindowsのシャットダウンとは異なります。

ゲーム

Windows 8ではゲームはインストールされていません。アプリの一つである「ストア」から無料ダウンロードすることになります。

インターネットエクスプローラー10

最新のブラウザーであるインターネットエクスプローラー10がインストールされています。

クラウド

Windows 8は標準でMicrosoftが提供するオンラインストレージ「SkyDrive」に対応しています。Microsoft アカウントでサインインすると、パソコンがクラウドに接続されて、どこからでもデータを利用できるようになります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Windows 8 の OneNote でノートブックの保存オプション

2016-05-25 21:28:41 | 日記
Windows 8 の OneNote でノートブックの保存オプション
適用対象: OneNote
重要: この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Windows 8 の OneNote では、OneDrive または SharePoint 上でノートブックをクラウドで使用できます。

注: このトピックには、Windows 8 ストアから入手できる OneNote アプリについて記載されています。 Windows 10 版の OneNote、またはデスクトップ版の OneNote (OneNote 2013、2016 など) を使用している場合は、こちらの表と比較してください。

OneDrive は無料で利用できるクラウドベースの記憶域であり、個人利用に最適です。SharePoint は通常は大きな組織で利用されています。Windows 8 版の OneNote を使って作成する新しいノートブックは、自動的に OneDrive に保存されます。SharePoint または Office 365 に新しいノートブックを作成する場合は、まず OneNote のデスクトップ版で作成する必要があります。

OneNote は、OneNote 2010 ~ 2016 形式のノートブックをサポートしています。OneNote 2003 や OneNote 2007 などの古いバージョンの OneNote で作成されたノートブックは、まず 2010 ~ 2016 のファイル形式に変換する必要があります。OneNote デスクトップ アプリでも、ノートブックを変換できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Windows 8 用の OneNote でリング メニューを使ってコマンドを表示する

2016-05-25 21:28:41 | 日記
Windows 8 用の OneNote でリング メニューを使ってコマンドを表示する
適用対象: OneNote
重要: この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ノート PC とは異なり、Windows 8 タブレットには、物理的なキーボードは組み込まれていません。画面にタッチして、何らかの操作を行います。Windows 8 用の OneNote を使用していると、ノートに丸いアイコンが表示されることがあります。このアイコンは、ページのメモやオブジェクトをタップしたり、テキストや図を選んだり、ノートブックで他の操作を行ったりしたときに表示されます。

[放射状] メニューのアイコン

このようなアイコンをタップすると、リング メニューが表示され、作業中の対象や現在選んでいる内容に応じたコマンドが円形に表示されます。これらのメニューで利用できるコマンドは、そのときに行っている作業に応じて変わります。

たとえば、テキストの入力中はページ コマンドのリング メニューが表示され、[元に戻す]、[コピー]、[貼り付け] などのコマンドが簡単に使用できます。

リング メニューのオプション

ページの先頭へ

メニューを使う

ノートに丸いメニュー アイコンが表示されたときに、それをタップすると使用できるコマンドが展開されるので、使うコマンドのアイコンをタップします。たとえば、入力中に発生したミスを修正するには、[元に戻す] アイコンをタップして入力ミスを元に戻します。

コマンドのアイコンの横のリング メニューの外縁に矢印が表示される場合は、その特定のコマンドに対してさらに選択項目があることを意味します。その矢印をタップすると追加の、または関連するオプションが表示されます。

[放射状] メニューを使うにはコマンドまたは矢印をクリックします

リング メニューの操作が終了したら、中央の丸いアイコン (メニューを開くときにタップしたのと同じアイコン) をタップします。タブレットにキーボードを接続している場合は、Esc キーを押してメニューを閉じることもできます。

リング メニューのサブレベルからメイン レベルに戻りたい場合は、メニューの中央にある [戻る] 矢印をタップします。または、キーボードの Esc キーを押しても同じ結果になります。

サブメニューを終了するには "戻る" 矢印をタップします

リング メニューを開かずに最上位レベルのコマンドをすばやくアクティブ化するには、画面上のアイコンをタップしないでその周りをスワイプします。アイコンの周りをスワイプすると、コマンドのヒントが表示され、それを確認して画面から指を離すと、そのコマンドが実行されます。

ページの先頭へ

最近使ったコマンド

リング サブメニューのコマンドを使用すると、最後に使用したコマンドが、特定のリング メニューのメイン レベルに表示される既定のコマンド アイコンに自動的に置き換わります。

たとえば、[重要] ノート シールを使用した場合、次に [ノート シール] コマンドが含まれたリング メニューを開くと、既定の [タスク] というノート シールのアイコンが [重要] のアイコンに置き換わっています。

ページの先頭へ

使用できるリング メニュー

OneNote の使用中は、操作内容に応じて次のリング メニューが表示されます。

ページ

テキスト

挿入



ノート コンテナー

インクと描画

埋め込みファイル

表選択

表への挿入

特定のメニューまたはメニュー コマンドが見つからない場合は、ノートブック内のページで操作する部分 (またはページ上のオブジェクト) をタップまたは選択してみてください。別のリング メニューが開いている場合は、いったん閉じてください。

リング メニューのコマンドの他にも、OneNote には、よりすばやくノートブックを移動して制御するためのキーボード ショートカットがあります。詳細については、「OneNote のタッチ ジェスチャとキーボード ショートカット」を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Windows 8 の OneNote でノートの 1 つのページを共有します。

2016-05-25 21:27:29 | 日記
Windows 8 の OneNote でノートの 1 つのページを共有します。
重要: この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Windows 8 版の OneNote では、ノートブックのページを他のユーザーと共有できます。

共有するページを開き、左側のページ タブをタップして選びます。選んだページを確認するために、そのページ タブを囲んで太い枠とチェック マークが表示されます。

画面の右端から左にスワイプし、[共有] をタップします。

共有する対象を選びます (メールなど)。

対象のアプリで必要な手順を行い (宛先のメール アドレスとメッセージの件名の入力など)、[共有] または [送信] をタップします。

注: ノートのページを送信する場合、ページの内容だけがメール メッセージの本文で共有されます。受信者は、ノートブックのページへのリンクを取得することはありません。また、編集の権限が前もって明示的に与えられていない限りノートブックのページを編集することもできません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加