吹奏楽の魅力

吹奏楽大好き!「AudioVideoMaster」 趣味のビデオと記録。

山陽女学園管弦楽部 記念すべき第5回定期演奏会 交響曲第8番全楽章に挑戦!そして

2015-12-06 21:32:44 | 山陽女学園管弦楽部

 平成27年12月6日(日)

約5カ月前の平成27年6月29日(土)廿日市市にあるはつかいち文化ホール「さくらぴあ」で

記念すべき定期演奏会が行われた山陽女学園中等部・高等部管弦楽部である。

 第1回定期演奏会が行われたのは佐伯区民文化センター大ホール。ずっと見守ること

丸5年目の歳月が流れ今思えば当時演奏してくれた「オペラ座の怪人」の思いでは今でも残る。

2回目の定期演奏会以降は、はつかいち文化ホール「さくらぴあ」に会場が移され現在の第5回

定期演奏会に至る。毎回長編の交響曲など新規挑戦され会場内の人たちに感動与える

「聴きに来て良かった」と思える演奏に感謝しています。ありがとうございます。

 

 第1回目の1年生メンバーは今年高3年生となっていますね。

足を運んでおりますといろいろはことが判ります。しかも毎回5番以内の開場で保護者様の

様子やメンバーの躾、礼儀、観に来てくださる方への思いやり、学校の教育活動まで判ります。

この定期演奏会を通して何が言いたいかといえばメンバーの「真心」、「結束力」、「挑戦」

「顧問の指導力」などがありますが、一番大切なことは、顧問とメンバーの信頼関係と思います。

過去の大会の成績が良いのも現役メンバーが先輩からの伝統を受け継ぎ、顧問との信頼

関係なくしては到底成し遂げられないことと思います。この状態を続けて欲しいですね。

 

         

 

 先日、顧問よりメールいただきまして、第5回定期演奏会を観に来ていただいたお客様から

管弦楽部の当日のCDはありませんか?とお尋ねがあったようです。

私は、第1回目の定期演奏会よりすべてコレクション(記録保存)しており、

今回の定期演奏会も4カ月遅れ(中国新聞社主催の6月に行われた

「被爆70年記念二胡コンサート」二胡演奏者からの依頼で音源収録、映像4台で収録

そしてCD化)Yotubeで許可をいただいてアップロードしている。)で

11月中旬ようやく完成したばかりの矢先、顧問よりメールをいただいばかりである。

忘れていたことなどありません。定期演奏会終了後帰る直前に「OOOO部長」と会って

CD完成したら「顧問宛に送るね」と約束して帰る。たぶん部長は、ず~~と待ち続けて

いたでしょうね。本当に一度聴いたら二度聴いてみたくなるハイレゾリューション

(高音質)ダウンコーバート超高音質CDであります。

         

              こっそりと仕様教えますね!

    内緒ですよ!(みんなにはありませんので)

 

    

 

 今年は、訳あって2人の部長がおられ、CDの背面は全体的にプログラムと同色のピンク系

CDの容量は80分と決まっています。そこへ収録するには限界がありやむ得ず

楽曲紹介説明、アンコールは割愛。(背面には全部印刷してある)

上部中央にタイトル、その下に顧問を中心に左が部長、右が駆けつけてくれた部長の構成。

全部収録の音源マスターオーディオは容量も多く2枚分割CDとなっており臨場感ありあまる

CDとなっている。(過去のブログを気にかけて見ている方は判りますね)

 

 残念ながら、私からいくら演奏の良い高音質CDでもあげることはありません。

本当に私と会場で出会いがあった方がラッキーです。演奏者は管弦楽部メンバーであり、

毎回、メンバー用には顧問のご判断に委ねて複製なりご利用は自由に「許諾」しています。

 

                    フローズン・メドレー 「アナと雪の女王」より 管弦楽バージョン

                  

 

 

  本当に心に残る管弦楽部の演奏を入手したいのなら

     顧問にメールアドレス聞いてメールして

      いただくか電話で問い合わせてね。

 

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第6回 ハートフルコンサート... | トップ | ★★神楽ファン★★ 第25回 記... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。