吹奏楽の魅力

吹奏楽大好き!「AudioVideoMaster」 趣味のビデオと記録。

山陽女学園 管弦楽部 第5回定期演奏会開催 今年は交響曲第8番ト長調 作品88全楽章に挑戦!!

2015-06-27 21:06:52 | 山陽女学園管弦楽部

 

 

平成27年6月27日(土)本日はどんよりと曇って湿度の高い朝を迎えた。

毎年、この山陽女学園管弦楽部の定期演奏会をず~と心待ちにして1年が経過し

とうとう念願の日が到来してくる。会場はいつものように廿日市市はつかいち文化ホール

「さくらぴあ」大ホールで第5回を数える記念すべき「定期演奏会」が行われる。


 

   それは、山陽女学園中等部高等部管弦楽部である。

 

 

 

 開場するにあたり先ずは駐車場を確保しなければならず自宅を午前11時15分撮影

機材やレコーディング機器の点検確認をすませ定期演奏会会場ヘと直行!到着すると

はつかいち文化ホールの前の通りにはたくさんの人たちが南へと急ぎ足で進む。

ふと思えば先日オープンした西日本最大の量販店「ゆめタウン廿日市店」である。

どうやらそこへ我先にと向っている。隣接には山口県からの出店「アルク」がある。

そしてその2階にエディオン廿日市店があり商業地区でひしめきあっている。

 ホール入り口に並ぶのはまだ早い。予定通り行けば午後3時30分開場であり

時間は余りすぎるほどある。ホール入り口まで行き様子を伺うがだれ一人と待っている

人はいない。隣の小ホールでは、音楽発表会が午後2時よりスタートする気配。

一旦駐車場に戻ることにする。そして車内で1時間程度仮眠だ!!

先ほどまでガラリとすいていた駐車場も空きが少なくなり混雑模様。

気がつけばツルとうたた寝していた。時間を見れば1時15分少し回ったところ。

 

 

 

 いつものように大体2時間前にはホール入り口前に並ぶ。依然としてだれもいない。

時折関係者やお花のお届け業者ぐらいの姿がチラリチラリ。

しばらくするとお婆ちゃんと中年女性(美人)そして40代半ばぐらいの男性が一緒に来られ

この3人をお相手にいつものように気軽にお話をする。大変明るい方々であり聞いてみた

今日は「だれか出られるのですか?」出るから来るんだよな!こんな話題からしゃべり1時間

余りあきもせずしゃべくる。(ごめんなさいね)

男性の話によると娘さんが3年生で最後の演奏会になると言っておられ過去に一度も足を運んだ

こともなく何の楽器を吹いているのか全く判らないと言っておられる。

集大成の演奏会に最初で最後の娘の演奏会。娘さんが「観に来て」っといっていたので今日は来た。

と言っておられ女性やお婆ちゃんの話から娘さんの楽器は金管楽器「トローンボン」であることが判り

ホットされていたようである。ポジションは中央右側最上段右側付近だ。

 

男性の話によれば娘は「部長」の大役をしている。と言っておられ私の制作する音楽CDはいつも

部長の顔と顧問の顔が向かい合わせになったデザインで顧問より部長に届けていただいている。

偶然にも、待ち時間を早く並んだ甲斐もあって、今年の第5回定期演奏会音楽CDは部長の娘さん

に決定!大変喜んでおられ、私とご縁があったという事で昨年の第4回定期演奏会全収録超高音質

音楽CDの2枚組みを記念にその場で手渡しした。交響曲第5番「革命」は印象に残る。


 

  

 

  

 

  

 

 

 

一緒に来られた方も喜んでおられる笑顔は素敵。

第5回定期演奏会のCDが完成すれば顧問を通じて「部長」に手渡ししてもらうことを伝えた。

 

  定期演奏会など通じて人と人の出会いつながりを非常に大切にしています。

 

 

 

午後3時ごろになると段々開場待ちの人が多く並ぶ。裕に300人以上はいる模様。

3時30分定刻の開場となり順次ホールの中へ姿は消える。私は、当然一番で開場する。

こうして本当に待ち時間が気軽なお話で「出会いが」また一つ一つと増えていく。幸せな日々

待ち時間の順が5番以降であればこんな出会いもあるはずもなく本当の「ご縁」でありました。

色々お話を通じて私もまた一つスケールアップしました。ありがとうございます。

早く並べば特もありますね。(今回は)

 

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山陽女学園 管弦楽部 第5回... | トップ | ♪広島サンプラザ発 ~被爆7... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。