吹奏楽の魅力

吹奏楽大好き!「AudioVideoMaster」 趣味のビデオと記録。

広島市佐伯区五日市中央小学校の北付近で緊急用サイレン鳴り響く何があったというのか?

2017-04-05 14:35:57 | 日記、記事

 

 平成29年4月5日(水)

広島市佐伯区五日市中央小学校の北付近で

緊急用サイレン鳴り響く何があったというのか?

 

昨日の天気と裏腹にどんより曇った朝。勤務先は定休日で午前7時過ぎ

散歩に出かける。外に出れば寒さは感じない、中央小学校の校庭の桜の木

8部咲きの満開とてもきれい。幼いころの童話「はな咲かじいさん」を思い出す。

 ♪うらのはたけで ぽちがなく
   しょうじきじいさん ほったれば
   おおばん こばんが ザクザク ザクザク♪

    「ここ掘れワンワン」を大判小判を教えてくれる。

しかし、中央小学校の校庭に入って撮影するわけもいかず平日なので

日曜日ならともかく平日は、学校の就業時間内は学校が管理しているので

立ち入りには「許可」がいると思う。花が満開になるので待ってはいられない。

話題が「さくら」の満開に逸れそうそう緊急サイレンのことである。

 

 中央小学校前の中央第一公園で「さくらの花」の撮影をしている最中、

コイン通り方面から緊急サイレンを鳴り響かせながらこちら来るではないか。

サイレン音は最大になり通りすぎるが気になり公園の外に出てみる60mぐらい

北に進んで左折した模様。通りでは何が起きたのか心配そうにみている近所

らしき人。時刻は通勤時間の午前7時20分ごろである。現場近く付近まで

行ってみるが救急車はすでに到着している。そして今、到着したばかりの

緊急車両、よく見れば消防車でも、救助工作車でもない。

救助工作車でない「特殊車両」としておこう。

警察も来ていない模様。そんな中、延々と2台の車両がかなり長く待機中。

救急隊員は屋内に入っている模様。特殊車両の隊員は3名確認でる。

救急隊員との無線が特殊車両より聴こえる。「大事でなければ」と祈る。

             

 しばらく見守っているその時、住民向け通行人に

       こちら「佐伯消防署」です。

 お騒がせしております。「火災ではありません」と

  しばらく待機しています。アナウンスがある。

          何よ?全くわからん!

 一旦引き上げ、中央小学校の裏側の小道に桜の花が大きく出ている枝を

望遠撮影する。ここならだれ一人迷惑はかけない。一人の通行人と遭遇。

「おはようございます」桜の花がとても綺麗ですと交わす。

やはり、先ほどの緊急現場が気になり再び行ってみるが「特殊車両」は、

すでに帰っている。救急車のみが依然待機している。一刻もあせる気配も

なく一体何?疑問は残る。 

推測であるが「家庭内暴力」だろう。刑事事件ではないので警察は来ない?

しかし、後から「事情徴収」的なことがあるかもしれない。

緊急出動は、何もなかったとしても「直ぐ任務終了」で帰るわけにもいかない。

必ず警察にしろ、消防にしろ「調書」は残している。

 

 何事もなかったようで何より(詳細はわかりません)ですが

下らないことで緊急車両を出動させるなよな!

本当の緊急時に「大惨事」にもなりかねない。

 

読者の皆様

2年前も五日市中央一丁目午後7時ごろだったでしょうか。

大惨事を思わせるような事件がありましたよね。Youtube動画5個ぐらいあり。

五日市中央は1丁目から7丁目まであり範囲の割りに人の密集は多い地域。

広島市佐伯区に合併する前は、広島県佐伯郡五日市町(観音、河内、石内、

八幡などまだあるかもしれない)で1町で人口は10万人以上の日本一の

マンモス町とも聞いています。

朝、夕に緊急車両出動しない日は少なく(多い)交通事故も多くいつ我が身に

降りかかってくるかもしれない。

 

 緊急出動のお世話にならないために

「安心」「安全」を守ることが大切ですね!

特に「火災」、「交通事故」には、

みなさん気おつけてね!

 

締めくくり

   一時も油断する気持ちが命取り

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広島市立古田中学校 第10回春... | トップ | 最強の音質!2017年度 全日本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。