吹奏楽団ウィンドバーズ番外編~ピッコロりんの練習日記

合奏で気付いたこと、学んだこと、ピッコロフルート担当の視点で個人的な反省やら次回への誓いやらを自由気ままに綴ります。

緊張感

2017-03-05 23:55:00 | 日記

さて、基礎練から
いつもの音階練習ですが、何も考えずにただ単に音階吹くのではもったいない
「ブレスのタイミングを意識しましょう」
「事前にイメージをしっかり持って音を放ちましょう」
「楽器任せにしないように」と先生
音階のみならず、アルペジオの練習も必須ですね
音幅の意識を持っておかないと・・・です
前回の練習を踏まえて先生より少しお話がありました
「貴重な時間を割いて皆が集まっているのだから楽しく練習したい。
常に緊張感を持って合奏しましょう」
皆で個人練習、個人レッスン、のような形になってしまうのは本当にもったいないです
1人1人が責任を持って積極的に臨んで参りましょう

日曜練習はいつもより時間が長いので、多くの曲に取り掛かれます
まずはエルガー
「鳴るように鳴らさない」
出たとこ勝負ではなく、プレイヤーがきちんとコントロールしなければなりません
冒頭の緊張感から中間部を経てフィナーレへとテンポがブレないようにしたいところです

久々にハチャトゥリアン
1楽章は頑張るしかない
そして2楽章・・・6/8の流れに早く慣れましょう
3楽章は休符の緊張感を保ちましょう
個人的にも要猛練習です
4楽章は相変わらずの不穏感
克服できる日は来るのでしょうか・・・
最終章は以前にも演奏しましたが私は力不足&練習不足でまだまだあたふたしております
本番をイメージして早いうちに完成形に近づけていきたい曲ですね

次にジブリ
この曲の冒頭の緊張感がたまらなく好きです
メンバーが揃って演奏したらすっごいカッコよくなるよなーと想像すると
早く本番を迎えたくなります

続いてバッハ
今回の定演で唯一フルートで演奏する曲なので、実は毎回やりたいのですがそうもいかず
先生が「次バッハ」っておっしゃると、内心「きゃ」となってます
これねぇ、もっと滑らかに美しく奏でたいですねぇ
演奏のしようによっては泣いちゃうくらい素敵な曲です

そしてディズニー
「アーティキュレーション守りましょう」
「跳躍のときの音程注意」
課題が山積みです
「聞いている人に音楽が伝わるように演奏しましょう」

最後にバーンズ
ワタクシ細かい動きに対する恐怖がまだまだ拭えませんが
全部吹こうと欲張らず、軸がブレないように柱をきちんと立てていきます

「出来ないフレーズがあったら写譜して毎日毎日繰り返し練習すれば、最高のエチュードになるよ」 
と、先生・・・めちゃめちゃ膨大な数になりそ 


団のHPへはこちら↓からどうぞ

吹奏楽団ウィンドバーズ

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不安はあれど・・・ | トップ | No more 力み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。