ミネルヴァの梟

日記や趣味を書くならgooブログ

VirtualBox - Nox App Player 3.7.3.0 導入

2016-10-15 19:58:33 | 日記
Windows Update 後、Android-x86 の音声入出力が使えず、
別のエミュレータ導入を考えていたけれど、Google 検索先生に尋ね、
標記の中華製ソフト導入に踏み切る。火曜日夜のことだった。

導入ソフト - 導入箇所 AppData\Roaming\Nox
・Nox App Player 3.7.3.0 [2016-09-29] QtWebKit版・size 295KB
註、インストール中、VirtualBox Driver の導入を促される。

導入ドライバ - Syetem32\drivers
・VirtualBox USB Monitor Driver 4.3.12.16725 -> 旧版導入に苛立つ。
註、Genymotion 同様、安定版の 4.3.x のドライバが使われている。

導入後、日本語対応のエミュレータらしく、起動後から日本語入力が可能、
Genymotion より要求スペックが低く、機敏に動作、驚くほどだった。

Andy は要求スペックが高く選択肢から外していた。
Windows Upgrade 後、問題の起こったGenymotion の再導入は避けて
結果オーライだったか。

中華製ソフトの不安もあり、
VirtualBox に定義ファイルを読み込ませて内容確認、
下記の設定の仮想マシンが作成されていた。
・メインメモリー 1024MB
・ビデオメモリー  32MB
・ストレージ  IDE プライマリー 541.03MB & プライマリスレーブ 62.76GB
・オーディオ  Windows DirectSound - コントローラー ICH AC97
・ネットワーク 準仮想化ネットワーク(NAT)

オーディオ設定は、Android-x86 と同じだった。
早速、アカウント設定後、Youtube アプリの導入。動画再生を確認できた。
本格的に使えるかもしれない、と思うに至った。

Google の設定からアカウント登録済みの端末を表示させたところ、
・メーカー   LGE
・モデル    Nexus 5
・携帯通信会社 eMobile
以上、端末だけでなく通信会社さえ偽装されており、「えっ!」と思う。

もう少し様子を見ながら、使えるかどうか検討していこうと考えている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« VirtualBox - Android-x86 6.... | トップ |  Windows 10 アプリ - Virtua... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。