ウィリーの日記

乗馬と犬が大好き!

ラピッドリーサン(1973鞍)馬場レッスン

2017-06-19 22:24:41 | 乗馬日記2017
今日は先生からレッスン始まる前から「L1する!」宣言されたので
ガチのL1かナンチャッテのL1か聞くとガチだったので
これはマジ乗りしなくては。。。

準備運動では先生は全くの無言でした。私も黙々と運動。
ターンオンザホンチス、シンプルチェンジ、
反対駈歩は両手前とも失敗しなかったので準備運動終了。
そして経路する時に肩内を忘れてた事に気づく・・・。

1回目の経路。
肩内は左肩内が私的に苦手で、攻めると高速速歩で逃げるタイプなのか
全くわからず、首内。ここで練習してない事に気づいた。。。
右肩内は左で守りに入ってたので加減して角度つけたらヨロけながらも
肩を内に入れられました。これであとはヨロけがなくなるよう
推進すれば成功かな。

1回目のターンオンザホンチスはいきなり走ろうとしたので
もう経路をすっかり覚えてしまっててダメなパターン・・・。
シンプルチェンジはしっかり馬を起こせば出来るけど
私の脚の合図が強いのか過剰反応発進。これはシンプルじゃないな・・・。

反対駈歩は練習では手前が変わらなかったのに手前が変わって失敗。
2回目は大丈夫でした。めっちゃショック。

最後の中間駈歩は頑張って走ったらすごい元気になりました。ヤバイ。

2回目の経路。
右からの反対駈歩はやっぱり失敗。
ターンオンザホンチスは経路覚えてるなら変に合図やオーラを出さないよう
何もせずだと落ち着いて動かせました。


反対駈歩の失敗が悔しくて、経路終わってからやったけど失敗。
先生が乗り替わって反対駈歩見てると、
私の駈歩と先生の駈歩は質が違う。別物。
あの状態からでも成功するんやったら私も駈歩を変えねば。

かなり頭を起こして収縮駈歩してハミを外されないよう
気をつけつつ、徐々につめて上に上がるように動かして輪乗り。
そこから反対駈歩しようとしたら斜線上になると、せっかく
今までのバネのある動きから前輪駆動が始まって
ラチ越しそうな勢いで反対駈歩。中間反対駈歩みたいな状態でした。
まぁ、手前は変わらなかったけど、乗る事があった時は
斜線上の駈歩を収縮駈歩に変えて準備運動して
試してみたいと思います。
ハミ外しを阻止しないと難しい。

あと、なんとなく思ったけど中間駈歩とかする時、
何となく後肢が感じなくて前輪駆動で自分が持っていかれ気味に
なった気がしたので、ひょっとして後肢の踏み込みがない
状態のナンチャッテはみ受けされてるのかもしれない。
と、このレッスンで感じました。

滅多に乗らないラピッドなんで、何となく自分の感覚だけど。


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クレスコモア(1972鞍)... | トップ | クレスコモア(1974鞍)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。