ウィリーの日記

乗馬は修行。犬が大好き!

クライナーヘルツ(1895鞍)障害レッスン

2016-12-28 22:13:10 | 乗馬日記2016
朝から雪が降っていて、すごく寒かったです。
レッスン中は雪も降ってなくて冷たい風だけでした。

今日は初めてのお馬さん。クライナーヘルツはすごく小さくて
背中が自分の目線より下で、ちょっと大きなポニーみたいでした。
でも他の馬と一緒でサラブレッド。
人間と同じように馬も色々な大きさがあるんだなぁ。
久し振りに小さな馬で、障害の時しかやらない軽速歩で大苦戦しました。
高速スクワットみたいな状態。時々バテて尻もちついてクライナー君の背中に
衝撃を与えてしまった・・・。

初めて乗ったけど安心でした。
とにかくマジメで真っ直ぐ向かって障害を通過してくれました。
フラットの時、右手前は膨らむ癖がありそうって思ったので
障害の時は気をつけました。

今日は初クライナーなので安全重視で、かなり大きく回って
障害へ向かいました。
ライン6歩の所が何度やっても7歩になりました。
小さくて小股だから7歩になるそうです。

拳の譲りが甘かったです。飛んでる時に少し持ち込んだ気がします。
あと、1歩入るって思ってたのに遠くから障害へ向かって
自分がシーソーみたいにギッコンバッタンしてしまいました。
馬任せにすると1歩入れる時と入れない時があったので
次回もし乗る事があったら気をつけねば。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジギー(1894鞍)馬場レ... | トップ | ラピッドリーサン(1896... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。