ウィリーの日記

乗馬は修行。犬が大好き!

ラピッドリーサン(1896鞍)馬場レッスン

2016-12-28 22:20:05 | 乗馬日記2016
今日は馬をどうこうするのではなく、人間をいためつけるレッスンでした。
久し振りで汗びっしょり。最近ちんたら乗ってたから
かなりキツかったです。乗ったあと息切れしまくりでした。

ラピッドはバランスに敏感なので、人間が常に真ん中に乗ること。
後ろからの推進も禁止。前も後ろもしっかり張って腹筋ふんばって
内腿は絶対に意地でも動かさないこと。

ラピッドはちゃんと真ん中に乗れたら自らOK出してくれるので
すごくわかりやすかったです。

OKもらったらそのまま続けて速歩や巻き乗り。
少しでも前傾すると速くなったりハミが張ったりします。

移行が恐ろしく難しくて、常歩から駈歩の時、常歩でOKもらったけど
そのままの状態で駈歩できたらいいけど出来ない気がして
なかなか発進できず、ひたすら集中して発進。
そしてOKもらってバランスが少しでも前傾したりすると
加速します。

駈歩の巻き乗りはさらに拷問で、リズム一定に、外方のみで回転すること。
必ず馬を起こす。

今日のレッスンはマッスルレッスンでした。
失敗を気づけるなら先に阻止しろって思うのですが、
失敗を気づく自信はあっても、阻止する技術はまだまだダメです。
そこはもう一度さらに踏ん張りをきかさないとダメなんだろうな。


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クライナーヘルツ(1895... | トップ | 今年は最悪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。